民数記 31:1-54

31  エホバはモーセにげた。  「イスラエルじんのためにミディアンじん+ふくしゅうしなさい+。その,あなたはんでせんたちとともよこたわる+」。  モーセはたみはなした。「みなさんのなかからひとびとえらんでミディアンとたたかうため*そうをさせ,ミディアンにたいするエホバのふくしゅうおこないなさい。  イスラエルのかくぞくから1000にんずつぐんたいすように」。  そこで,イスラエルのおおぜいひと+のうちかくぞくから1000にんてられ,1まん2000にんたたか*そうをした。  モーセは,かくぞくから1000にんずつへいおくした。エレアザルのぐんたいどうこうするさいピネハス+いっしょだった。ピネハスは,せいなるあいのラッパ+っていた。  かれらは,エホバがモーセにめいじたとおりミディアンとたたかい,だんせいぜんいんころした。  ころされたひとなかには,ミディアンのおうたち,すなわちエビ,レケム,ツル,フル,レバというミディアンの5にんおうがいた。ベオルのバラム+つるぎころされた。  とはいえイスラエルじんは,ミディアンのじょせいどもりょとしてった。また,ミディアンのすべてのちくすべてのしょゆうぶつうばった。 10  そして,ミディアンじんていじゅうしていたすべてのまち宿しゅくえい*いた。 11  イスラエルじんは,ひとどうぶつすべてのせんひんりゃくだつひんれた。 12  そして,りょりゃくだつひんせんひんを,モーセとさいエレアザルとイスラエルじんかいしゅうところはこんできた。宿しゅくえいは,ヨルダンがわちかく,エリコのかいのモアブのばくへいげん+にあった。 13  モーセとさいエレアザルとたみちょうたちぜんいんは,宿しゅくえいそとまでむかえにた。 14  ところがモーセは,せんとうたいにんめいされたひとたち,ぐんえんせいからもどったせんにんちょうひゃくにんちょうたいしていきどおった。 15  モーセはった。「じょせいみなかしておいたのですか。 16  なさい,このじょせいたちこそ,バラムのことうながされてイスラエルじんそそのかし,ペオルのけん+でエホバにたいしてちゅうじつこうをさせた+ひとたちです。そのためエホバのたみしんばつくだったのです+ 17  さあ,おとこぜんいんころし,だんせいせいかんけいったことがあるじょせいぜんいんころしなさい。 18  だんせいせいかんけいったことがないむすめかしておいてよいでしょう+ 19  みなさんは7かん宿しゅくえいそとにとどまりなさい。だれかをころしたひとや,ころされたひとれたひと+ぜんいんみなさんもりょも,3と7ぶんきよめるべきです+ 20  また,ふくかわせいひん,ヤギのでできたものもくせいひんぜんつみからきよめるべきです」。 21  さいエレアザルが,たたかいにってきたへいたちにこうった。「これはエホバがモーセにめいじたりっぽうによるほうれいです。 22  『きんぎんどうてつ,スズ,なまり 23  すなわちしょできるものぜんなかとおしなさい。それはきよくなる。ただし,きよめのみずによってもきよめる+。そして,しょできないものぜんみずなかとおしなさい。 24  あなたたちは7ふくあらってきよくなるべきである。それから宿しゅくえいはいってよい+』」。 25  エホバはモーセにこうった。 26  「さいエレアザルとたみちょう*たちといっしょに,らえたひとどうぶつりょうほうかぞえ,りゃくだつひんもくろくつくりなさい。 27  りゃくだつひんを2つにけ,たたかいにくわわったへいぶんたみのこりのひとたちのぶんとするように+ 28  エホバへのぜいとして,たたかいにったへいたちから,ひとうし,ロバ,ひつじについて500ぶんの1*る。 29  かれらにあたえるはんぶんなかからそれをり,さいエレアザルにわたしてエホバへのしんぶつとすべきである+ 30  のイスラエルじんあたえるはんぶんからは,ひとうし,ロバ,ひつじ,あらゆるちくについて50ぶんの1をり,エホバのまくかんけいするつとめをたす+レビぞくわたすべきである+」。 31  モーセとさいエレアザルは,エホバがモーセにめいじたとおりにした。 32  せんひん,すなわちえんせいったひとびとりゃくだつしたもののこりはつぎとおりである。ひつじ67まん5000びき 33  うし7まん2000とう 34  ロバ6まん1000とう 35  だんせいせいかんけいったことがないじょせい+は3まん2000にんだった。 36  たたかいにったひとたちがけるぶんであるはんぶんは,ひつじについて33まん7500ぴきとなり, 37  そのうちエホバへのぜいは675ひきとなった。 38  うしは3まん6000とうで,エホバへのぜいは72とうだった。 39  ロバは3まん500とうで,エホバへのぜいは61とうだった。 40  ひとは1まん6000にんで,エホバへのぜいは32にんだった。 41  モーセは,ぜいをエホバへのしんぶつとしてさいエレアザルにわたした+。エホバがモーセにめいじたとおりである。 42  イスラエルじんのものとなるはんぶん,すなわちたたかったひとたちのものとはべつにしたぶんは,つぎとおりである。 43  ひつじ33まん7500ぴき 44  うし3まん6000とう 45  ロバ3まん500とう 46  ひと1まん6000にん 47  モーセは,イスラエルじんのものとなるはんぶんから,ひとどうぶつについて50ぶんの1をり,エホバのまくつとめをたす+レビぞくわたした+。エホバがモーセにめいじたとおりである。 48  せんにんたい+にんめいされたひとたち,せんにんちょうひゃくにんちょうがモーセのところて, 49  こうった。「へいかぞえ,ぜんいんであることをかくにんいたしました+ 50  ですから,かくつけたもの,すなわちきんぶっぴんあしくびかざり,うでにんいんゆびみみなどのそうしょくひんをエホバへのささものとしてさせてください。エホバのまえわたしたちしんのためにしょくざいおこなうためです」。 51  モーセとさいエレアザルは,かれらからきんを,そうしょくひんぜんった。 52  せんにんちょうひゃくにんちょうがエホバにささげたしんぶつきんぜんで190キロとなった。 53  へいたちはそれぞれぶんのためにりゃくだつひんれていた。 54  モーセとさいエレアザルは,せんにんちょうひゃくにんちょうからきんってかいけんてんまくなかっていき,エホバがしてくださったことをイスラエルのたみおもこす*ようにした。

脚注

または,「に対する軍隊」。
または,「軍隊」。
または,「壁で囲まれた宿営」。
または,「父方の家の頭」。
または,「500ごとに1つの命」。ヘブライ語,ネフェシュ。用語集参照。
もしかすると,「イスラエルの民がエホバに思い起こされる」。

注釈

メディア