歴代誌​第​二 8:1-18

8  ソロモンは,エホバの家と自分の家*を20年かけて建てた+  ソロモンはヒラム+から受け取った町々を再建して,そこにイスラエル人を住ませた。  さらに,ハマト・ツォバに行って,そこを攻め取った。  荒野のタドモルと,ハマト+に築いてあった倉庫の町全ての防備を固めた*+  城壁や門やかんぬきのある防備された町である上ベト・ホロン+と下ベト・ホロン+も築いた*  そして,バアラト+,ソロモンの倉庫の町,兵車の町+,騎手のための町を築き,エルサレム,レバノン,そのほかの全領土に建てたいと望んでいたものを建てた。  イスラエルではない+,ヘト人,アモリ人,ペリジ人,ヒビ人,エブス人+の民で,  国内に生き残っている子孫たち(イスラエル人が全滅させなかった人たち+)を,ソロモンは強制労働に徴用し,今に至っている+  ソロモンはイスラエル人の誰も工事のための奴隷にしなかった+。彼らは戦士,副官の長,兵車の乗り手や騎手の長だった+ 10  ソロモン王の代官の長,民の現場監督が250人いた+ 11  ソロモンはまた,ファラオの娘+を「ダビデの町」から,彼女のために建てた家に移した+。彼は言った。「私の妻ではあるが,彼女はイスラエルのダビデ王の家に住むべきではない。エホバの箱があった場所は聖なる所だからだ+」。 12  ソロモンは,玄関+の前に建てたエホバの祭壇+で,エホバに全焼の犠牲を捧げた+ 13  モーセのおきてに従って,日課通りに犠牲を捧げ,安息日+,新月+,年に3度の決められた祭り+(無酵母パンの祭り+,七週の祭り+,仮小屋の祭り+)の時に捧げ物をした。 14  さらに,父ダビデの規則に従って祭司の組+を決め,奉仕させた。レビ族には,日課通りに祭司たちの前で賛美し+,奉仕する務めを与え,門番には,組ごとに別々の門を担当させた+。真の神に仕えた人ダビデがそう命じていたからである。 15  彼らは,倉庫に関してであれ,ほかのどんなことに関してであれ,祭司とレビ族への王の命令に背かなかった。 16  ソロモンの工事は全て,エホバの家の土台+を据えた日から完成の時まで,よく組織されていた*。こうしてエホバの家は出来上がった+ 17  それからソロモンは,エドム+地方の海辺のエツヨン・ゲベル+とエロト+に行った。 18  ヒラム+は家来たちを通して,船と経験を積んだ船乗りたちをソロモンのもとに送ってきた。彼らはソロモンの家来たちと共にオフィル+へ行き,そこで15トンの金+を手に入れ,ソロモン王の所に運んだ+

脚注

または,「宮殿」。
または,「全てを再建した」。
または,「再建した」。
または,「手はずがよく整えられていた」,「完遂した」。

注釈

メディア