民数記 10:1-36

10  エホバはモーセにった。  「あなたのためにぎんのラッパ+を2つつくりなさい。ぎんたんぞうしてつくり,たみあつめるためと宿しゅくえいたたむためにもちいなさい。  ラッパが2つともかれたら,たみぜんたいかいけんてんまくぐちにいるあなたのところあつまらなければならない+  1つだけかれたら,イスラエルのすうせんにんひきいるちょうたちだけがあなたのところあつまる+  おとふるわせてラッパをいたら,ひがしがわ宿しゅくえいしているひとたち+しゅっぱつする。  2おとふるわせてラッパをいたら,みなみがわ宿しゅくえいしているひとたち+しゅっぱつする。かくぶんたい*しゅっぱつするさいに,そのようにくべきである。  かいしゅうあつめるときにもラッパをくべきだが+おとふるわせてはならない。  さいであるアロンのたちがラッパをくべきであり+,そのもちかたほうれいとしてだいだいずっとまもるべきである。  もしあなたたちので,めてくるしんりゃくしゃたちとたたかいをはじめるのであれば,ラッパでぐんたいしょうしゅうあいをすべきである+。あなたたちのかみエホバがおもし,てきからすくってくださる。 10  まつ+つきはじめというよろこばしいときにも+ぜんしょうささもの+きょうしょくせい+けてラッパをくべきである。かみはあなたたちのことをおもこす。わたしはあなたたちのかみエホバである+」。 11  2ねんだい2のつき20日はつか+くもあかしのまくうえからがった+ 12  イスラエルじんは,まったじゅんばんでシナイのこうたびはじめた+。やがてくもはパランのこう+にとどまった。 13  こうして,モーセをとおしてあたえられたエホバのしたがって,はじめてしゅっぱつした+ 14  ユダのたちの宿しゅくえいふくぶんたいがグループごとにさいしょしゅっぱつした。アミナダブのナフション+がユダぞくひきいた。 15  イッサカルぞくひきいたのは,ツアルのネタヌエル+だった。 16  ゼブルンぞくひきいたのは,ヘロンのエリアブ+だった。 17  まくかいたいされると+まくはこぶゲルションのたち+とメラリのたち+しゅっぱつした。 18  つぎに,ルベンの宿しゅくえいふくぶんたいがグループごとにしゅっぱつした。シェデウルのエリツル+がルベンぞくひきいた。 19  シメオンぞくひきいたのは,ツリシャダイのシェルミエル+だった。 20  ガドぞくひきいたのは,デウエルのエルヤサフ+だった。 21  つぎに,せいなるところものはこぶコハトぞく+しゅっぱつした。かれらがくまでに,まくてられている。 22  つぎに,エフライムのたちの宿しゅくえいふくぶんたいがグループごとにしゅっぱつした。アミフドのエリシャマ+がエフライムぞくひきいた。 23  マナセぞくひきいたのは,ペダツルのガマリエル+だった。 24  ベニヤミンぞくひきいたのは,ギドオニのアビダン+だった。 25  つぎに,ダンのたちの宿しゅくえいふくぶんたいが,宿しゅくえいぜんたいこうえいとなり,グループごとにしゅっぱつした。アミシャダイのアヒエゼル+がダンぞくひきいた。 26  アシェルぞくひきいたのは,オクランのパグイエル+だった。 27  ナフタリぞくひきいたのは,エナンのアヒラ+だった。 28  このようなじゅんばんで,イスラエルじんはグループごとにしゅっぱつした+ 29  モーセは,しゅうとであるミディアンじんレウエル*+ホバブにった。「わたしたちは,エホバがあたえるとやくそくしたしょ+かいます。ぜひいっしょてください+わたしたちはあなたをたいせつにします。エホバはイスラエルにいことをやくそくしているのです+」。 30  しかしホバブはった。「わたしきません。しんぞくがいるきょうもどります」。 31  モーセはった。「どうか,わたしたちをてないでください。こうでどこに宿しゅくえいしたらよいかをっているあなたに,あんないをして*ほしいのです。 32  いっしょてくれたら+,エホバがわたしたちにあたえてくださるいものをかならずあなたにもげます」。 33  こうしてエホバのやまからしゅっぱつ+,3かんたびをした。エホバのけいやくはこ+は3たびあいだたみまえき,たみやすしょさがした+ 34  宿しゅくえいしたしょたびときひるはエホバのくも+たみうえにあった。 35  はこどうするときにはいつも,モーセはこうった。「エホバ,がってください+。あなたのてきらされますように。あなたをにくひとたちがあなたのまえからりますように」。 36  はころすときにはこうった。「エホバ,もどってきてください。イスラエルのすう*ひとびとところ+」。

脚注

1つの分隊は3つの部族で構成される。
エテロのこと。
または,「目になって」。
または,「幾千幾万」。

注釈

メディア