裁き人​の​書 5:1-31

5  その日,デボラ+はアビノアムの子バラク+と一緒にこの歌を歌った+   「髪を縛っていないイスラエルの戦士のゆえに,志願した民のゆえに+エホバを賛美せよ。   王たち,聞け。支配者たち,耳を傾けよ。私はエホバに向かって歌う。イスラエルの神+エホバを賛美して歌う*+   エホバ,あなたがセイルから出て+エドムの領土から進み出られた時,地面は揺れ,天は水を注ぎ,雲が水を注ぎ出した。   山々はエホバの顔の前で溶け*+シナイもイスラエルの神+エホバの顔の前で溶けた+   アナトの子シャムガル+の日に,ヤエル+の日に,街道には人けがなく,旅人たちは裏道を通った。   イスラエルに村人がいなくなった。彼らがいなくなり,ついに私,デボラ+は立ち上がった。イスラエルで母として立ち上がった+   民は新しい神々を選んだ+その時,町の門の中で戦いがあった+イスラエルの4万人の中には盾も小やりも見えなかった。   私の心はイスラエルの司令官たちと共にある+民と共に志願して行った人たちである+エホバを賛美せよ。 10  栗毛のロバに乗る者たち,上等なじゅうたんに座る者たち,道を歩く者たち,考えよ! 11  水くみ場で水を配る者たちの声が聞こえた。そこで語っていたのは,エホバの正しい行い,イスラエルの村人たちの正しい行い。その時,エホバの民は町の門に下っていった。 12  目を覚ませ,目を覚ませ,デボラ+目を覚ませ,目を覚ませ,歌を歌え+立ち上がれ,バラク+。捕虜たちを連れていけ,アビノアムの子よ! 13  その時,残っていた人たちは高貴な人たちのもとに来た。エホバの民は私のもとに来て,勇士たちを攻めた。 14  エフライム族から来た人たちが谷*にいた。ベニヤミンよ,彼らはあなたの後に従っている。あなたの兵士たちと共にいる。マキル+から司令官たちが下り,ゼブルンから徴兵のつえを持つ*人たちが下った。 15  イッサカルの高官たちはデボラと共におり,イッサカルと同じようにバラク+も共にいた。バラクは谷あいの平原に向かった+ルベンの人たちの間では,激しい心の葛藤があった。 16  なぜあなたは2つの荷物*の間に座り,群れのための笛の音を聞いていたのか+ルベンの人たちには,激しい心の葛藤があった。 17  ギレアデはヨルダン川の向こうにとどまっていた+ダンはなぜ船の近くにいたのか+アシェルは海辺で何もせずに座り,*のそばにとどまっていた+ 18  ゼブルンの民は命を懸けた*ナフタリ+も,高い所で+ 19  王たちが来て戦った。その時,カナンの王たちは戦った+メギドの流れのそばのタアナクで+銀の戦利品は得られなかった+ 20  星が天から戦い,その軌道からシセラと戦った。 21  キションの激流*が彼らを流し去った+昔からの激流*,キションの激流*が。私は強力な者たちを踏みつけた。 22  その時,雄馬はひづめを踏み鳴らし+猛烈な勢いで走った。 23  『メロズは災いを受けよ』とエホバの天使は言った。『そうだ,その住民は災いを受けよ。エホバを助けに来なかったからだ。エホバの戦いに勇士たちと共に加勢しなかった』。 24  ケニ人ヘベル+の妻ヤエル+は女性のうち最も祝福された人。天幕に住む女性のうち最も祝福された人。 25  シセラは水を求め,彼女はミルクを与えた。見事な大鉢で凝乳*を差し出した+ 26  彼女は手を天幕の杭に,右手を職人用の木づちに伸ばした。シセラを打ち,頭を砕いた。こめかみを打ちたたき,刺し通した+ 27  彼は彼女の足の間に崩れ落ち,倒れて動かなかった。彼女の足の間に崩れ落ち,倒れた。崩れ落ちた所,そこで息絶えた。 28  女性が窓から外を見た。シセラの母が格子越しに見つめた。『どうして息子の兵車はまだ戻らないのか。どうして馬のひづめの音がまだ聞こえてこないのか+』。 29  貴婦人のうち特に賢い人たちが答える。彼女も自分に言い聞かせる。 30  『手に入れた戦利品を分配しているに違いない。*を1人,2人,戦士全員に。戦利品の染め物をシセラに,戦利品の染め物を。刺しゅうが施された服,染め物を1枚,2枚,略奪をした者たちの首に』。 31  エホバ,このように,あなたの敵は皆滅びますように+あなたを愛する人たちは,輝き昇る太陽のようになりますように」。 この土地は40年間平穏だった+

脚注

または,「のために音楽を奏でる」。
もしかすると,「揺れ」。
または,「谷あいの平原」。
もしかすると,「書記の装備を扱う」。
荷役動物の荷物のこと。
または,「波止場」。
または,「死に至るまで自分の命を軽んじた」。
または,「川」。
または,「川」。
または,「川」。
または,「クリーム」。
直訳,「胎」。

注釈

メディア