申命記 18:1-22

18  レビ族の祭司,レビ族全体は,イスラエルと一緒に土地を受けることはありません。彼らはエホバへの火による捧げ物を食べます。それは神のものです+  彼らは兄弟たちの中で土地を受けることはありません。エホバが,彼らに告げた通り,彼らを養います。  祭司が民から受け取る分は,次の通りです。牛でも羊でも犠牲を捧げる人は,肩と両顎と胃を祭司に与えます。  穀物や新しいぶどう酒や油の初物と,羊から刈り取った最初の羊毛も与えるべきです+  あなたの神エホバが全部族の中からレビ族を選び,エホバの名によって常に仕えるようにさせました+  レビ族の人が,生活しているイスラエルの町を離れて+,エホバが選ぶ場所*+行くことを望む場合,  そこでエホバの前で仕えている兄弟たち,レビ族全員と同じように,エホバ神の名によって仕えることができます+  その人も同じだけ食べ物を受けます+。先祖から受け継いだ物を売って得るものとは別にです。  あなたの神エホバが与えてくださる土地に入った時,そこの国民の忌まわしい行いをまねてはなりません+ 10  あなたの中に以下のような人がいてはなりません。息子や娘を火で焼く*+,占いをする人+,魔術を行う人+,吉凶を判断する人+,呪術師+ 11  呪文をかける人,霊媒師+や占い師+に相談する人,死者に尋ねる人+などです。 12  エホバはこうしたことを行う人をひどく嫌い*,これらの忌まわしい行いのためにエホバ神はそれらの国民をあなたの前から追い払います。 13  あなたは,あなたの神エホバの前で非難されるところがない人となるべきです+ 14  あなたが追い立てるそれらの国民は,魔術+や占いをする人たち+に従っていました。しかし,あなたの神エホバはあなたがそのようなことをするのを許しませんでした。 15  エホバ神は,あなたのために兄弟たちの中から私のような預言者を立てます。その人に従わなければなりません+ 16  これは,民が集まった日*+あなたがホレブでエホバ神に求めた事に応じてのことです。あなたはこう言いました。『もう私の神エホバの声を私に聞かせたり,この大きな火を私に見させたりしないでください。私が死なないためです+』。 17  それでエホバは私に言いました。『彼らが言ったことはもっともだ。 18  私は彼らのために兄弟たちの中からあなたのような預言者を立てる+。私は自分の言葉をその人に伝え+,その人は私が命じる全てのことを彼らに話す+ 19  私は,彼が私の名によって話す私の言葉に従わない人に責任を問う+ 20  思い上がって私が命じたのではない言葉を私の名によって話したり,他の神々の名によって話したりする預言者がいれば,その預言者は死ななければならない+ 21  あなたは心の中で,「エホバが話したのではない言葉だとどのようにして分かるのか」と言うかもしれない。 22  預言者がエホバの名によって話しても,その言葉が実現せず,その通りにならなければ,エホバはその言葉を話していない。預言者が思い上がってそれを話したのである。その人を恐れてはならない』。

脚注

エホバが崇拝の中心地として選ぶ場所のこと。
直訳,「に火の中を通らせる」。
または,「忌まわしく思い」。
または,「会衆の日」。

注釈

メディア