裁き人​の​書 15:1-20

15  しばらくして,小麦の収穫の時期に,サムソンは子ヤギを持って妻を訪ねた。そして,「寝室*にいる妻の所に行きたい」と言ったが,彼女の父親はそれを許さなかった。  父親は言った。「あなたがあの子を嫌いになったと思ったので+,花婿付添人に与えました+。妹の方が美しいではないですか。どうぞ妹を代わりに妻にしてください」。  サムソンは言った。「私がフィリスティア人に害を加えても,今回は責められないはずです」。  サムソンは出掛けていってキツネを300匹捕まえた。たいまつを用意し,キツネの尾と尾が向き合うようにさせ,2つの尾を縛り合わせてたいまつを1本ずつ取り付けた。  その後たいまつに火を付けて,キツネをフィリスティア人の刈ってない穀物畑に放った。穀物の束から刈り取っていない穀物まで全ての物と,ブドウ園とオリーブ畑に火を放った。  フィリスティア人は「誰がこんなことをしたのか」と尋ね,こう告げられた。「サムソンだ。ティムナの人が娘婿サムソンの妻を取って花婿付添人に与えたからだ+」。そこでフィリスティア人は出掛けていき,彼女と彼女の父親を火で焼いた+  サムソンは言った。「そういうことをするなら,私はあなたたちに必ず復讐する+」。  そして彼らを次々に討ち,大勢を殺した。その後,エタムの大岩の洞窟*に行ってそこに住んだ。  後に,フィリスティア人が来て,ユダの中に宿営を張り,レヒ+をうろつき回った。 10  ユダの人たちが,「どうして私たちを攻めに来たのですか」と言うと,こう答えた。「サムソンを捕まえ*に来た。あの男がわれわれにした通りにしてやるのだ」。 11  ユダの人たち3000人がエタムの大岩の洞窟*に行って,サムソンに言った。「フィリスティア人が私たちを支配していることを知らないのですか+。それなのに,どうしてこんなことをしてくれたのですか」。サムソンは言った。「彼らにされた通りに彼らにしたのです」。 12  ユダの人たちは言った。「あなたを捕まえて*フィリスティア人に引き渡すために来ました」。サムソンは言った。「私を襲わない,と誓ってください」。 13  人々は言った。「私たちはあなたを縛って引き渡すだけで,殺したりはしません」。 人々はサムソンを2本の新しい縄で縛って大岩から連れていった。 14  サムソンがレヒまで来ると,彼を見たフィリスティア人は,勝ち誇ったように叫んだ。その時エホバの聖なる力がサムソンに働き+,両腕にあった縄は火で焦げた亜麻糸のようになり,彼の手から縄が外れた+ 15  サムソンは,死んだばかりの雄ロバの顎骨を見つけ,手を伸ばしてつかみ,その顎骨で1000人を討った+ 16  サムソンは言った。 「ロバの顎骨で,1山,2山!ロバの顎骨で,1000人を討った+」。 17  こう言い終えると,顎骨を投げ捨て,その場所をラマト・レヒ*と呼んだ+ 18  サムソンは非常に喉が渇き,エホバに呼び掛けてこう言った。「この大勝利を私に与えてくださったのはあなたです。それなのに今,私は喉が渇いて死に,無割礼の者たちの手に落ちるのでしょうか」。 19  神がレヒにあるくぼ地を割って開けると,そこから水が出てきた+。サムソンはそれを飲むと,元気を取り戻し,回復した。それでその場所をエン・ハコレ*と名付けた。それは今もレヒにある。 20  サムソンはフィリスティア人の時代にイスラエルを20年間裁いた+

脚注

または,「奥の部屋」。
または,「裂け目」。
または,「縛り」。
または,「裂け目」。
または,「縛って」。
意味,「顎骨の高大な所」。
意味,「呼ぶ者の泉」。

注釈

メディア