民数記 22:1-41

22  イスラエルじんしゅっぱつし,モアブのばくへいげん宿しゅくえいした。そこはヨルダンがわはさんでエリコ+たいがんである。  チッポルのバラク+は,イスラエルがアモリじんおこなったすべてのことをった。  モアブじんはイスラエルじんじょうおそれるようになった。かずおおかったからである。モアブじんきょうけんかんじるのだった+  モアブじんはミディアン+ちょうろうたちにった。「いまにこのぐんしゅうは,うしはらくさくすようにしてわたしたちのしゅうのものをすべくしてしまうだろう」。 チッポルのバラクはそのときモアブのおうだった。  バラクはペトルにいるベオルのバラム+使しゃおくった。そこはかれまれたながれるかわ*ちかくだった。バラクはバラムをんで,こうった。「てください,あるたみがエジプトからてきました。てください,かれらはじょうおおってしまい+わたしまえんでいます。  どうかて,わたしのためにこのたみわざわいがあるようねがもとめてください+かれらはわたしよりきょうだいなのです。もしかしたら,わたしかれらをやぶってこのからはらえるかもしれません。わたしつぎのことをよくっているからです。あなたが,あるひとへのしゅくふくねがうとそのひとしゅくふくけ,わざわいをねがうとそのひとわざわいをけるのです」。  モアブのちょうろうたちとミディアンのちょうろうたちはうらないのしゃれいたずさえてたびをし,バラム+のもとにって,バラクのことつたえた。  バラムはそのひとたちにった。「こんはここにまってください。エホバがわたしげることつたえにもどってきます」。モアブのこうかんたちはバラムのところにとどまった。  かみはバラムのところて,った+。「あなたのところにいるこのひとたちはだれか」。 10  バラムはしんかみった。「モアブのおうでチッポルのであるバラクが使しゃつかわし,こうってきました。 11  『てください,エジプトからてきているたみじょうおおっています。て,わたしのためにかれらにわざわいがあるようねがもとめてください+。もしかしたらわたしかれらとたたかってはらえるかもしれません』」。 12  かみはバラムにった。「そのひとたちといっしょってはいけない。あのたみへのわざわいをねがってはいけない。かれらはしゅくふくされているからだ+」。 13  バラムはあさきて,バラクにつかえるこうかんたちにった。「くにもどってください。エホバは,わたしがあなたがたいっしょくことをゆるしませんでした」。 14  モアブのこうかんたちはっていき,バラクのもとにもどって,「バラムはいっしょることをことわりました」とった。 15  バラクはふたたこうかんたちをつかわした。まえよりおおにんずうで,さらにくらいたかひとたちである。 16  そのひとたちがバラムのところて,った。「チッポルのバラクはこのようにもうしました。『どうか,ぜひともおいでください。 17  わたしはあなたにおおきなえいあたえ,あなたがわれることをなんでもいたします。ですから,どうかおいでください。わたしのためにこのたみわざわいがあるようねがもとめてください』」。 18  しかし,バラムはバラクのらいたちにこうこたえた。「たとえバラクがぎんきんでいっぱいのかれいえあたえてくれるとしても,わたしことだいしょうにかかわらず,わたしかみエホバのそむくことはなにおこなえません+ 19  でもあなたがたも,どうぞこんはここにとどまってください。そうしたら,わたしはエホバがさらにげることをくことができます+」。 20  かみよるにバラムのところて,った。「このひとたちがあなたをびにたのであれば,いっしょきなさい。ただし,はなしてよいのは,わたしがあなたにげることだけである+」。 21  バラムはあさきてロバにくらをき,モアブのこうかんたちといっしょけた+ 22  ところが,バラムがけたためにかみいかりがえ,エホバのてん使かれかせまいとしてどうった。バラムはロバにり,じゅうしゃ2人ふたりれていた。 23  ロバは,エホバのてん使つるぎいてどうっているのをて,どうからわきにそれようとした。しかしバラムは,ロバをどうもどそうとしてたたきはじめた。 24  すると,エホバのてん使はブドウえんあいだせまみちった。りょうがわいしへいがあった。 25  ロバはエホバのてん使て,からだへいけたので,バラムのあしへいけられた。それでバラムはまたロバをたたきはじめた。 26  エホバのてん使ふたたびそばをとおぎて,みぎにもひだりにもよけられないせましょった。 27  ロバはエホバのてん使て,バラムをせたままうずくまった。バラムはげきし,ロバをつえでたたきつづけた。 28  ついにエホバはロバがはなせるようにした*+。ロバはバラムにった。「わたしなにをしたので,3もたたくのですか+」。 29  バラムはロバにこたえた。「おまえがわたしをばかにしたからだ。つるぎっていれば,おまえをころしてやるのに」。 30  ロバはバラムにった。「わたしは,今日きょうまであなたがずっとってこられたロバではありませんか。わたしいままで,あなたにこんなふうにしたことがあったでしょうか」。バラムは,「いや,ない」とこたえた。 31  エホバがバラムのひらくと+,バラムにも,エホバのてん使つるぎいてどうっているのがえた。バラムはすぐにをかがめてひれした。 32  エホバのてん使はバラムにった。「どうしてロバを3もたたいたのですか。わたしはあなたをかせまいとしててきたのです。あなたのみちわたしはんしているからです+ 33  このロバはわたして,3もよけようとしました+。よけようとしていなかったら,どうでしょうか。わたしはあなたをころして,ロバはかしておいたでしょう」。 34  バラムはエホバのてん使った。「わたしつみおかしました。あなたがどうってはばんでおられることをらなかったのです。くのがくないようでしたら,わたしかえします」。 35  エホバのてん使はバラムにった。「このひとたちといっしょきなさい。ただし,はなしてよいのは,わたしがあなたにげることだけです」。バラムはそのまま,バラクにつかえるこうかんたちとった。 36  バラクは,バラムがたことをくと,モアブのまちむかえるためただちにていった。アルノンのたにかわぎしりょうきょうかいにあるまちである。 37  バラクはバラムにった。「使しゃつかわしておまねきしませんでしたか。どうしててくださらなかったのですか。わたしがあなたにおおきなえいあたえることができないとおもわれたのですか+」。 38  バラムはこたえた。「わたしいまあなたのところています。しかし,わたしかたることをゆるされるでしょうか。かみつたえてくださることしかはなせません+」。 39  バラムはバラクといっしょけ,キルヤト・フツォトにた。 40  バラクはうしひつじせいとしてささげ,そのいちをバラムおよびかれともにいたこうかんたちにわたした。 41  あさになると,バラクはバラムをれていき,バモト・バアルにのぼらせた。そこからたみすべてをることができた+

脚注

ユーフラテス川と考えられる。
直訳,「の口を開いた」。

注釈

メディア