民数記 27:1-23

27  ツェロフハドの娘たち+が近づいてきた。ツェロフハドは,マナセの子マキルの子であるギレアデの子ヘフェルの子で,ヨセフの子マナセに属する氏族の人だった。娘たちの名前は,マフラ,ノア,ホグラ,ミルカ,ティルツァである。  娘たちは,会見の天幕の入り口で,モーセと祭司エレアザルと長たち+と民全員の前に立って,こう言った。  「父は荒野で死にましたが,コラの支持者,エホバに逆らった集団の1人ではありませんでした+。自分の罪のために死んだのです。そして,息子がいませんでした。  息子がいなかったからといって,どうして父の名前が氏族から消えてよいでしょうか。父の兄弟たちと同じく私たちにも所有地を与えてください」。  モーセは彼女たちの訴えをエホバの前に提出した+  エホバはモーセにこう言った。  「ツェロフハドの娘たちは正しい。彼女たちに,父の兄弟たちと同じく相続地として所有地をぜひとも与えるべきである。父が受ける分を渡しなさい+  イスラエル人に告げなさい。『人が死んで息子がいない場合,相続地は娘に渡さなければならない。  娘もいなければ,相続地はその人の兄弟に与える。 10  兄弟もいなければ,相続地はその人の父の兄弟に与える。 11  その人の父に兄弟がいなければ,相続地は氏族の中で一番近い肉親に与え,その人が所有する。この法規はイスラエル人のための法令となる。エホバがモーセに命じた通りである』」。 12  エホバはモーセに言った。「アバリムのあの山+に登り,私がイスラエル人に与える土地を見なさい+ 13  あなたはそこを見てから,死んで先祖たちと共に横たわる+。あなたの兄弟アロンと同様である+ 14  あなたたちは,チンの荒野で民が私に不平を言った時,水に関して民の前で私を神聖なものとするようにという指示に背いたからである+。チンの荒野+にあるカデシュ+のメリバの水+のことである」。 15  モーセはエホバに言った。 16  「全ての人に命を与える神エホバが,民の上に立つ1人の男性を任命してくださいますように。 17  民の先頭に立つ人,民を率いて出入りする人です。エホバの民が羊飼いのいない羊のようにならないためです」。 18  エホバはモーセに言った。「健全な精神を持つ,ヌンの子ヨシュアを選び,彼に手を置きなさい+ 19  そして彼を祭司エレアザルと民全員の前に立たせ,皆の目の前で彼を指導者に任命しなければならない+ 20  あなたの権威*の一部を彼に授けなさい+。イスラエル人の民全員が彼の言うことを聞くためである+ 21  ヨシュアは祭司エレアザルの前に立ち,エレアザルが彼のためにエホバに尋ね,ウリムによって判断を知る+。皆,指示を受けて出ていき,指示を受けて入ってくる。ヨシュア,彼と一緒にいるイスラエル人全員,民全員がそうする」。 22  モーセはエホバに命じられた通りにした。ヨシュアを選び,祭司エレアザルと民全員の前に立たせ, 23  手を置いて彼を指導者に任命した+。エホバがモーセを通して告げた通りである+

脚注

または,「栄誉」。

注釈

メディア