裁き人​の​書 7:1-25

7  エルバアルつまりギデオン+と,共にいた人々は皆,早く起きて,ハロドの泉の所に陣営を敷いた。ミディアンの陣営はその北,谷あいの平原にあるモレの丘にあった。  エホバはギデオンに言った。「あなたと共にいる人々は多過ぎるので,私はあなたたちをミディアンに勝たせることはしない+。イスラエルは私に向かって自慢し,『自分の力で勝ったのだ』と言いかねない+  さあ,皆の前で,『怖がって震えている人は家に帰ってもよい+』と言いなさい」。ギデオンは人々を試した。すると2万2000人が家に帰り,1万人が残った。  エホバはさらにギデオンに言った。「まだ多過ぎる。人々を水辺に行かせなさい。私がそこで彼らを試すためだ。私があなたに『この人はあなたと共に行く』と言ったら,その人はあなたと共に行くが,『この人はあなたと一緒に行かない』と言ったら,一緒には行かない」。  それでギデオンは人々を水辺に連れていった。 エホバはギデオンに言った。「犬が水を飲む時のように警戒しながら水を飲む人全員を,膝を突いてかがんで飲む人と別にしなさい」。  手で水を口に持っていって飲んだ人は300人で,残りの人は膝を突いてかがんで飲んだ。  エホバはギデオンに言った。「手から飲んだ300人によって私はあなたたちを救い,あなたをミディアンに勝たせる+。他の人々は皆,家に帰らせなさい」。  300人が人々から食糧と角笛を受け取った後,ギデオンはイスラエルの人たちを皆家に帰らせ,300人だけとどまらせた。ミディアンの陣営は,下に広がる谷あいの平原にあった+  その夜のこと,エホバはギデオンに言った。「起きて,敵の陣営を攻めなさい。私はそれをあなたの手に渡した+ 10  しかし,攻めるのが怖ければ,従者プラと一緒にその陣営に下っていくように。 11  彼らが話していることを聞きなさい。そうすれば,陣営を攻める勇気が出る」。そこでギデオンと従者プラは陣営の端の方に下っていった。 12  ミディアンとアマレクと東方の人々+はバッタの大群のように谷あいの平原を覆っていた。ラクダは数限りなく+,海辺の砂のように多かった。 13  ギデオンが近づくと,1人の男性が夢について仲間に話していた。こう言った。「こんな夢を見た。丸い大麦パンが転がりながらミディアンの陣営に入ってきた。そして天幕に激しくぶつかったので,天幕がつぶれた+。いや,ひっくり返ってぺしゃんこになったんだ」。 14  仲間は言った。「それは,ヨアシュの子,イスラエル人ギデオン+の剣に違いない。神はミディアンと全陣営を彼の手に渡したんだ+」。 15  ギデオンは夢とその解釈を聞くと+,すぐにひれ伏して神を崇拝した。その後,イスラエルの陣営に戻って,こう言った。「起きなさい。エホバはミディアンの陣営をあなたたちの手に渡しました」。 16  そして300人を3つの部隊に分け,全員に角笛+と大がめを与えた。大がめにはたいまつを入れた。 17  ギデオンは言った。「私を見て,同じことを行いなさい。私が陣営の端に行った時に,私がする通りにするのです。 18  私が,一緒にいる人全てと共に角笛を吹いたら,あなたたちも陣営の周囲で角笛を吹き,『エホバのため,ギデオンのため!』と叫びなさい」。 19  ギデオンは自分と一緒にいた100人と共に陣営の端まで来た。真ん中の夜警時*が始まり,見張りは持ち場に就いたばかりだった。ギデオンたちは角笛を吹き+,持っていた大きな水がめを打ち砕いた+ 20  3つの部隊が角笛を吹き,大がめを砕いた。たいまつを左手に持ち,右手にある角笛を吹き,「エホバの剣,ギデオンの剣!」と叫んだ。 21  その間ずっとそれぞれは陣営の周囲で自分の場所に立っていたが,陣営にいる人たちは皆走りだし,逃げながら叫んでいた+ 22  300人が角笛を吹き続けると,エホバは陣営の至る所で互いに向かって剣を振るわせた+。軍勢はベト・シタまで,さらにツェレラ,またタバトに近いアベル・メホラ+の外れにまで逃げていった。 23  イスラエルの人たちがナフタリ,アシェル,マナセ全域+から呼び集められ,ミディアンを追撃した。 24  ギデオンはエフライムの山地全域に使者を送ってこう言った。「下っていってミディアンを攻め,ベト・バラとヨルダン川の渡り場を占拠してください」。エフライムの全ての兵士が集結し,ベト・バラとヨルダン川の渡り場を占拠した。 25  さらにミディアンの2人の高官オレブとゼエブを捕らえて,オレブをオレブの岩の上で殺し+,ゼエブをゼエブのブドウ搾り場で殺した。そしてミディアンを引き続き追撃し+,オレブとゼエブの首をヨルダン地方にいたギデオンの所に届けた。

脚注

午後10時ごろから午前2時ごろまで。

注釈

メディア