申命記 32:1-52

32  「てんよ,みみせ,わたしかたろう。 わたしくちことけ。   わたしおしえはあめのようにり,わたしことつゆのようにしたたる。くさやさしいあめくさゆたかなあめのように。   わたしはエホバのひろめるからだ+わたしたちのかみだいさをかた+   かみいわのようなかたで,おこなうことはかんぜん+かみみちすべこうせいである+けっしてこうせいではなく+しんらいできるかみ+ただしく,っすぐなかた+   らくしたことをおこなったのはたみである+かれらはかみどもではなく,みずかけっかんった+がったけんぜんだい+   それがエホバにたいしてるべきたいなのか+おろかでがないたみ+そのかたは,あなたをしたちち+あなたをつくり,1つのたみとしたかたではないか。   むかしおもし,なんだいにもおよねんげつについてかんがえよ。ちちたずねよ。かれげることができる+ちょうろうたちにたずねよ。かれらはかたる。   こうしゃはさまざまなこくみんあたえたとき+アダムのたち*たがいにはなしたとき+さまざまなたみきょうかいさだめて+イスラエルのたちのかずこうりょした+   エホバのたみはそのかたのもの+ヤコブはそのかたざいさんだからである+ 10  そのかたはヤコブをこうつけた+ひとがいない,とおぼえがこえるばく+かれかこみ,+ぶんひとみのようにまもった+ 11  ワシがのひなをてて,じょうほうってまもりつつ,つばさひろげてひなをけ,よくせてはこぶように+ 12  エホバだけがずっとヤコブをみちび+がいこくかみともにいなかった+ 13  わたしたちのかみは,かれじょうたかところすすませ+さんぶつべさせた+おおいわからのみつや,かた*いわからのあぶらやしなった。 14  うしのバターやひつじのミルク,さいじょうひつじ*で,バシャンのひつじヤギ,さいりょうむぎ*+そしてあなたはブドウのじゅう*をぶどうしゅにしてんだ。 15  エシュルン*,あなたはふとると,はんこうしてった。あなたはふとり,まんし,ふくれた+かみを,ぶんつくったかた+ぶんすくいわのようなかたかろんじた。 16  かれらはそのかみがいこくかみがみによってげきさせ+まわしいものによってかみいからせていた+ 17  かみではなくじゃあくてん使たちにせいささげていた+らなかったかみがみさいきんあらわれたあたらしいものたちに,たちがらなかったかみがみに。 18  あなたは,あなたのちちとなったいわのようなかたわすれた+あなたをしたかみおもさなかった+ 19  エホバはそれをて,ごぶん息子むすこむすめたちを退しりぞけた+かれらがいからせたからだ。 20  それでこうった。『わたしかれらからかおかく+かれらがどうなるかをよう。かれらはゆがんだだい+ちゅうじつさがないたちだから+ 21  かれらは,かみではないものによってわたしげき*させた+ぐうぞうによってわたしいからせた+それでわたしは,たみではないものによってかれらをしっさせ+おろかなこくみんによってかれらをいからせる+ 22  わたしいかりによってがり+それははか*そこにまでおよ+だいとそのさんぶつくし,やまやまだいたせる。 23  わたしかれらのさいなんやす。わたしかれらにたいして使つかくす。 24  かれらはえてちから+ねつびょうおかされ,さんほろびをまね+わたしかれらに,じゅうきばめんをはうちゅうるいどくおく+ 25  おくがいではつるぎうば+おくないではきょうおそ+わかものおとも,ようしらひと+ 26  わたしおうとおもった。「かれらをらす。かれらにかんするおくひとびとあいだからやす」と。 27  そうしなかったのは,てきはんのうけたためだ+てきたいしゃたちがかい+「われわれのちからしょうおさめたのだ+このすべてをおこなったのはエホバではない」といかねなかったからだ。 