歴代誌​第​二 36:1-23

36  国の民はヨシヤの子エホアハズ+を選んで,エルサレムで父の代わりに王にした+  エホアハズは23歳で王になり,エルサレムで3カ月治めた。  エジプトの王はエルサレムでエホアハズを王の地位から降ろし,国に3.4トンの銀と34キロの金を課した+  その上,エジプトの王はエホアハズの兄エリヤキムをユダとエルサレムの王にし,名前をエホヤキムに改名させた。弟のエホアハズはネコ+に捕らえられ,エジプトに連れていかれた+  エホヤキム+は25歳で王になり,エルサレムで11年治めた。彼はエホバ神から見て悪いことを行い続けた+  エホヤキムを攻めに,バビロンのネブカドネザル+王がやって来た。エホヤキムに銅の足かせ2つをはめ,バビロンへ連れていくためだった+  ネブカドネザルはエホバの家の器具の一部をバビロンに持ち帰って,バビロンの宮殿に置いた+  エホヤキムについてのほかの記録,行った忌まわしい事柄や発覚した事柄は,イスラエルとユダの王の書に記されている。代わりにエホヤキムの子エホヤキンが王になった+  エホヤキン+は18歳で王になり,エルサレムで3カ月と10日治めた。彼はエホバから見て悪いことを行い続けた+ 10  年の初め*,ネブカドネザル王は人を遣わして,エホヤキンをエホバの家の貴重な物品と共に+バビロンに連れていった+。そして,エホヤキンの叔父ゼデキヤをユダとエルサレムの王にした+ 11  ゼデキヤ+は21歳で王になり,エルサレムで11年治めた+ 12  彼はエホバ神から見て悪いことを行い続けた。エホバの命令で話す預言者エレミヤ+の前で謙遜になることはなかった。 13  また,ネブカドネザル王に反逆した+。ネブカドネザル王が彼に,忠義を神の前で誓わせていたにもかかわらず,反逆した。ゼデキヤは頑固で,心が固く,イスラエルの神エホバのもとに戻ろうとしなかった。 14  祭司の長たち皆も民も極めて不忠実で,国々のあらゆる忌まわしいことを行い,エホバがエルサレムで神聖なものとした家を汚した+ 15  彼らの父祖たちの神エホバは,使者たちを通して警告し続けた。ご自分の民と住まいのことを思いやって何度も警告した。 16  それにもかかわらず,彼らは真の神の使者たちをばかにし続け+,神の言葉を侮り+,預言者たちをあざけったので+,ついには矯正しようがないほどになった。エホバはご自分の民に激怒した+ 17  神は彼らにカルデア人の王を差し向けた+。王は聖なる所の家で+若者たちを剣で殺し+,若い男女にも老人にも病弱な人にも同情しなかった+。神は全てを王の手に渡したのである+ 18  カルデア人の王は,真の神の家の大小の器具全部,エホバの家の財宝,王と高官たちの財宝など,全てをバビロンに持っていった+ 19  真の神の家を焼き払い+,エルサレムの城壁を破壊し+,防備された塔を全て焼き,貴重な物を全部壊した+ 20  剣から逃れた人たちは捕虜としてバビロンに連れ去られ+,ペルシャの王国*が治め始めるまで+,カルデア人の王とその子たちの召し使いとなった+ 21  こうしてエレミヤが語ったエホバの言葉が実現し+,守られてこなかったこの土地の安息年の埋め合わせがなされた+。荒廃していた期間,ずっと土地は休み*,70年を満了した+ 22  ペルシャのキュロス+王の治世の第1年のこと,かつてエレミヤが語ったエホバの言葉+が実現するよう,エホバはキュロス王の心を奮い立たせ,王国全域に布告を出させた。王はその布告を文書に記した+ 23  「ペルシャのキュロス王の言葉。『天の神エホバは,地上の全ての王国を私に下さった+。そして,ユダのエルサレムにご自分の家を建てるよう私にお命じになった+。それで,その神の民である人は誰でも,上っていくがよい。エホバ神がその人と共におられるよう願っている+』」。

脚注

春のことかもしれない。
または,「王族」。
または,「に安息があり」。

注釈

メディア