裁き人​の​書 15:1-20

15  しばらくして,むぎしゅうかくに,サムソンはヤギをってつまたずねた。そして,「しんしつ*にいるつまところきたい」とったが,かのじょちちおやはそれをゆるさなかった。  ちちおやった。「あなたがあのきらいになったとおもったので+はな婿むこつきそいにんあたえました+いもうとほううつくしいではないですか。どうぞいもうとわりにつまにしてください」。  サムソンはった。「わたしがフィリスティアじんがいくわえても,こんかいめられないはずです」。  サムソンはけていってキツネを300ぴきつかまえた。たいまつをようし,キツネのうようにさせ,2つのしばわせてたいまつを1ぽんずつけた。  そのたいまつにけて,キツネをフィリスティアじんってないこくもつばたけはなった。こくもつたばからっていないこくもつまですべてのものと,ブドウえんとオリーブばたけはなった。  フィリスティアじんは「だれがこんなことをしたのか」とたずね,こうげられた。「サムソンだ。ティムナのひとむすめ婿むこサムソンのつまってはな婿むこつきそいにんあたえたからだ+」。そこでフィリスティアじんけていき,かのじょかのじょちちおやいた+  サムソンはった。「そういうことをするなら,わたしはあなたたちにかならふくしゅうする+」。  そしてかれらをつぎつぎち,おおぜいころした。その,エタムのおおいわどうくつ*ってそこにんだ。  のちに,フィリスティアじんて,ユダのなか宿しゅくえいり,レヒ+をうろつきまわった。 10  ユダのひとたちが,「どうしてわたしたちをめにたのですか」とうと,こうこたえた。「サムソンをつかまえ*た。あのおとこがわれわれにしたとおりにしてやるのだ」。 11  ユダのひとたち3000にんがエタムのおおいわどうくつ*って,サムソンにった。「フィリスティアじんわたしたちをはいしていることをらないのですか+。それなのに,どうしてこんなことをしてくれたのですか」。サムソンはった。「かれらにされたとおりにかれらにしたのです」。 12  ユダのひとたちはった。「あなたをつかまえて*フィリスティアじんわたすためにました」。サムソンはった。「わたしおそわない,とちかってください」。 13  ひとびとった。「わたしたちはあなたをしばってわたすだけで,ころしたりはしません」。 ひとびとはサムソンを2ほんあたらしいなわしばっておおいわかられていった。 14  サムソンがレヒまでると,かれたフィリスティアじんは,ほこったようにさけんだ。そのときエホバのせいなるちからがサムソンにはたら+りょううでにあったなわげたいとのようになり,かれからなわはずれた+ 15  サムソンは,んだばかりのロバのあごぼねつけ,ばしてつかみ,そのあごぼねで1000にんった+ 16  サムソンはった。 「ロバのあごぼねで,1やま,2やまロバのあごぼねで,1000にんった+」。 17  こうえると,あごぼねて,そのしょをラマト・レヒ*んだ+ 18  サムソンはじょうのどかわき,エホバにけてこうった。「このだいしょうわたしあたえてくださったのはあなたです。それなのにいまわたしのどかわいてに,かつれいものたちのちるのでしょうか」。 19  かみがレヒにあるくぼってけると,そこからみずてきた+。サムソンはそれをむと,げんもどし,かいふくした。それでそのしょをエン・ハコレ*けた。それはいまもレヒにある。 20  サムソンはフィリスティアじんだいにイスラエルを20ねんかんさばいた+

脚注

または,「奥の部屋」。
または,「裂け目」。
または,「縛り」。
または,「裂け目」。
または,「縛って」。
意味,「顎骨の高大な所」。
意味,「呼ぶ者の泉」。

注釈

メディア