詩編 1:1-6

1  何と幸せなのだろう。悪人の意見に従って歩まず,罪人の道に立たず+あざける人と共に座らない人は+   その人はエホバの律法を喜び+昼も夜も小声で読む*+   水の流れのほとりに植えられた木のようになり,時期が来ると実を結び,その葉は枯れない。行うことは全て成功する+   悪人はそうではない。風が吹き払うもみ殻のようだ。   悪人が処罰を免れることも+罪人が正しい人の集会に出ることもない+   正しい人の道はエホバが知っているが+悪人の道は消えうせる+

脚注

または,「思い巡らす」。

注釈

メディア