裁き人​の​書 19:1-30

19  イスラエルにおうがいなかったときのこと+,レビぞくのあるひとがエフライムのさん+おくふかくにんでいて,ユダのベツレヘム+じょせいをそばめとしてむかえた。  ところが,そばめはかれちゅうじつで,かれのもとをってユダのベツレヘムにあるちちおやいえき,そこに4カげつとどまった。  おっとは,もどるようせっとくするためにかのじょあとった。じゅうしゃとロバ2とういっしょだった。そばめはかれちちおやいえはいらせた。ちちおやかれて,よろこんでむかえた。  しゅうとはかれを3かんめた。かれらはべたりんだりし,かれはそこにまった。  4あさはやきてけようとすると,しゅうとはむすめ婿むこにこうった。「たいりょくつよう*なにべなさい。それからけたらいい」。  そこでかれらはこしろし,いっしょべたりんだりした。その,しゅうとはった。「まってゆっくりして*いきなさい」。  そのひとってけようとしたが,しゅうとがしきりにたのむので,もう1ばんまった。  5むすめ婿むこあさはやきてけようとすると,しゅうとはった。「たいりょくつように*なにべていきなさい」。かれらがぐずぐずしているうちに,ひるぎたが,2人ふたりともつづけていた。  むすめ婿むこがそばめとじゅうしゃともってけようとすると,しゅうとはった。「なさい,もなくゆうがたになる。まっていきなさい。1にちがもうわろうとしている。ここにまってゆっくりしていきなさい。明日あすたびのためにはやきていえかったらいい」。 10  しかし,そのひとはもう1ばんまりたいとはおもわず,しゅっぱつし,エブスつまりエルサレム+までたびした。くらをいたロバ2とう,そばめとじゅうしゃいっしょだった。 11  いっこうがエブスのちかくにころがかなりかたむいてきたため,じゅうしゃしゅじんった。「このエブスじんまちで1ばんまったほうがよろしいでしょうか」。 12  しかししゅじんった。「イスラエルじんではないがいこくじんまちにはらないほうがいい。ギベア+までこう」。 13  さらにこうった。「さあ,ギベアかラマ+までこう。そのどちらかにまるのだ」。 14  いっこうすすんでいき,ベニヤミンのまちギベアにちかづいたころしずはじめた。 15  いっこうはそれじょうすすまず,ギベアにまることにした。そしてまちはいってひろこしろしたが,いえれていってめようとするひと一人ひとりもいなかった+ 16  やがて,そのばん,あるろうじんはたけごとからもどってきた。そのひとはエフライムのさん+ひとで,しばらくギベアにんでいた。まちじゅうみんはベニヤミンぞくだった+ 17  ろうじんげて,たびびとまちひろにいるのをると,こうった。「どちらへかれるのですか。どこからおいでになったのですか」。 18  かれった。「ユダのベツレヘムからエフライムのさんおくふかくにかっています。わたしはそこのもので,ユダのベツレヘムへってきました+。エホバのいえくところです*が,だれぶんいえむかえてくれないのです。 19  ロバのためのわらももあり+わたしとこのじょせいじゅうしゃのためのパン+もぶどうしゅもあります。りないものなにもありません」。 20  ろうじんった。「あなたにへいがありますように! ひつようものがあればわたしめんどうます。ひろよるごすのだけはおやめなさい」。 21  そしてかれらをぶんいえれていき,ロバにえさ*あたえた。いっこうあしあらって,べたりんだりした。 22  かれらがくつろいでいると,まちのどうしようもないおとこたちがいえかこんではげしくたたきながら,いえぬしであるろうじんにこうつづけた。「おまえのいえはいったおとこせ。われわれはそいつとるのだ+」。 23  いえぬしていって,こうった。「いや,きょうだいたち,わるいことはしないでくれ。おねがいだ。あのひとわたしいえきゃくだ。そのようなずべきおこないをしてはいけない。 24  わたししょじょむすめとあのひとのそばめがいる。2人ふたりすから,どうしてもとうならかのじょたちをはずかしめる*がよい+。しかし,あのひとにそのようなずべきおこないをすることはゆるされない」。 25  それでも,おとこたちがみみそうとしなかったので,たびびとぶんのそばめ+をつかんで,かれらのもとにした。おとこたちはそのじょせいおかしてあさまでどおぎゃくたいし,けにらせた。 26  そばめはあさはやくにもどったが,しゅじんがいるいえぐちたおれ,あかるくなるまでそのままだった。 27  しゅじんあさきて,たびつづけるためにいえけてそとると,そのじょせいぶんのそばめがりょうしきけたままいえぐちたおれていた。 28  「きなさい。さあこう」とったが,へんはなかった。そのひとかのじょをロバにせ,ぶんいえかった。 29  そのひといえくと,たんとうり,そばめのたいをつかんで12のぶんけ,イスラエルのかくりょうに1つずつおくった。 30  それをひとみなこうった。「このようなことは,イスラエルじんがエジプトからのぼってきてから今日きょうまできたこともたこともない。このけんをよくかんが*はな+けんべなさい」。

脚注

または,「心を養うために」。
または,「心を楽しませて」。
または,「心を養うために」。
もしかすると,「で仕えています」。
または,「混合飼料」。
または,「彼女たちを虐待してあなたたちが良いと思うことをする」。
または,「に心を留め」。

注釈

メディア