民数記 26:1-65

26  神罰+の後,エホバはモーセと祭司であるアロンの子エレアザルに言った。  「イスラエル人の民全体の人口調査を行い,父方の家ごとに,イスラエルで兵役に就くことができる20歳以上の人全員を数えなさい+」。  モーセと祭司エレアザル+は,ヨルダン川のそば,エリコ+の向かいのモアブの砂漠平原+で民に話した。  「エホバがモーセに命じた通り,20歳以上の人の人口調査を行いなさい+」。 エジプトを出たイスラエルの子たちは以下の通りだった。  イスラエルの長男ルベン+。ルベンの子たち+は,ハノクからハノク氏族,パルからパル氏族,  ヘツロンからヘツロン氏族,カルミからカルミ氏族。  これらがルベン族の氏族で,登録された人は4万3730人となった+  パルの子はエリアブ。  エリアブの子はネムエル,ダタン,アビラム。このダタンとアビラムは民の選ばれた人で,コラたち+と一緒にモーセとアロンに逆らった+。エホバに逆らったのである+ 10  その時,大地が開いて彼らをのみ込んだ。コラは,火が250人を焼き尽くした+時に,支持者と共に死んだ。彼らに起きたことは警告となっている+ 11  しかし,コラの子たちは死ななかった+ 12  シメオン+の子たちは氏族ごとに,ネムエルからネムエル氏族,ヤミンからヤミン氏族,ヤキンからヤキン氏族, 13  ゼラハからゼラハ氏族,シャウルからシャウル氏族。 14  これらがシメオン族の氏族で,2万2200人だった+ 15  ガド+の子たちは氏族ごとに,ツェフォンからツェフォン氏族,ハギからハギ氏族,シュニからシュニ氏族, 16  オズニからオズニ氏族,エリからエリ氏族, 17  アロドからアロド氏族,アルエリからアルエリ氏族。 18  これらがガドの子たちの氏族で,登録された人は4万500人だった+ 19  ユダ+の子はエルとオナン+。しかし,エルとオナンはカナン地方で死んだ+ 20  ユダの子たちは氏族ごとに,シェラ+からシェラ氏族,ペレツ+からペレツ氏族,ゼラハ+からゼラハ氏族。 21  ペレツの子たちは,ヘツロン+からヘツロン氏族,ハムル+からハムル氏族。 22  これらがユダ族の氏族で,登録された人は7万6500人だった+ 23  イッサカル+の子たちは氏族ごとに,トラ+からトラ氏族,プワからプニ氏族, 24  ヤシュブからヤシュブ氏族,シムロンからシムロン氏族。 25  これらがイッサカル族の氏族で,登録された人は6万4300人だった+ 26  ゼブルン+の子たちは氏族ごとに,セレドからセレド氏族,エロンからエロン氏族,ヤフレエルからヤフレエル氏族。 27  これらがゼブルン族の氏族で,登録された人は6万500人だった+ 28  ヨセフ+の子たちは氏族ごとに,マナセとエフライム+ 29  マナセ+の子たちは,マキル+からマキル氏族。マキルの子はギレアデ+で,ギレアデからギレアデ氏族。 30  ギレアデの子たちは,イエゼルからイエゼル氏族,ヘレクからヘレク氏族, 31  アスリエルからアスリエル氏族,シェケムからシェケム氏族, 32  シェミダからシェミダ氏族,ヘフェルからヘフェル氏族。 33  ヘフェルの子ツェロフハドには息子がなく娘しかいなかった+。ツェロフハド+の娘たちの名前はマフラ,ノア,ホグラ,ミルカ,ティルツァだった。 34  これらがマナセ族の氏族で,登録された人は5万2700人だった+ 35  エフライム+の子たちは氏族ごとに,シュテラハ+からシュテラハ氏族,ベケルからベケル氏族,タハンからタハン氏族。 36  シュテラハの子たちは,エランからエラン氏族。 37  これらがエフライムの子たちの氏族で,登録された人は3万2500人だった+。以上が,氏族ごとに挙げたヨセフの子たちである。 38  ベニヤミン+の子たちは氏族ごとに,ベラ+からベラ氏族,アシュベルからアシュベル氏族,アヒラムからアヒラム氏族, 39  シェフファムからシュファム氏族,フファムからフファム氏族。 40  ベラの子はアルデとナアマン+で,アルデからアルデ氏族,ナアマンからナアマン氏族。 41  これらが氏族ごとに挙げたベニヤミンの子たちで,登録された人は4万5600人だった+ 42  ダン+の子たちは氏族ごとに,シュハムからシュハム氏族。これが氏族ごとに挙げたダン族の氏族だった。 43  シュハム氏族に属する全ての氏族の登録された人は6万4400人だった+ 44  アシェル+の子たちは氏族ごとに,イムナからイムナ氏族,イシュビからイシュビ氏族,ベリアからベリア氏族。 45  ベリアの子たちのうち,ヘベルからヘベル氏族,マルキエルからマルキエル氏族。 46  アシェルの娘の名前はセラハだった。 47  これらがアシェルの子たちの氏族で,登録された人は5万3400人だった+ 48  ナフタリ+の子たちは氏族ごとに,ヤフツェエルからヤフツェエル氏族,グニからグニ氏族, 49  イエツェルからイエツェル氏族,シレムからシレム氏族。 50  これらが氏族ごとに挙げたナフタリ族の氏族で,登録された人は4万5400人だった+ 51  イスラエル人の登録された人の総数は60万1730人になる+ 52  その後エホバはモーセに言った。 53  「この人たちの間で,名前の一覧表に従って*土地を分け,相続していく土地とするべきである+ 54  大人数であれば,相続していく土地を多くし,小人数であれば,少なくすべきである+。それぞれ,登録された人の数に比例して与えられるべきである。 55  ただし,くじによって土地を配分し+,民は父の部族の名前に従って土地を得るべきである。 56  土地はくじの結果に基づいて,大きな部族にも小さな部族にも配分される」。 57  レビ族+の登録された人は氏族ごとに,ゲルションからゲルション氏族,コハト+からコハト氏族,メラリからメラリ氏族。 58  レビ族の氏族を挙げると,リブニ氏族+,ヘブロン氏族+,マフリ氏族+,ムシ氏族+,コラ氏族+ コハトの子はアムラム+ 59  アムラムの妻はヨケベド+といい,レビの娘で,エジプトでレビに生まれた。彼女はアムラムに,アロン,モーセ,彼らの姉ミリアム+を産んだ。 60  アロンには,ナダブ,アビフ,エレアザル,イタマルが生まれた+ 61  しかしナダブとアビフは,許可されていない火をエホバの前に差し出したために死んだ+ 62  登録された人の総数は2万3000人で,生後1カ月以上の男性全員である+。レビ族はイスラエル人の中には登録されなかった+。イスラエル人の間で彼らに土地は与えられないことになっていたからである+ 63  以上が,ヨルダン川のそば,エリコの向かいのモアブの砂漠平原でモーセと祭司エレアザルがイスラエル人を登録した際に登録された人たちである。 64  しかし,この中に,シナイの荒野でモーセと祭司アロンがイスラエル人の人口調査を行った際に登録された人はいなかった+ 65  エホバはその人たちについて,「必ず荒野で死ぬ+」と言っていた。そのため,エフネの子カレブとヌンの子ヨシュア以外は,誰も残っていなかった+

脚注

または,「記された名前の数に応じて」。

注釈

メディア