民数記 4:1-49

4  エホバはモーセとアロンにはなした。  「レビのたちのうちコハトのたち+について,ぞくごとに,ちちかたいえごとにじんこう調ちょうをすべきである。  30さいじょう+50さいまん+で,かいけんてんまくでのごとてられるグループにぞくするすべてのひと+についてである。  かいけんてんまくでコハトのたちがおこなほう+きわめてせいなるものにかんすることで,とおりである。  宿しゅくえいたたんでしゅっぱつするとき,アロンとそのたちがなかはいり,りのまく+はずし,それであかしのはこ+おおう。  それにアザラシのかわおおいをけ,そのうえあおいろいちまいぬのひろげ,はこはこぼう+をはめる。  また,そなえのパンのしょくたく+うえあおいろぬのひろげ,そのうえに,さらさかずきはちものささもののためのみずしを+。いつもささげるパン+はそこにいたままにすべきである。  それらのうえいろ*ぬのひろげ,それをアザラシのかわおおいでおおい,しょくたくはこぼう+をはめる。  あおいろぬのって,かりのためのランプだい+を,ランプ+しんつまみ*えかす+,ランプに使つかあぶらものすべてといっしょおおう。 10  それをすべてのいっしょにアザラシのかわおおいでつつみ,それをはこだいうえく。 11  また,きんさいだん+うえあおいろぬのひろげ,それをアザラシのかわおおいでおおい,さいだんはこぼう+をはめる。 12  せいなるしょでのほうにいつも使つかすべての+って,あおいろぬのれ,アザラシのかわおおいでおおい,それをはこだいうえく。 13  さいだん+からはい*のぞき,そのうえむらさきようもうぬのひろげる。 14  そのうえに,さいだんでのほう使つかすべてのく。すみれ,にくし,シャベル,はちなど,さいだんすべてのである+。そのうえにアザラシのかわおおいをひろげ,さいだんはこぼう+をはめる。 15  アロンとそのたちは,宿しゅくえいたたんでしゅっぱつするときに,せいなるしょせいなるしょすべてのひんとをおおえていなければならない+。その,コハトのたちがなかはいってそれらをはこ+。しかし,せいなるしょれてはならない。ぬことのないためである+じょうかいけんてんまくかんけいするコハトのたちのつと*である。 16  さいであるアロンのエレアザル+は,かりのあぶら+かおたかこう+こくもつささものそそあぶら*+ついてかんとくするせきにんがある。せいなるしょとそのをはじめ,まくぜんたいとそのなかすべてのものかんとくする」。 17  エホバはモーセとアロンにさらにこうはなした。 18  「コハトぞく+がレビぞくなかからのぞかれるようなことがあってはならない。 19  コハトぞくのためにこのことをおこなって,かれらがつづけ,きわめてせいなるものにちかづいてぬことがないようにしなさい+。アロンとそのたちがなかはいり,それぞれにほうはこものとをてる。 20  コハトぞくは,なかはいっていっしゅんでもせいなるものをてはならない。ぬことのないためである+」。 21  エホバはモーセにはなした。 22  「ゲルションのたち+について,ちちかたいえごとに,ぞくごとにじんこう調ちょうをすべきである。 23  30さいじょう50さいまんで,かいけんてんまくほうするグループのすべてのひととうろくする。 24  ゲルションぞくれやうんぱんてられるものは,とおりである+ 25  かれらがはこぶのは,まくぬの+かいけんてんまくぬの,そのおおい,そのうえけるアザラシのかわおお+かいけんてんまくぐちまく+ 26  にわよこまく+まくさいだんかこにわぐちまく+つなすべてのまくほう使つかすべてのものである。これがかれらのごとである。 27  ゲルションぞく+すべてのほうはこは,アロンとそのたちがかんとくすべきである。これらのすべてのかれらにてる。 28  じょうが,かいけんてんまくでゲルションぞくおこなほうであり+さいアロンのイタマルのもとつとめをたす+ 29  メラリのたち+について,ちちかたいえごとに,ぞくごとにとうろくする。 30  30さいじょう50さいまんで,かいけんてんまくほうするグループのすべてのひととうろくする。 31  メラリのたちはかいけんてんまくでのほうかんけいしてものはこせきにんがある+まくわく+よこ+はしら+だい+ 32  しゅうにわはしら+,そのだい+くい+つなすべてのぞくひん。そしてかんけいするほうがある。あなたたちはまえげて,かれらがはこせきにんがあるものてる。 33  これが,さいアロンのイタマルのもと+,メラリのたちのぞく+かいけんてんまくおこなほうである」。 34  モーセとアロンとたみちょうたち+は,コハトぞくたち+を,ぞくごとに,ちちかたいえごとにとうろくした。 35  30さいじょう50さいまんで,かいけんてんまくほうするグループのすべてのひとである+ 36  ぞくごとにとうろくされたひとそうすうは2750にんだった+ 37  これらがコハトにぞくするぞくのうちとうろくされたひとで,ぜんいんかいけんてんまくつかえるひとである。モーセとアロンが,モーセをとおしてあたえられたエホバのしたがってとうろくした+ 38  ゲルションのたち+が,ぞくごとに,ちちかたいえごとにとうろくされた。 39  30さいじょう50さいまんで,かいけんてんまくほうするグループのすべてのひとである。 40  ぞくごとに,ちちかたいえごとにとうろくされたひとそうすうは2630にんだった+ 41  これらがゲルションのたちのぞくとうろくされたひとで,ぜんいんかいけんてんまくつかえるひとである。モーセとアロンがエホバのしたがってとうろくした+ 42  メラリのたちが,ぞくごとに,ちちかたいえごとにとうろくされた。 43  30さいじょう50さいまんで,かいけんてんまくほうするグループのすべてのひとである+ 44  ぞくごとにとうろくされたひとは3200にんだった+ 45  これらがメラリのたちのぞくとうろくされたひとたちで,モーセとアロンが,モーセをとおしてあたえられたエホバのしたがってとうろくした+ 46  モーセとアロンとイスラエルのちょうたちがこれらのレビぞくを,ぞくごとに,ちちかたいえごとにとうろくした。 47  30さいじょう50さいまんひとたちで,ぜんいんかいけんてんまくかんけいするほううんぱんてられた+ 48  とうろくされたひとそうすうは8580にんだった+ 49  モーセをとおしてあたえられたエホバのしたがって,それぞれてられたほうになもとづいてとうろくされた。エホバがモーセにめいじたとおりにとうろくされた。

脚注

または,「赤い」。
または,「火箸」。
犠牲にした動物の脂が染み込んだ灰のこと。
直訳,「荷」。
用語集の「油を注ぐ」参照。

注釈

メディア