裁き人​の​書 19:1-30

19  イスラエルに王がいなかった時のこと+,レビ族のある人がエフライムの山地+の奥深くに住んでいて,ユダのベツレヘム+の女性をそばめとして迎えた。  ところが,そばめは彼に不忠実で,彼のもとを去ってユダのベツレヘムにある父親の家に行き,そこに4カ月とどまった。  夫は,戻るよう説得するために彼女の後を追った。従者とロバ2頭が一緒だった。そばめは彼を父親の家に入らせた。父親は彼を見て,喜んで迎えた。  しゅうとは彼を3日間引き留めた。彼らは食べたり飲んだりし,彼はそこに泊まった。  4日目,朝早く起きて出掛けようとすると,しゅうとは娘婿にこう言った。「体力が持つよう*何か食べなさい。それから出掛けたらいい」。  そこで彼らは腰を下ろし,一緒に食べたり飲んだりした。その後,しゅうとは言った。「泊まってゆっくりして*いきなさい」。  その人は立って出掛けようとしたが,しゅうとがしきりに頼むので,もう1晩泊まった。  5日目,娘婿が朝早く起きて出掛けようとすると,しゅうとは言った。「体力が持つように*何か食べていきなさい」。彼らがぐずぐずしているうちに,昼が過ぎたが,2人とも食べ続けていた。  娘婿がそばめと従者と共に立って出掛けようとすると,しゅうとは言った。「見なさい,間もなく夕方になる。泊まっていきなさい。1日がもう終わろうとしている。ここに泊まってゆっくりしていきなさい。明日,旅のために早く起きて家に向かったらいい」。 10  しかし,その人はもう1晩泊まりたいとは思わず,出発し,エブスつまりエルサレム+まで旅した。くらを置いたロバ2頭,そばめと従者が一緒だった。 11  一行がエブスの近くに来た頃,日がかなり傾いてきたため,従者は主人に言った。「このエブス人の町で1晩泊まった方がよろしいでしょうか」。 12  しかし主人は言った。「イスラエル人ではない外国人の町には立ち寄らない方がいい。ギベア+まで行こう」。 13  さらにこう言った。「さあ,ギベアかラマ+まで行こう。そのどちらかに泊まるのだ」。 14  一行は進んでいき,ベニヤミンの町ギベアに近づいた頃に日が沈み始めた。 15  一行はそれ以上進まず,ギベアに泊まることにした。そして町に入って広場に腰を下ろしたが,家に連れていって泊めようとする人は一人もいなかった+ 16  やがて,その晩,ある老人が畑仕事から戻ってきた。その人はエフライムの山地+の人で,しばらくギベアに住んでいた。町の住民はベニヤミン族だった+ 17  老人は目を上げて,旅人が町の広場にいるのを見ると,こう言った。「どちらへ行かれるのですか。どこからおいでになったのですか」。 18  彼は言った。「ユダのベツレヘムからエフライムの山地の奥深くに向かっています。私はそこの者で,ユダのベツレヘムへ行ってきました+。エホバの家に行くところです*が,誰も自分の家に迎えてくれないのです。 19  ロバのためのわらも飼い葉もあり+,私とこの女性と従者のためのパン+もぶどう酒もあります。足りない物は何もありません」。 20  老人は言った。「あなたに平和がありますように! 必要な物があれば私が面倒を見ます。広場で夜を過ごすのだけはおやめなさい」。 21  そして彼らを自分の家に連れていき,ロバに餌*を与えた。一行は足を洗って,食べたり飲んだりした。 22  彼らがくつろいでいると,町のどうしようもない男たちが家を取り囲んで戸を激しくたたきながら,家の持ち主である老人にこう言い続けた。「おまえの家に入った男を出せ。われわれはそいつと寝るのだ+」。 23  家の持ち主は出ていって,こう言った。「いや,兄弟たち,悪いことはしないでくれ。お願いだ。あの人は私の家の客だ。そのような恥ずべき行いをしてはいけない。 24  私の処女の娘とあの人のそばめがいる。2人を出すから,どうしてもと言うなら彼女たちを辱める*がよい+。しかし,あの人にそのような恥ずべき行いをすることは許されない」。 25  それでも,男たちが耳を貸そうとしなかったので,旅人は自分のそばめ+をつかんで,彼らのもとに連れ出した。男たちはその女性を犯して朝まで夜通し虐待し,夜明けに去らせた。 26  そばめは朝早くに戻ったが,主人がいる家の入り口で倒れ,明るくなるまでそのままだった。 27  主人が朝起きて,旅を続けるために家の戸を開けて外に出ると,その女性,自分のそばめが両手を敷居に掛けたまま家の入り口に倒れていた。 28  「起きなさい。さあ行こう」と言ったが,返事はなかった。その人は彼女をロバに乗せ,自分の家に向かった。 29  その人は家に着くと,短刀を取り,そばめの遺体をつかんで12の部分に切り分け,イスラエルの各領地に1つずつ送った。 30  それを見た人は皆こう言った。「このようなことは,イスラエル人がエジプトから上ってきてから今日まで起きたことも見たこともない。この件をよく考え*,話し合い+,意見を述べなさい」。

脚注

または,「心を養うために」。
または,「心を楽しませて」。
または,「心を養うために」。
もしかすると,「で仕えています」。
または,「混合飼料」。
または,「彼女たちを虐待してあなたたちが良いと思うことをする」。
または,「に心を留め」。

注釈

メディア