民数記 19:1-22

19  エホバはさらにモーセとアロンにった。  「これはエホバがめいじたりっぽうによるほうれいである。『イスラエルじんげて,きずのないあかうしけっかんがなく+,くびき*ったことがないものをれてこさせなさい。  それをさいエレアザルにあたえる。エレアザルはそれを宿しゅくえいそとれていき,それはかれまえでほふられる*  さいエレアザルはそのゆびり,かいけんてんまくしょうめんけてっすぐ7かいはねばす+  うしかれまえかれる。かわにくがふんとともかれる+  さいすぎえだとヒソプ+いろぬのり,うしいているむ。  さいふくあらい,みずびる。その宿しゅくえいはいってよい。しかし,ゆうがたまでけがれたひととなる。  うしいたひとふくあらい,みずびる。ゆうがたまでけがれたひととなる。  きよひとうしはい+あつめ,宿しゅくえいそときよしょく。イスラエルじんかいしゅうは,きよめに使つかみず+のためにそれをかんすべきである。このうしつみささものである。 10  うしはいあつめたひとふくあらう。ゆうがたまでけがれたひととなる。 イスラエルじんとそのあいだんでいるがいこくじんは,ほうれいをずっとまもるべきである+ 11  んだひとれたひとは,7かんけがれたひととなる+ 12  そのひとは3きよめのみずぶんきよめるべきであり,7きよくなる。しかし,3ぶんきよめないなら,7きよくはならない。 13  んだひとからだれたのにぶんきよめないひとみな,エホバのまくけがしているのであり+,そのひとはイスラエルのなかからのぞかれなければならない+きよめのみず+けられていないので,そのひとけがれたままである。ぜんとしてけがれている。 14  ひとてんまくなかんだあいは,つぎりっぽうてきようされる。そのてんまくはいひとやそのなかにいたひとみな,7かんけがれたひととなる。 15  ふたがまっていなくてくちいていたうつわすべて,けがれている+ 16  はらで,つるぎころされたひとたいひとほねはかれたひとみな,7かんけがれたひととなる+ 17  けがれたひとのために,つみささものいてできたはいをいくらかってうつわれ,きれいなみずそそぐべきである。 18  きよひと+がヒソプ+ってそのみずひたし,そのてんまくすべてのうつわとそこにいたひとたちに,またほねころされたひとたいはかれたひとにはねける。 19  きよひとは3と7に,けがれたひとみずをはねけ,7にそのひとつみからきよめる+。そのひとふくあらい,みずびる。そしてゆうがたきよくなる。 20  しかし,けがれているのにぶんきよめないひとは,かいしゅうなかからのぞかれなければならない+。エホバのせいなるところけがしたからである。きよめのみずけられなかったので,そのひとけがれている。 21  このほうれいをずっとまもるべきである。きよめのみずをはねけるひと+ふくあらうべきであり,きよめのみずれたひとゆうがたまでけがれたひととなる。 22  けがれたひとれたものすべけがれたものとなり,それにれたひとゆうがたまでけがれたひととなる+』」。

脚注

用語集参照。
または,「殺される」。

注釈

メディア