民数記 21:1-35

21  カナンじんでネゲブにむアラドのおう+は,イスラエルがアタリムをとおってやってたことをき,イスラエルをこうげきして,なんにんかをりょとしてった。  イスラエルはエホバにせいやくをしてこうった。「このたみわたしわたしてくださるなら,かならかれらのまちほろぼしくします」。  エホバはイスラエルのこえみみかたむけ,そのカナンじんたちをわたした。イスラエルはかれらとかれらのまちほろぼしくした。それで,そのしょはホルマ*+けられた。  たみはホルさん+からのたびつづけ,エドムほうとおけずに+こうかいみちすすみ,たびのためにつかてた。  たみかみとモーセをなんなん+,こうった。「どうしてわたしたちをエジプトからしてこうなせるのか。ものみずもない+わたしたちはこのひんじゃくなパンにうんざりした*+」。  エホバはたみなかどくへび*おくり,へびたみつぎつぎにかんだので,おおくのイスラエルじんんだ+  たみはモーセのところて,った。「わたしたちはエホバとあなたをなんして,つみおかしました+へびのぞいてくださるよう,エホバにいのってください」。モーセはたみのためにいのった+  エホバはモーセにった。「どくへび*ふくせいつくり,さおにけなさい。かまれたひとは,それをつづけるように」。  モーセはすぐにどうへび+つくり,さおにけた+へびにかまれてもどうへびるなら,そのひとびた+ 10  その,イスラエルじんしゅっぱつし,オボトに宿しゅくえいした+ 11  それからオボトをしゅっぱつし,イエ・アバリム,すなわちモアブにめんするとうほうこう宿しゅくえいした+ 12  そこをしゅっぱつし,ゼレドのたに*のそばに宿しゅくえいした+ 13  そこをしゅっぱつし,アルノン+いき宿しゅくえいした。それはアモリじんこっきょうからひろがるこうにある。アルノンのたにはモアブのきょうかいであり,モアブとアモリじんとのあいだにある。 14  そのため,「エホバのたたかいのしょ」でこうわれている。「スファのワヘブとアルノンのたに* 15  そのたに*ながれ。それはアルというしょかい,モアブのこっきょうせっする」。 16  つぎにベエルにすすんだ。これは,エホバがモーセに「たみあつめなさい。わたしかれらにみずあたえる」とったである。 17  そのときイスラエルはこのうたうたった。 よ,がれ! (こたえよ*!) 18  こうひとたちがり,こうひとたちがげたれいかんのつえとぶんたちのつえで」。 つぎこうからマタナにった。 19  そしてマタナからナハリエルに,ナハリエルからバモト+に, 20  バモトからモアブのりょう*にあるたに+,ピスガのちょうじょう+った。そこからはエシモン*+ろせる。 21  イスラエルは,アモリじんおうシホンに使しゃおくって,こうった+ 22  「あなたのとおらせてください。わたしたちはみちからそれてはたけやブドウえんはいったりはしません。みずみません。おうどうすすんでりょうとおけます+」。 23  ところが,シホンはイスラエルがりょうとおるのをゆるさなかった。かえってへいすべてをあつめ,こうにいるイスラエルにかっててきた。そしてヤハツにて,イスラエルとたたかはじめた+ 24  しかし,イスラエルはシホンをつるぎった+かれをアルノンのたに+からヤボクのたに+まで,アンモンじんちかくまでをれた+が,ヤゼル+えなかった。そこがアンモンじんりょうきょうかいだからである+ 25  イスラエルはそれらのまちすべてをった。そして,アモリじん+すべてのまち,ヘシュボンとしゅうへん*すべてのまちむようになった。 26  ヘシュボンはアモリじんおうシホンのだった。シホンはぜんにモアブのおうたたかって,アルノンのたにまでかれすべてのったのである。 27  そのため,つぎのようなあざけりのかくげんがある。 「ヘシュボンにい。シホンのきずかれ,しっかりえられよ。 28  がヘシュボンから,ほのおがシホンのまちからたからだ。それはモアブのアルを,アルノンのたにたかところりょうしゅたちをくした。 29  おまえにはわざわいがある,モアブ! おまえはほろぼされる,ケモシュ+たみケモシュは息子むすこたちをなんみんに,むすめたちをアモリじんおうシホンのりょにする。 30  かれらをとう。ヘシュボンはディボン+までほろびる。ノファハまでこうはいさせよう。はメデバ+までひろがる」。 31  イスラエルはアモリじんむようになった。 32  モーセはヤゼル+ていさつさせた。イスラエルじんはヤゼルしゅうへんまちり,そこにいたアモリじんはらった。 33  そのきをえてバシャンのみちのぼっていった。バシャンのおうオグ+へいすべてとともてきて,エドレイ+むかとうとした。 34  エホバはモーセにった。「かれおそれてはならない+わたしかれへいすべてとかれをあなたのわた+。あなたは,ヘシュボンにんでいたアモリじんおうシホンにしたように,かれにもしなければならない+」。 35  イスラエルじんはオグとそのたちとへい一人ひとりのこらずっていった+。こうしてかれれた+

脚注

意味,「滅ぼし尽くすこと」。
または,「を憎悪するようになった」。
または,「燃える蛇」。
または,「燃える蛇」。
または,「ワジ」。
または,「ワジ」。
または,「ワジ」。
または,「歌え」。
もしかすると,「砂漠」,「荒野」。
直訳,「野原」。
または,「それに依存する」。

注釈

メディア