申命記 34:1-12

34  モーセは,モアブの砂漠平原からネボ山+に,エリコに面する+ピスガの頂上+に登った。エホバはモーセに全ての土地を見せた。すなわち,ギレアデからダン+まで,  ナフタリの全土,エフライムとマナセの土地,ユダの全土を西の海*まで+  ネゲブ+とヨルダン地域+,ヤシの木の町エリコの谷あいの平原をゾアル+までである。  エホバはモーセに言った。「これが,私がアブラハム,イサク,ヤコブに誓って,『あなたの子孫に与える+』と言った土地である。私はあなたが自分の目でそれを見るようにしたが,あなたはそこに渡ってはいかない+」。  その後,エホバに仕えたモーセは,エホバが言った通り,そこで,モアブ地方で死んだ+  神は,ベト・ペオルに面するモアブ地方の谷にモーセを葬った。今日まで,彼の墓を知る人はいない+  モーセは死んだ時,120歳だった+。目はかすまず,力は失われていなかった。  イスラエルの民はモアブの砂漠平原でモーセのために30日間泣いた+。そしてモーセのために泣いて嘆き悲しむ日々は終わった。  ヌンの子ヨシュアは,神の力による知恵に満ちていた。モーセがかつて彼に手を置いたからである+。イスラエル人はヨシュアの言うことを聞くようになり,エホバがモーセに命じた通りにした+ 10  しかし,エホバが親しく*知った+モーセのような預言者はイスラエルにこれまで現れていない+ 11  モーセはエホバから遣わされ,ファラオと全ての家来とエジプト全土に対して行うべきしるしとなることや奇跡を全て行い+ 12  イスラエル全体が見ている所で力強さと驚異的な力を示した+

脚注

大海,地中海のこと。
直訳,「顔と顔を合わせて」。

注釈

メディア