民数記 2:1-34

2  エホバはモーセとアロンにはなした。  「イスラエルじんは,ぶんぶんたい*+てられたしょちちかたいえはた*ちかくに宿しゅくえいるべきである。かいけんてんまくほうかってそのしゅう宿しゅくえいする。  ほうこうであるひがしがわにグループ*ごとに宿しゅくえいするのは,ユダの宿しゅくえいふくぶんたいである。ユダのたちのちょうはアミナダブのナフション+で,  かれぐんとうろくされたひとは7まん4600にんである+  そのよこ宿しゅくえいするのは,いっぽうがわにイッサカルぞくである。イッサカルのたちのちょうはツアルのネタヌエル+で,  かれぐんとうろくされたひとは5まん4400にんである+  もういっぽうがわにゼブルンぞくである。ゼブルンのたちのちょうはヘロンのエリアブ+で,  かれぐんとうろくされたひとは5まん7400にんである+  ユダの宿しゅくえいぐんたいとうろくされたひとごうけい18まん6400にんである。さいしょしゅっぱつすべきである+ 10  ルベン+宿しゅくえいふくぶんたいみなみがわに,グループ*ごとにする。ルベンのたちのちょうはシェデウルのエリツル+で, 11  かれぐんとうろくされたひとは4まん6500にんである+ 12  そのよこ宿しゅくえいするのは,いっぽうがわにシメオンぞくである。シメオンのたちのちょうはツリシャダイのシェルミエル+で, 13  かれぐんとうろくされたひとは5まん9300にんである+ 14  もういっぽうがわにガドぞくである。ガドのたちのちょうはレウエルのエルヤサフ+で, 15  かれぐんとうろくされたひとは4まん5650にんである+ 16  ルベンの宿しゅくえいぐんたいとうろくされたひとごうけい15まん1450にんである。2ばんしゅっぱつすべきである+ 17  かいけんてんまくどうするとき+,レビぞく宿しゅくえいすべての宿しゅくえいなかるべきである。 すべてのぞく宿しゅくえいるときとおなじゅんばん+,それぞれぶんたもってぶんたいごとにすすむ。 18  エフライムの宿しゅくえいふくぶんたい西にしがわに,グループ*ごとにする。エフライムのたちのちょうはアミフドのエリシャマ+で, 19  かれぐんとうろくされたひとは4まん500にんである+ 20  そのよこるのは,いっぽうがわにマナセぞく+である。マナセのたちのちょうはペダツルのガマリエル+で, 21  かれぐんとうろくされたひとは3まん2200にんである+ 22  もういっぽうがわにベニヤミンぞくである。ベニヤミンのたちのちょうはギドオニのアビダン+で, 23  かれぐんとうろくされたひとは3まん5400にんである+ 24  エフライムの宿しゅくえいぐんたいとうろくされたひとごうけい10まん8100にんである。3ばんしゅっぱつすべきである+ 25  ダンの宿しゅくえいふくぶんたいきたがわに,グループ*ごとにする。ダンのたちのちょうはアミシャダイのアヒエゼル+で, 26  かれぐんとうろくされたひとは6まん2700にんである+ 27  そのよこ宿しゅくえいするのは,いっぽうがわにアシェルぞくである。アシェルのたちのちょうはオクランのパグイエル+で, 28  かれぐんとうろくされたひとは4まん1500にんである+ 29  もういっぽうがわにナフタリぞくである。ナフタリのたちのちょうはエナンのアヒラ+で, 30  かれぐんとうろくされたひとは5まん3400にんである+ 31  ダンの宿しゅくえいとうろくされたひとごうけい15まん7600にんである。すべてのぶんたいさいしゅっぱつすべきである+」。 32  じょうが,ちちかたいえごとにとうろくされたイスラエルじんである。宿しゅくえいぐんたいのためにとうろくされたひとそうすうは60まん3550にんだった+ 33  ただし,エホバがモーセにめいじたとおり,レビぞくのイスラエルじんいっしょとうろくされることはなかった+ 34  イスラエルじんはエホバがモーセにめいじたことをすべてそのとおりにおこない,ぶんたいごとに宿しゅくえい+,またたたんだ+。それぞれぞくごとに,ちちかたいえごとにそのようにした。

脚注

または,「標識」。
1つの分隊は3つの部族で構成される。
直訳,「軍隊」。
直訳,「軍隊」。
直訳,「軍隊」。
直訳,「軍隊」。

注釈

メディア