民数記 16:1-50

16  レビ+の子コハト+の子であるイツハル+の子コラ+が,エリアブ+の子であるダタンとアビラム,およびペレトの子オン,すなわちルベン+の子孫と共に立ち上がった。  その人たちは,イスラエル人男性250人と共にモーセに対して立ち上がった。民の長で,会衆の選ばれた著名な人たちである。  モーセとアロンに逆らって+集結し,こう言った。「あなたたちにはもううんざりだ。民全体,その全員が聖なる人で+,エホバはその中にいるのだ+。それなのに,どうしてエホバの会衆の上に立とうとするのか」。  モーセはそれを聞いて,直ちにひれ伏した。  そして,コラとその支持者たちに言った。「朝になったら,エホバは,誰がご自分のものか+,聖なる人か,ご自分に近づくべきかを知らせます+。誰でも神が選ぶ人+が近づくことになります。  こうしてください。コラとその支持者の皆さん+は,香入れを取り+  明日,エホバの前でそれに炭火を入れ,香を載せてください。エホバが選ぶ人+,それが聖なる人です。レビの子たち+,皆さんはすでに度を越えています!」  モーセはコラに言った。「レビの子たち,どうか聞いてください。  イスラエルの神は皆さんをイスラエルの民から取り分けて+ご自分に近づかせ,エホバの幕屋の奉仕を行い,民の前に立って民に仕えるようにしてくださいました+。それは皆さんにとってそんなに小さなことなのですか。 10  神はあなたを,レビの子であるあなたの兄弟全員と共に近くに来させてくださったではありませんか。祭司職まで自分のものにしなければならないというのですか+ 11  ですから,あなたも,集結している支持者たちも,エホバに逆らっているのです。アロンが何者だというので彼に対して不満を口にするのですか+」。 12  その後モーセはエリアブの子であるダタンとアビラム+を呼びに行かせたが,2人はこう言った。「私たちは行かない! 13  あなたは私たちを非常に肥沃な土地*から連れ出して荒野で死なせようとしている+,これはそんなに小さなことか。しかも,私たちの上に君臨しよう*としているではないか。 14  だが,あなたは非常に肥沃な土地*+連れていってくれてもいないし,畑やブドウ園を所有地として与えてくれてもいない。この人たちの目をえぐり取ろうというのか。私たちは行かない!」 15  モーセは非常に怒り,エホバに言った。「彼らの穀物の捧げ物には目を向けないでください。私は彼らからロバ1頭も取り上げたことはなく,彼らのうちの誰かを傷つけたこともありません+」。 16  モーセはコラに言った。「あなたと支持者の皆さんは,明日エホバの前に出てください。あなたたちとアロンが出ます。 17  各自,自分の香入れを取って,その上に香を置くべきです。そして香入れをエホバの前に差し出します。250個の香入れです。あなたとアロンも,それぞれ香入れを持っていきます」。 18  彼らは一人一人,自分の香入れを取って炭火を入れ,香を載せて,モーセとアロンと共に会見の天幕の入り口に立った。 19  コラが支持者+を集めて会見の天幕の入り口で2人に向かわせると,エホバの栄光が民全員の前に現れた+ 20  エホバはモーセとアロンに告げた。 21  「この人たちから離れなさい。私は彼らを瞬く間に根絶やしにする+」。 22  2人はひれ伏して,言った。「神よ,全ての人に命を与える神よ+,1人の人の罪のせいで民全体に対して憤られるのですか+」。 23  エホバはモーセに言った。 24  「民に告げなさい。『コラ,ダタン,アビラム+の天幕の周りから離れなさい!』と」。 25  モーセは立ってダタンとアビラムの所に行った。イスラエルの長老たち+も一緒に行った。 26  モーセは民に告げた。「どうか,この邪悪な人たちの天幕から離れてください。彼らのものに触れてはなりません。彼らの全ての罪のために皆さんも滅ぼされることのないためです」。 27  民は直ちにコラ,ダタン,アビラムの天幕から,その辺りから離れた。ダタンとアビラムが出てきて,自分の天幕の入り口に立った。妻,息子,幼い子供も一緒だった。 28  モーセは言った。「これから分かりますが,エホバが私を遣わしてこの全てを行わせているのであり,それは私の心から出て*いるのではありません。 29  この人たちが全ての人と同じようにして死に,全ての人が受けるのと同じ処罰を受けるのであれば,エホバが私を遣わしたのではありません+ 30  しかし,エホバが普通でないことを行い,地面が開いて彼らと彼らの全てのものをのみ込み,彼らが生きたまま墓*に下るのであれば,この人たちがエホバに不敬な振る舞いをしたということがはっきり分かります」。 31  モーセがこの全てを話し終えるとすぐ,彼らの足元の地面が裂けた+ 32  大地が開いて*,彼らと彼らの家の人たち,コラ+の側に付いた全ての人,全ての物をのみ込んだ。 33  彼らと彼らの側に付いた全ての人は,生きたまま墓*に下り,大地が彼らを覆った。こうして彼らは会衆から消え去った+ 34  周りにいたイスラエル人は皆,彼らの絶叫を聞いて逃げた。「大地が私たちものみ込むかもしれない」と言った。 35  また,エホバのもとから火が出て+,香を捧げていた250人を焼き尽くした+ 36  エホバはモーセに言った。 37  「祭司であるアロンの子エレアザルに,火の中からそれらの香入れを取る+ように言いなさい。それらは聖なるものである。そして,炭火を遠くにまき捨てるように言いなさい。 38  罪を犯して命を落とした人たちの香入れは,板金にし,祭壇+に張るべきである。それはエホバの前に差し出され,聖なるものとなったからである。それはイスラエル人に対する警告のしるしとなる+」。 39  祭司エレアザルは,焼き尽くされた人たちが差し出した銅の香入れを取り,打ち延ばして祭壇に張った。 40  エホバがモーセを通して告げた通りである。それは,アロンの子孫でない許可されていない人*が近づいてエホバの前で香をたいてはならないこと+,誰もコラとその支持者のようになってはならないことを+,イスラエル人が思い起こすためだった。 41  その次の日,イスラエル人の民全体がモーセとアロンに対して不満を口にし始め+,「あなたたちはエホバの民を死なせた」と言った。 42  民はモーセとアロンに逆らって集合した。皆が会見の天幕の方を向くと,雲がそれを覆い,エホバの栄光が現れ始めた+ 43  モーセとアロンは会見の天幕の前に行った+ 44  エホバはモーセに言った。 45  「民から遠ざかりなさい。私は彼らを瞬く間に根絶やしにする+」。2人はひれ伏した+ 46  モーセはアロンに言った。「香入れを取り,祭壇からそれに炭火を入れ+,香を載せ,急いで民の所に行って,彼らのために贖罪をしなさい+。エホバの憤りが表されたからです。災厄が始まっています」。 47  アロンはすぐ,モーセが言った通りに香入れを取り,会衆の中に走っていった。民の間で災厄が始まっていた。アロンは香を載せ,民のために贖罪を始めた。 48  そして死んだ人と生きている人との間に立ち続け,神罰はついにやんだ。 49  この神罰で死んだ人は1万4700人で,ほかにコラの件で死んだ人たちがいた。 50  神罰がやんだ後,アロンは会見の天幕の入り口にいたモーセの所に戻った。

脚注

直訳,「乳と蜜が流れる地」。
または,「に対して威張ろう」。
直訳,「乳と蜜が流れる地」。
または,「私が勝手にして」。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。
直訳,「口を開いて」。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。
直訳,「よそ者」。

注釈

メディア