民数記 11:1-35

11  民はエホバの前でひどく文句を言い始めた。エホバはそれを聞くと怒りに燃え,エホバの火が民に対して燃え上がり,宿営の外れにいる人たちを焼き尽くし始めた。  民がモーセに向かって叫びだすと,モーセはエホバに祈願し+,火は収まった。  その場所はタブエラ*と呼ばれるようになった。エホバの火が民に対して燃え上がったからだった+  民の中にいたさまざまな外国人+が利己的な願望を口にし+,イスラエル人も泣いてこう言いだした。「誰が肉を食べさせてくれるのか+  エジプトでただで食べていた魚が本当に懐かしい。それに,キュウリやスイカ,ネギ,タマネギ,ニンニクもだ+  それが今,私たちは痩せ衰えている。目にするのはこのマナばかりだ+」。  ところで,マナ+はコリアンダーの種に似ていて+,ブデリウム樹脂のように見えた。  民は散らばってそれを拾い,ひき臼でひくか,つき臼でつぶし,鍋で煮たり丸いパンにしたりした+。油を入れた甘い菓子のような味がした。  夜に露が宿営に降りると,マナもそこに降りた+ 10  モーセは,民がどの家族も,それぞれ自分の天幕の入り口で泣いているのを聞いた。エホバは非常に怒り+,モーセも不快に思った。 11  モーセはエホバに言った。「どうして私を苦しめるのですか。どうして私はあなたの好意を得られず,この民全てを重荷として負わされているのでしょうか+ 12  私がこの民全てを身ごもったのでしょうか。彼らを産んだのは私でしょうか。それであなたは私に,父祖たちに誓った土地に連れていく+ため,『子守が赤ん坊を抱くように彼らを懐に入れて抱きなさい』とおっしゃるのですか。 13  この民全てに与える肉がどこで手に入るでしょうか。民は私の前で泣き続け,『肉を食べさせてくれ』と言っているのです。 14  私独りで,この民全てを負うことはできません。私には無理です+ 15  このままにされるつもりでしたら,どうぞ今,私を殺してください+。私があなたの好意を得ているのでしたら,もう災難を見ないで済むようにしてください」。 16  エホバはモーセに答えた。「イスラエルの長老を70人集めなさい。民の長老で主立った人だとあなたが認める人たちだ+。その人たちを会見の天幕に連れていき,あなたと一緒に立たせなさい。 17  私は下っていき+,そこであなたと話す+。あなたが受けている聖なる力*+一部を取って,その人たちに与える。その人たちは,あなたが民の重荷を負うのを助け,あなたが独りで負わずに済むようにする+ 18  あなたは民にこう言うべきである。『明日のために自分を神聖なものとしなさい+。あなたたちは必ず肉を食べる。エホバに聞こえる所で泣いて+,「誰が肉を食べさせてくれるのか。エジプトにいた時の方がよかった+」と言ったからである。エホバは必ず肉を与え,あなたたちは食べる+ 19  食べるのは,1日ではなく,2日,5日,10日,20日でもなく, 20  丸1カ月,肉が鼻から出て,肉にうんざりするまでである+。あなたたちのただ中にいるエホバを退け,その方の前で泣いて,「どうして私たちはエジプトを出たりしたのか」と言ったからである+』」。 21  モーセは言った。「私と一緒にいる民は,徒歩で行く男性だけで60万人+います。それなのに,あなたは,『肉を与える。民は丸1カ月は食べられる』と言われました。 22  羊や牛を全て殺しても,それで足りるでしょうか。海の魚を全て捕っても,それで足りるでしょうか」。 23  エホバはモーセに言った。「それはエホバにできないことだろうか*+。私が言った通りになるかどうか,すぐに分かる」。 24  モーセは出ていって,エホバの言葉を民に話した。そして民の長老の中から70人を集め,天幕の周囲に立たせた+ 25  するとエホバは雲のうちに下ってきて+モーセに話し+,モーセが受けている聖なる力+の一部を取って,70人の長老一人一人に与えた。その人たちは聖なる力を受けるとすぐ,預言者のように振る舞い*始めた+。しかし,再びそう振る舞うことはなかった。 26  70人のうちの2人が宿営に残っていた。2人の名前はエルダドとメダドだった。この2人も名前を書き記された人たちで,天幕の所には出ていかなかったが,聖なる力を受けて宿営で預言者のように振る舞い始めた。 27  ある若者が走ってきて,モーセに報告した。「エルダドとメダドが宿営で預言者のように振る舞っています」。 28  それを受けて,若い時からモーセの奉仕者だったヌンの子ヨシュア+が言った。「モーセ,どうか2人を止めてください+」。 29  しかしモーセは言った。「私が軽く扱われないかと心配しているのですか。でも私は,エホバの民全員が預言者で,エホバが皆に聖なる力を与えてくださったらと願います」。 30  その後モーセは,イスラエルの長老たちと宿営に戻った。 31  エホバのもとから風が起き,海からウズラを運んできて,宿営の周りに落とした+。ウズラは宿営の周囲一帯に,歩いて1日かかる所まで,1メートルほどの高さで積もった。 32  民はその日1日,また夜通し,さらに次の日も1日,寝ずにウズラを集めた。一番少ない人でも2200リットルは集めた。そして,自分たちのために宿営の周囲一帯に並べていった。 33  しかし,肉を口に入れて食べている間に,民に対してエホバの怒りが燃え,エホバは民を打ち始め,非常に大勢の人を滅ぼした+ 34  その場所はキブロト・ハタアワ*+と呼ばれるようになった。利己的な渇望を示した人々をそこで葬ったからである+ 35  民はキブロト・ハタアワからハツェロトに向けて出発し,ハツェロト+にとどまった。

脚注

意味,「燃焼」。つまり,猛火,火炎。
用語集参照。
または,「エホバの手はそんなに短いのだろうか」。
または,「預言し」。
意味,「渇望の墓場」。

注釈

メディア