歴代誌​第​二 8:1-18

8  ソロモンは,エホバのいえぶんいえ*を20ねんかけててた+  ソロモンはヒラム+からったまちまちさいけんして,そこにイスラエルじんませた。  さらに,ハマト・ツォバにって,そこをった。  こうのタドモルと,ハマト+きずいてあったそうまちすべてのぼうかためた*+  じょうへきもんやかんぬきのあるぼうされたまちであるかみベト・ホロン+しもベト・ホロン+きずいた*  そして,バアラト+,ソロモンのそうまちへいしゃまち+しゅのためのまちきずき,エルサレム,レバノン,そのほかのぜんりょうてたいとのぞんでいたものをてた。  イスラエルではない+,ヘトじん,アモリじん,ペリジじん,ヒビじん,エブスじん+たみで,  こくないのこっているそんたち(イスラエルじんぜんめつさせなかったひとたち+)を,ソロモンはきょうせいろうどうちょうようし,いまいたっている+  ソロモンはイスラエルじんだれこうのためのれいにしなかった+かれらはせんふくかんちょうへいしゃしゅちょうだった+ 10  ソロモンおうだいかんちょうたみげんかんとくが250にんいた+ 11  ソロモンはまた,ファラオのむすめ+を「ダビデのまち」から,かのじょのためにてたいえうつした+かれった。「わたしつまではあるが,かのじょはイスラエルのダビデおういえむべきではない。エホバのはこがあったしょせいなるところだからだ+」。 12  ソロモンは,げんかん+まえてたエホバのさいだん+で,エホバにぜんしょうせいささげた+ 13  モーセのおきてにしたがって,にっどおりにせいささげ,あんそく+しんげつ+ねんに3められたまつ+こうパンのまつ+ななしゅうまつ+かりまつ+)のときささものをした。 14  さらに,ちちダビデのそくしたがってさいくみ+め,ほうさせた。レビぞくには,にっどおりにさいたちのまえさん+ほうするつとめをあたえ,もんばんには,くみごとにべつべつもんたんとうさせた+しんかみつかえたひとダビデがそうめいじていたからである。 15  かれらは,そうかんしてであれ,ほかのどんなことにかんしてであれ,さいとレビぞくへのおうめいれいそむかなかった。 16  ソロモンのこうすべて,エホバのいえだい+えたからかんせいときまで,よくしきされていた*。こうしてエホバのいえがった+ 17  それからソロモンは,エドム+ほううみのエツヨン・ゲベル+とエロト+った。 18  ヒラム+らいたちをとおして,ふねけいけんんだふなりたちをソロモンのもとにおくってきた。かれらはソロモンのらいたちとともにオフィル+き,そこで15トンのきん+れ,ソロモンおうところはこんだ+

脚注

または,「宮殿」。
または,「全てを再建した」。
または,「再建した」。
または,「手はずがよく整えられていた」,「完遂した」。

注釈

メディア