民数記 10:1-36

10  エホバはモーセに言った。  「あなたのために銀のラッパ+を2つ作りなさい。銀を鍛造して作り,民を呼び集めるためと宿営を畳むために用いなさい。  ラッパが2つとも吹かれたら,民全体が会見の天幕の入り口にいるあなたの所に集まらなければならない+  1つだけ吹かれたら,イスラエルの数千人を率いる長たちだけがあなたの所に集まる+  音を震わせてラッパを吹いたら,東側に宿営している人たち+が出発する。  2度目に音を震わせてラッパを吹いたら,南側に宿営している人たち+が出発する。各分隊*が出発する際に,そのように吹くべきである。  会衆を呼び集める時にもラッパを吹くべきだが+,音を震わせてはならない。  祭司であるアロンの子たちがラッパを吹くべきであり+,その用い方は法令として代々ずっと守るべきである。  もしあなたたちの土地で,攻めてくる侵略者たちと戦いを始めるのであれば,ラッパで軍隊招集の合図をすべきである+。あなたたちの神エホバが思い出し,敵から救ってくださる。 10  祭り+や月初めという喜ばしい時にも+,全焼の捧げ物+と共食の犠牲+に向けてラッパを吹くべきである。神はあなたたちのことを思い起こす。私はあなたたちの神エホバである+」。 11  2年目の第2の月の20日に+,雲は証しの幕屋の上から持ち上がった+ 12  イスラエル人は,決まった順番でシナイの荒野を旅立ち始めた+。やがて雲はパランの荒野+にとどまった。 13  こうして,モーセを通して与えられたエホバの指示に従って,初めて出発した+ 14  ユダの子たちの宿営を含む分隊がグループごとに最初に出発した。アミナダブの子ナフション+がユダ族を率いた。 15  イッサカル族を率いたのは,ツアルの子ネタヌエル+だった。 16  ゼブルン族を率いたのは,ヘロンの子エリアブ+だった。 17  幕屋が解体されると+,幕屋を運ぶゲルションの子たち+とメラリの子たち+が出発した。 18  次に,ルベンの宿営を含む分隊がグループごとに出発した。シェデウルの子エリツル+がルベン族を率いた。 19  シメオン族を率いたのは,ツリシャダイの子シェルミエル+だった。 20  ガド族を率いたのは,デウエルの子エルヤサフ+だった。 21  次に,聖なる所の物を運ぶコハト氏族+が出発した。彼らが着くまでに,幕屋は組み立てられている。 22  次に,エフライムの子たちの宿営を含む分隊がグループごとに出発した。アミフドの子エリシャマ+がエフライム族を率いた。 23  マナセ族を率いたのは,ペダツルの子ガマリエル+だった。 24  ベニヤミン族を率いたのは,ギドオニの子アビダン+だった。 25  次に,ダンの子たちの宿営を含む分隊が,宿営全体の後衛となり,グループごとに出発した。アミシャダイの子アヒエゼル+がダン族を率いた。 26  アシェル族を率いたのは,オクランの子パグイエル+だった。 27  ナフタリ族を率いたのは,エナンの子アヒラ+だった。 28  このような順番で,イスラエル人はグループごとに出発した+ 29  モーセは,しゅうとであるミディアン人レウエル*+の子ホバブに言った。「私たちは,エホバが与えると約束した場所+に向かいます。ぜひ一緒に来てください+。私たちはあなたを大切にします。エホバはイスラエルに良いことを約束しているのです+」。 30  しかしホバブは言った。「私は行きません。親族がいる故郷に戻ります」。 31  モーセは言った。「どうか,私たちを見捨てないでください。荒野でどこに宿営したらよいかを知っているあなたに,案内をして*ほしいのです。 32  一緒に来てくれたら+,エホバが私たちに与えてくださる良いものを必ずあなたにも差し上げます」。 33  こうしてエホバの山から出発し+,3日間の旅をした。エホバの契約の箱+は3日の旅の間,民の前を行き,民の休み場所を探した+ 34  宿営した場所を旅立つ時,昼はエホバの雲+が民の上にあった。 35  箱が移動する時にはいつも,モーセはこう言った。「エホバ,立ち上がってください+。あなたの敵が散らされますように。あなたを憎む人たちがあなたの前から逃げ去りますように」。 36  箱を下ろす時にはこう言った。「エホバ,戻ってきてください。イスラエルの無数*の人々の所に+」。

脚注

1つの分隊は3つの部族で構成される。
エテロのこと。
または,「目になって」。
または,「幾千幾万」。

注釈

メディア