申命記 34:1-12

34  モーセは,モアブのばくへいげんからネボさん+に,エリコにめんする+ピスガのちょうじょう+のぼった。エホバはモーセにすべてのせた。すなわち,ギレアデからダン+まで,  ナフタリのぜん,エフライムとマナセの,ユダのぜん西にしうみ*まで+  ネゲブ+とヨルダンいき+,ヤシのまちエリコのたにあいのへいげんをゾアル+までである。  エホバはモーセにった。「これが,わたしがアブラハム,イサク,ヤコブにちかって,『あなたのそんあたえる+』とったである。わたしはあなたがぶんでそれをるようにしたが,あなたはそこにわたってはいかない+」。  その,エホバにつかえたモーセは,エホバがったとおり,そこで,モアブほうんだ+  かみは,ベト・ペオルにめんするモアブほうたににモーセをほうむった。今日きょうまで,かれはかひとはいない+  モーセはんだとき,120さいだった+はかすまず,ちからうしなわれていなかった。  イスラエルのたみはモアブのばくへいげんでモーセのために30にちかんいた+。そしてモーセのためにいてなげかなしむわった。  ヌンのヨシュアは,かみちからによるちていた。モーセがかつてかれいたからである+。イスラエルじんはヨシュアのうことをくようになり,エホバがモーセにめいじたとおりにした+ 10  しかし,エホバがしたしく*った+モーセのようなげんしゃはイスラエルにこれまであらわれていない+ 11  モーセはエホバからつかわされ,ファラオとすべてのらいとエジプトぜんたいしておこなうべきしるしとなることやせきすべおこな+ 12  イスラエルぜんたいているところちからづよさときょうてきちからしめした+

脚注

大海,地中海のこと。
直訳,「顔と顔を合わせて」。

注釈

メディア