民数記 23:1-30

23  バラムはバラクに言った。「ここに祭壇を7つ作り+,雄牛7頭と雄羊7匹を用意してください」。  バラクはすぐバラムが言った通りにした。バラクとバラムは各祭壇で雄牛と雄羊を捧げた+  バラムはバラクに言った。「全焼の捧げ物のそばにいてください。私は行ってきます。エホバは私と接触を持つかもしれません。何でも神が明らかにしてくださることをあなたに話します」。バラムは不毛の丘に行った。  神が接触を持ち,バラム+は神に言った。「私は7つの祭壇を並べて,各祭壇で雄牛と雄羊を捧げました」。  エホバは,話すべき言葉をバラムに伝えて+,こう言った。「バラクの所に戻りなさい。このことをあなたは話すべきである」。  戻ると,バラクとモアブの全ての高官たちは全焼の捧げ物のそばに立っていた。  バラムは格言的な詩を述べた+ 「モアブの王バラクが私をアラム+から,東の山々から連れてきた。『ぜひ来て,私のためにヤコブに災いがあるよう願い求めよ。来て,イスラエルを糾弾せよ+』と。   神が災いを宣告していない人たちへの災いをどうして願い求められるだろうか。エホバが糾弾していない人たちをどうして糾弾できるだろうか+   私は岩の頂上から彼らを見,丘から彼らを見る。彼らは1つの民として自分たちだけで住む+自分たちは他の国民とは違うと考えている+ 10  誰が,砂のような多さのヤコブを数えられるか+イスラエルの4分の1をさえ数えられるか。私は正直者として死に,彼らのように終わりを迎えよう」。 11  バラクはバラムに言った。「何ということをしてくれたのですか。敵への災いを願うためにお連れしたのに,ひたすら彼らへの祝福を願われました+」。 12  バラムは答えた。「私は,何でもエホバが伝えてくださる言葉を話すべきではありませんか+」。 13  バラクは言った。「どうか,彼らが見える別の場所に一緒に来てください。彼らの一部だけが見えて,全ては見えません。私のためにそこから彼らへの災いを願い求めてください+」。 14  そしてバラムをツォフィムの野原,ピスガの頂上+に連れていき,祭壇を7つ作って各祭壇で雄牛と雄羊を捧げた+ 15  バラムはバラクに言った。「私があちらで神と接触を持つ間,全焼の捧げ物のそばにいてください」。 16  エホバはバラムと接触を持ち,話すべき言葉を伝えて+,こう言った。「バラクの所に戻りなさい。このことをあなたは話すべきである」。 17  バラムが戻ると,バラクは全焼の捧げ物のそばで待っており,モアブの高官たちも一緒にいた。バラクは,「エホバは何と言いましたか」と尋ねた。 18  バラムは格言的な詩を述べた+ 「立て,バラク,そして耳を傾けよ。聞け,チッポルの子。 19  神は,偽りを語る人間のようではなく+考えを変える*人のようでもない+神は何かを言ったら,それを行うのではないか。語ったら,それを実行するのではないか+ 20  私は祝福を願うために連れてこられた。神は祝福した+。私がそれを覆すことはできない+ 21  神はヤコブに対する魔力の行使を容認せず,イスラエルに災難が降り掛かるのを許さない。エホバ神は彼らと共におり+彼らの間で王として熱烈に称賛される。 22  神は,彼らをエジプトから連れ出していく+彼らにとって野牛の角のようである+ 23  ヤコブに対する不吉なしるしはなく+イスラエルに対する悪い占いもない+今,ヤコブとイスラエルに関して言える。『神がしたことを見よ』と。 24  民がライオンのように起き上がり,ライオンのように身を起こす+獲物を食い,殺された動物の血を飲むまで,民は横たわらない」。 25  バラクはバラムに言った。「あなたが彼らへの災いを願えないのであれば,祝福も願うべきではありません」。 26  バラムは答えた。「『私はエホバが話すことを全て行います+』と言わなかったでしょうか」。 27  バラクはバラムに言った。「どうか来てください。もう1つの場所にお連れしましょう。私のためにそこから彼らへの災いを願うのは正しいことだと,真の神から見なされるかもしれません+」。 28  バラクはエシモン*+に面するペオルの頂上にバラムを連れていった。 29  バラムはバラクに言った。「ここに祭壇を7つ作り,雄牛7頭と雄羊7匹を用意してください+」。 30  バラクはバラムが言った通りにし,各祭壇で雄牛と雄羊を捧げた。

脚注

または,「後悔する」。
もしかすると,「砂漠」,「荒野」。

注釈

メディア