裁き人​の​書 14:1-20

14  サムソンはティムナに下っていき,ティムナで,あるフィリスティア人女性*を見た。  そして上っていって,自分の両親にこう話した。「ティムナで,あるフィリスティア人の女性が目に留まりました。彼女を私の妻として迎えてください」。  両親は言った。「親族や私たちの民の中から女性が見つけられないのか+。無割礼*のフィリスティア人の中から妻を迎えなければならないのか」。サムソンは父に言った。「彼女を迎えてください。私にふさわしい女性なのです」。  両親は,このことがエホバから出ていることが分からなかった。彼*はフィリスティア人と戦う機会をうかがっていたのである。その頃フィリスティア人はイスラエルを支配していた+  サムソンは両親と共にティムナに下っていった。彼がティムナのブドウ園まで来ると,突然,ライオンがほえながら向かってきた。  サムソンはエホバの聖なる力を受けて+,子ヤギを2つに引き裂くかのようにライオンを素手で2つに引き裂いた。しかし,自分がした事を父や母に話さなかった。  そして下っていって,その女性と話した。サムソンから見て,彼女は依然ふさわしい人だった+  その後,サムソンが彼女を連れてこよう+としてそこに戻る時に,脇に寄ってあのライオンの死骸を見ると,その中に蜜蜂の群れがいて,蜜があった。  サムソンは蜜を手にかき集め,歩きながら食べた。両親の所に戻って2人にも分けたが,ライオンの死骸から蜜をかき集めたことは話さなかった。 10  サムソンの父はその女性の所に下っていき,サムソンはそこで宴会を開いた。若者たちはよくそうしていたのである。 11  人々は彼を見ると,30人の花婿付添人を連れてきて,付き添わせた。 12  サムソンは彼らに言った。「どうか謎を掛けさせてください。もしこの7日間の宴会の間に解いて答えられたら,30枚の亜麻の下着と30着の衣装を差し上げます。 13  でも,答えられなかったら,皆さんが30枚の亜麻の下着と30着の衣装を下さらなければなりません」。彼らは言った。「謎を掛けてもらおう。聞こうじゃないか」。 14  サムソンは言った。 「食べる者から食べ物が出,強い者から甘い物が出た+」。 彼らは3日間この謎が解けなかった。 15  4日目に,彼らはサムソンの妻に言った。「夫をだまして+,あの謎の答えを聞いてきてくれ。さもないと,おまえもおまえの父親の家族も火で焼いてやる。われわれの持ち物を取るためにここに招いたのか」。 16  サムソンの妻は彼に泣き付いてこう言った。「あなたは私が嫌いなのね。愛しているわけないわ+。私の民に謎を掛けておいて,私に答えを教えてくれないんだもの」。サムソンは言った。「何でだ,両親にも話していない。あなたに話すべきだろうか」。 17  しかし,7日間の宴会が続く間,彼女はずっと泣き付いていた。サムソンは,しきりにせがまれたため,ついに7日目に謎の答えを教え,彼女はそれを自分の民に伝えた+ 18  町の人たちは7日目,日が沈む*前にサムソンに言った。 「蜜より甘い物があるだろうか。ライオンより強い者がいるだろうか+」。 サムソンは答えた。 「私の若い雌牛で耕さなかったなら+あなた方は私の謎を解けなかった」。 19  サムソンはエホバの聖なる力を受けて+,アシュケロン+に下っていってそこの人たちを30人討ち,彼らの着ていた物を取って,謎に答えた人たちに衣装を与えた+。そして憤ったまま父の家に戻った。 20  サムソンの妻+は,花婿付添人として付き添っていた1人に与えられた+

脚注

直訳,「フィリスティア人の娘たちのうちの1人の女性」。
用語集参照。
もしかすると,「神」。
もしかすると,「彼が奥の部屋に入る」。

注釈

メディア