詩編 1:1-6

1  なんしあわせなのだろう。あくにんけんしたがってあゆまず,つみびとみちたず+あざけるひとともすわらないひと+   そのひとはエホバのりっぽうよろこ+ひるよるごえ*+   みずながれのほとりにえられたのようになり,るとむすび,そのれない。おこなうことはすべせいこうする+   あくにんはそうではない。かぜはらうもみがらのようだ。   あくにんしょばつまぬがれることも+つみびとただしいひとしゅうかいることもない+   ただしいひとみちはエホバがっているが+あくにんみちえうせる+

脚注

または,「思い巡らす」。

注釈

メディア