裁き人​の​書 11:1-40

11  ギレアデの人エフタ+は強い戦士だった。娼婦の子で,父親はギレアデという人だった。  ギレアデの妻も息子たちを産んだ。息子たちは大きくなると,エフタを追い出し,こう言った。「あなたは別の女性の子だから,私たちの父の家にあなたが相続する物は何もない」。  エフタは兄弟たちのもとを去り,トブに住むようになった。することのない男たちがエフタの仲間になり,彼の後に従った。  しばらくして,アンモン人はイスラエルと戦った+  アンモン人がイスラエルと戦うようになると,ギレアデの長老たちはエフタをトブから連れ戻すためにすぐに出掛けた。  そしてエフタに言った。「来て,私たちの司令官になってください。アンモン人と戦うのです」。  しかしエフタはギレアデの長老たちに言った。「皆さんが私を憎んで父の家から追い出したのではありませんか+。どうしていまさら私の所に来るのですか。自分たちが苦難に遭った時になって」。  長老たちは言った。「だからこそ今あなたのもとに戻ったのです。私たちと一緒に行ってアンモン人と戦ってくださるなら,あなたはギレアデの全住民の指導者になります+」。  エフタは言った。「皆さんがアンモン人と戦うために私を連れ戻し,エホバが彼らを打ち破ってくださるなら,私は皆さんの指導者になります」。 10  長老たちは言った。「私たちがあなたの言った通りにしないなら,エホバが私たちの間の証人となりますように」。 11  エフタはギレアデの長老たちと一緒に行き,民は彼を指導者また司令官とした。エフタはミツパ+で,自分の言葉全てをエホバの前で繰り返した。 12  エフタはアンモン人+の王に使者を送って,こう言った。「どうして私に敵対して*私の土地に攻めてきたのですか」。 13  アンモン人の王はエフタの使者に言った。「イスラエルはエジプトから上ってきた時+,私の土地を,アルノンの谷+からヤボクの谷まで,またヨルダン川まで+を取ったからだ。今,それをおとなしく返すように」。 14  しかしエフタはアンモン人の王に使者を送って, 15  こう言った。 「エフタはこう申しております。『イスラエルはモアブ人の土地+とアンモン人の土地を取ったのではありません+ 16  イスラエルはエジプトから上ってきた時,荒野を歩いて紅海まで行き+,カデシュに来ました+ 17  その時イスラエルはエドム+の王に使者を送って,「どうかあなたの土地を通らせてください」と言いましたが,エドムの王は聞き入れませんでした。モアブ+の王にも使者を遣わしましたが,彼は応じませんでした。それでイスラエルはカデシュ+にとどまっていました。 18  荒野を歩いた時はエドムの土地+とモアブの土地を迂回して進み,モアブの土地の東+を通ってアルノンの地域に宿営しました。アルノンの谷がモアブの境界だったので,モアブの境界内+には入りませんでした。 19  その後イスラエルは,ヘシュボンの王,アモリ人の王シホンに使者を送って,こう言いました。「どうか目的地に行くためにあなたの土地を通らせてください+」。 20  しかしシホンは,領土を通ろうとするイスラエルを信用せず,兵士全てを集めてヤハツに陣営を敷き,イスラエルと戦いました+ 21  イスラエルの神エホバがシホンと彼の兵士全てをイスラエルの手に渡したので,イスラエルは彼らを打ち破り,その土地に住むアモリ人の全ての土地を取得しました+ 22  こうしてアモリ人の全領土を,アルノンの谷からヤボクの谷まで,また荒野からヨルダン川までを取得しました+ 23  イスラエルの神エホバがアモリ人をご自分の民イスラエルの前から追い払ったのに+,今,あなた方はイスラエルを追い払おうとするのですか。 24  あなたの神ケモシュ+が与えるものは何でも,あなたは所有するのではありませんか。私たちの神エホバが私たちの前から追い払った全ての者の土地を,私たちは所有するのです+ 25  あなたは,モアブの王でチッポルの子であるバラク+に勝っているのでしょうか。彼がイスラエルと争ったり戦ったりしたことがありましたか。 26  イスラエルはヘシュボンと周辺の町+,アロエルと周辺の町,アルノンの谷の川岸に近い全ての町に300年も住んでいたのに,どうしてその間に取り返そうとしなかったのですか+ 27  私はあなたに罪を犯してはいません。私を攻撃するのは間違っています。裁く方エホバ+が今日,イスラエルの民とアンモンの民を裁かれますように』」。 28  しかし,アンモン人の王はエフタからの言葉を聞き入れなかった。 29  エフタはエホバの聖なる力を受け+,ギレアデとマナセを通ってギレアデのミツペに行き+,ギレアデのミツペからアンモン人の所に向かった。 30  エフタはエホバに誓約+してこう言った。「私をアンモン人に勝たせてくださるなら, 31  私がアンモン人のもとから無事に戻った時に,私の家の戸口から誰が迎えに出てきても,その者はエホバのものになります+。私はその者を全焼の捧げ物としてお捧げします+」。 32  エフタは行ってアンモン人と戦い,エホバはエフタを勝たせた。 33  エフタは彼らを討ち,アロエルから遠くミニトまで,20の町で,さらにアベル・ケラミムまで非常に大勢を殺した。こうしてアンモン人はイスラエル人に制圧された。 34  エフタがミツパの自分の家に戻ると+,何と,娘がタンバリンを鳴らして踊りながら迎えに出てきた。彼女はたった1人の子で,ほかに息子も娘もいなかった。 35  エフタは娘を目にし,衣服を引き裂いてこう言った。「ああ,何ということをしてくれたのだ*。私はおまえを追い出さなければならない。エホバに約束した以上,取り消すことはできない+」。 36  娘は言った。「お父さま,エホバに約束されたのでしたら,その通りに私になさってください+。エホバは敵のアンモン人に復讐してくださったのですから」。 37  さらに父親に言った。「お願いがあります。2カ月間山に行って,友達*と一緒に泣くことをお許しください。私が結婚することはないからです*」。 38  エフタは,「行きなさい」と言って,娘が2カ月間行くことを許した。娘は友達と一緒に山に行き,結婚しないことについて泣いた。 39  2カ月たって娘は父のもとに帰り,その後エフタは娘に関する誓約を果たした+。娘が男性と関係を持つことはなかった。イスラエルで次のことが慣例*となった。 40  毎年,イスラエルの若い女性たちは出掛けていき,年に4日ギレアデの人エフタの娘を褒めるのだった。

脚注

直訳,「私とあなたとには何が[あるのですか]」。
または,「ああ,娘よ! おまえは私をかがませた」。
女性の友達のこと。
または,「私は処女なのです」。
または,「規定」。

注釈

メディア