裁き人​の​書 18:1-31

18  当時,イスラエルに王はいなかった+。その頃ダン族+は住む土地を探していた。その時まで,イスラエルの諸部族の間で領地を十分に得ていなかったからである+  ダン族は,土地を偵察して探らせるために有能な5人をツォルアとエシュタオル+から送り出し,「行って,土地を探ってきなさい」と言った。5人はエフライムの山地に入り,ミカの家+の所まで来て,そこで夜を過ごした。  ミカの家の近くにいる間に,レビ族の若者の声*に気付いて,彼の所に立ち寄り,こう尋ねた。「誰に連れてこられたのですか。こんな所で何をしているのですか。なぜここにとどまっているのですか」。  若者は答えた。「ミカがこれこれのことをして,私を彼の祭司として雇ってくれたのです+」。  その人たちは,「私たちの旅がうまくいくかどうかを神に尋ねてください」と言った。  祭司は言った。「安心して行きなさい。旅の間,エホバが共にいてくださいます」。  5人は進んでいってライシュ+に来た。そして,そこの人々がシドン人のように自立して住んでいるのを見た。人々は何の警戒もせずに平穏に暮らし+,征服者の圧制に悩まされてもいなかった。シドン人たちからは遠く離れ,他の人々との関わりも全くなかった。  5人は,ツォルアとエシュタオルにいる兄弟たちの所に戻ると+,「どうだったか」と聞かれた。  こう答えた。「攻め取りに行きましょう。非常に良い土地がありました。ためらう必要はありません。急いでその土地を取得しに行きましょう。 10  そこに行くと,何の警戒もしていない人々がいます+。しかも土地は広々としています。神はそれを皆さんに与えてくださいました。どんな物にも事欠かない所です+」。 11  ダン族の武装した600人がツォルアとエシュタオルから出発した+ 12  彼らは上っていって,ユダのキルヤト・エアリム+の近くに宿営した。それで,キルヤト・エアリムの西にあるその場所は,今日までマハネ・ダン*+と呼ばれている。 13  彼らはそこからエフライムの山地に進み,ミカの家の所まで来た+ 14  ライシュを偵察してきた5人+が兄弟たちに言った。「これらの家にエフォドやテラフィム像*,彫刻像,金属像+があるのを知っていましたか。どうしたらよいかを考えてください」。 15  彼らはそこに立ち寄り,5人はミカの家のそばにあるレビ族の若者+の家に行き,どうしているかを尋ねた。 16  その間ずっと,武装したダン族の600人+は門の所に立っていた。 17  土地を偵察してきた5人+は,彫刻像,エフォド+,テラフィム像*+,金属像+を取ろうとして中に入った。(祭司+は,武装した600人と門の所に立っていた。) 18  彼らがミカの家に入って,彫刻像,エフォド,テラフィム像*,金属像を取ると,祭司は言った。「何をしているのですか」。 19  彼らは言った。「静かにしなさい。手で口を押さえて一緒に来て,私たちの助言者*に,また祭司になりなさい。1人の人の家の祭司でいる+のと,イスラエルの1氏族あるいは1部族の祭司になる+のとでは,どちらが良いでしょうか」。 20  祭司は納得し,エフォドとテラフィム像*と彫刻像+を持って人々に加わった。 21  ダンの人々は向きを変え,子供と家畜と貴重品を先頭にして進んだ。 22  彼らがミカの家から少し離れた頃,ミカの家の近所の人たちは集合し,やがて彼らに追い付いた。 23  ダンの人々に向かって叫ぶと,彼らは振り返ってミカに言った。「どうしたのか。そんなに大勢で」。 24  ミカは言った。「あなたたちは,私が作った神々を取り,祭司まで連れていきました。私には何も残っていません。『どうしたのか』などと,よく言えますね」。 25  ダンの人々は言った。「つべこべ言うな。さもないと,血の気の多い*男たちが襲い掛かって,おまえも家の者たちも死ぬことになるぞ」。 26  ダンの人々は進んでいき,ミカは彼らの方が強いのを見て引き返し,家に戻った。 27  ダンの人々は,ミカが作った物と彼の祭司を奪った後,ライシュに行った+。そして,何の警戒もせずに平穏に暮らしている人々+を剣で討ち,町を火で焼いた。 28  ライシュを救う人はいなかった。そこはシドンからは遠く,ベト・レホブ+が所有する谷あいの平原にあり,他の人々との関わりも全くなかったからである。ダンの人々は町を建て直してそこに住むようになった。 29  そして,その町を自分たちの父の名前にちなんでダン+と呼んだ。ダンはイスラエルの息子である+。町の名前は以前ライシュだった+ 30  その後ダンの人々はそこに彫刻像を立てた+。モーセの子ゲルショム+の子孫ヨナタン+とその子孫が,捕囚の時までダン族の祭司となった。 31  人々は,真の神の家がシロにあった+間ずっと,ミカが作った彫刻像をそこに立てておいた。

脚注

または,「なまり」。
意味,「ダンの宿営」。
または,「家の神」,「偶像」。
または,「家の神」,「偶像」。
または,「家の神」,「偶像」。
直訳,「父」。
または,「家の神」,「偶像」。
または,「苦々しく思う」。

注釈

メディア