28  かれらはふんべつのない*こくみんで,かいりょくがない+ 29  かれらがかしこかったなら+! そうしたら,かれらはこのことをじっくりかんがえるだろう+ぶんたちがどうなるかをかんがえるだろう+ 30  どうして1人ひとりが1000にんついせきし,2人ふたりが1まんにんはいそうさせられるだろうか+いわのようなかたかれらをわた+エホバがかれらをわたしたのでないかぎり。 31  (てきたちのいわわたしたちのいわのようではない+てきでもこれはかっている+。) 32  かれらのブドウのはソドムのブドウのから,またゴモラのだんきゅうから+かれらのブドウはどくブドウ,それはにが+ 33  かれらのぶどうしゅへびどくコブラのもうどく 34  それはわたしのもとにたくわえられ,ふうをされてわたしくらにあるのではないか+ 35  ふくしゅうわたしがすることであり,ほうふくもである+かれらがあしすべらせるときめられたとき+かれらのさいなんちかく,かれらにきることはすみやかにる』。 36  エホバはごぶんたみさば+ぶんつかえるひとたちをあわれにおも*+かれらのちからよわまり,りょくよわひとだけがのこるのをときに。 37  そしてう。『かれらがもとめたいわは,かれらのかみがみは,どこにいるのか+ 38  かみがみは,かれらのせいぼう*べ,ものささもののぶどうしゅんでいたではないか+かみがみたすけにてもらえ。なんじょとなってもらえ。 39  いまこそれ,わたし,このわたしかみである+わたしのほかにかみはいない+わたしなせ,またかす+わたしきずつけ+,そしてやす+わたしからすくせるものはいない+ 40  わたしてんげて,えいえんきているわたししんけてちか+ 41  わたしは,きらめくつるぎぎ,しょばつするようができたなら+てきたいしゃたちにふくしゅう+わたしにくひとたちにほうふくする。 42  わたしぶんわせ,わたしつるぎにくべる。ころされたひとりょてきどうしゃたちのあたまを』。 43  くにぐによ,かみたみともよろこ+かみは,ごぶんつかえるひとふくしゅうをするからだ+てきたいしゃほうふく+ぶんたみのためにしょくざいおこな*」。 44  こうしてモーセはヌンのホシェア*+ともて,このうたすべてのことたみかたってかせた+ 45  モーセはこれらのすべてのことをイスラエルぜんたいかたえてから, 46  こうった。「わたし今日きょうはなしているけいこくことすべこころめなさい+ちゅうしてこのりっぽうすべてのことまもるよう,どもたちにめいじるためです+ 47  それはみなさんにとってことではなく,いのちしています+。そのことによって,ヨルダンがわわたっていってしょゆうするながきられるのです」。 48  エホバはおなにモーセにはなした。 49  「アバリムのあのやま+,ネボさん+のぼりなさい。それはモアブほうにあり,エリコにめんしている。そして,わたしがイスラエルじんしょゆうとしてあたえるカナンほうなさい+ 50  あなたは,これからのぼるそのやまに,せんたちとともよこたわる。あにのアロンがホルさん+んでせんたちとともよこたわったように。 51  2人ふたりとも,チンのこうにあるカデシュのメリバのみずところで,イスラエルじんあいだわたしちゅうじつだったからだ+。イスラエルのたみまえわたししんせいなものとしなかったのだ+ 52  あなたは,わたしがイスラエルのたみあたえるとおくからるが,そこにはいることはない+」。

脚注

もしかすると,「人類」。
または,「火打ち石のような」。
直訳,「羊の脂肪」。
直訳,「小麦の腎臓脂肪」。
直訳,「血」。
意味,「正しい者」。イスラエルの名誉称号。
または,「嫉妬」。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。
もしかすると,「助言を聞かない」。
または,「のことを悔やむ」。
または,「最良の犠牲」。
または,「土地を清める」。
ヨシュアの元の名前。「ヤハに救われた」,「ヤハは救った」という意味のホシャヤの短縮形。

注釈

メディア