民数記 25:1-18

25  イスラエルがシッテム+に住んでいた時,民はモアブの娘たちと性的に不道徳な行為をし始めた+  女性たちは,自分たちの神々に犠牲を捧げる時に民を誘い+,民は食べたり神々にひれ伏したりするようになった+  イスラエルはペオルのバアル+の崇拝に加わり*,エホバはイスラエルに激怒した。  エホバはモーセに言った。「この人々の指導者を全員捕らえて処刑し,真昼にエホバの前で杭に掛けなさい。エホバの燃える怒りがイスラエルから離れるためである」。  モーセはイスラエルの裁判人たち+に言った。「それぞれ,ペオルのバアルの崇拝に加わった*この男たちを殺しなさい+」。  ちょうどその時,1人のイスラエル人がミディアン人女性+を兄弟たちの近くに連れてきた。それはモーセとイスラエル人の民全員の目の前であり,民は会見の天幕の入り口で泣き悲しんでいた。  祭司であるアロンの子エレアザルの子ピネハス+はそれを見ると,すぐに民の中から立ち上がり,やりを手に取った。  そして,そのイスラエルの男性の後を追って天幕に入り,2人を突き刺した。そのイスラエルの男性とその女性の生殖器とを刺し通したのである。すると,イスラエル人に対する神罰はやんだ+  神罰で死んだ人は2万4000人に上った+ 10  エホバはモーセに言った。 11  「祭司であるアロンの子エレアザルの子ピネハス+は,私の憤りを民から遠ざけた。イスラエルの民の間で私に対抗するものを一切容認しなかったのである+。それで私は,全くの専心を求めて+イスラエル人を根絶やしにすることはしなかった。 12  そこで,こう言いなさい。『私は平和の契約を彼と結ぶ。 13  それは,彼と彼の子孫にとって,ずっと続く祭司職の契約となる+。ピネハスが自分の神に対抗するものを容認せず+,イスラエルの民のために贖罪を行ったからである』」。 14  ところで,ミディアンの女性と一緒に殺されたイスラエル人男性はジムリといい,サルの子で,シメオン族の家長*だった。 15  殺されたミディアン人女性はコズビといい,ツル+の娘だった。ツルは,ミディアン+で父の氏族の指導者だった。 16  その後エホバはモーセに言った。 17  「ミディアン人を攻めて,倒しなさい+ 18  彼らは,ペオルの件+,またその件で神罰が下された日+に殺されたミディアンの長の娘コズビの件+で,ずる賢く行動してあなたたちを苦しめているからである」。

脚注

または,「を慕い」。
または,「を慕った」。
または,「父方の家の長」。

注釈

メディア