歴代誌​第​二 34:1-33

34  ヨシヤ+は8歳で王になり,エルサレムで31年治めた+  彼はエホバから見て正しいことを行って,父祖ダビデと同じ道を歩み,右にも左にもそれなかった。  ヨシヤは治世の第8年,まだ少年だった頃,父祖ダビデの神に仕え始めた+。第12年には,高い場所+,聖木,彫像+,金属像を取り除いて,ユダとエルサレムを清め始めた+  ヨシヤの前でバアルの祭壇が取り壊され,ヨシヤはその上にあった香台を切り倒した。彼は,聖木,彫像,金属像を打ち砕いて粉々にし,そうした像に犠牲を捧げていた人たちの墓にまき散らした+  また,祭司が使っていた祭壇で祭司たちの骨を焼いた+。こうしてヨシヤはユダとエルサレムを清めた。  マナセ,エフライム+,シメオン,さらにはナフタリの町々と,その周りの荒れ果てた場所でも,  ヨシヤは祭壇を取り壊し,聖木や彫像+を打ち砕いて粉々にした。イスラエル全土で香台を全て切り倒し+,その後,エルサレムに帰った。  治世の第18年,国と神殿を清めたヨシヤは,エホバ神の家を修理するため,アツァルヤの子シャファン+,都市の長マアセヤ,ヨアハズの子である記録官ヨアハを遣わした+  彼らは大祭司ヒルキヤの所に行き,神の家に持ってこられたお金を渡した。戸口番として仕えるレビ族が,マナセ,エフライム,イスラエルのほかの全ての人+,ユダ,ベニヤミン,エルサレムの住民から集めたお金である。 10  彼らはそのお金をエホバの家での工事をまとめる人たちに渡した。そしてエホバの家の労働者たちはそれを家の修理に使った。 11  彼らはそのお金を職人や建築作業者に渡して,切り石やつなぎ材を買わせ,ユダの王たちのせいで荒廃した建物を新しい梁で建て直させた+ 12  人々は工事を忠実に行った+。彼らをまとめるため,レビ族のメラリ氏族+のヤハトとオバデヤ,コハト氏族+のゼカリヤとメシュラムが監督を務めた。また,レビ族の人たち,熟練した音楽家たちは+ 13  一般の労働者*をまとめ,各種の仕事の作業者全ての監督だった。レビ族の中には,秘書官,役人,門番+もいた。 14  エホバの家に持ってこられたお金が運び出されていた時+,祭司ヒルキヤは,モーセを通して与えられた+エホバの律法の書+を見つけた。 15  ヒルキヤは秘書官シャファンに,「エホバの家で律法の書を見つけました」と言い,その書物をシャファンに渡した。 16  シャファンは書物を王のもとに持っていき,こう言った。「あなたの家来たちは,割り当てられた仕事を全て行っています。 17  家来たちはエホバの家に集まったお金を箱から取り出して,まとめ役の人たちと工事をする人たちに渡しました」。 18  秘書官シャファンは王にさらに言った。「祭司ヒルキヤから1つの書物を渡されました+」。そしてシャファンは王の前でそれを読み始めた+ 19  王は律法の言葉を聞くと,すぐに衣服を引き裂いた+ 20  それから,ヒルキヤ,シャファンの子アヒカム+,ミカの子アブドン,秘書官シャファン,家来のアサヤにこう命じた。 21  「私のため,イスラエルとユダに残っている人たちのために,この見つかった書物の言葉についてエホバに尋ねに行きなさい。父祖たちが,この書物に書かれていることをしっかり守らず,エホバの言葉の通りにしなかったので,私たちはエホバの激しい怒りを浴びることになるからです+」。 22  それで,ヒルキヤと,王に遣わされた人たちは,女預言者+フルダの所に行った。フルダは,ハルハスの子ティクワの子である衣装係シャルムの妻で,エルサレムの第2地区に住んでいた。彼らはそこで彼女に話した+ 23  彼女は言った。「イスラエルの神エホバはこう言っています。『あなたたちを私のもとに遣わした人に言いなさい。 24  「エホバはこう言っている。『私はこの場所と住民に災難をもたらす+。ユダの王の前で読まれた書物に書かれている災いをもたらす+ 25  彼らが私を捨て+,ほかの神々のために犠牲を焼いて煙にし,行いによって私を怒らせたので+,私はこの場所に怒りを浴びせる。その怒りが消えることはない+』」。 26  だが,エホバに尋ねるようにとあなたたちを遣わしたユダの王にこう言いなさい。「あなたが聞いた言葉について+,イスラエルの神エホバはこう言っている。 27  『あなたは,この場所と住民に関する神の言葉を聞いた時,心が柔らかで,神の前で謙遜になった。私の前で謙遜になって衣服を引き裂き,泣いたので,私エホバはあなたの祈りを聞いた+と宣言する。 28  それで,私はあなたを先祖たちと共に横たわらせ,あなたは安らかに自分の墓に入る。あなたは私がこの場所と住民にもたらす災いを全く見ない+』」』」。 彼らはこの返事を王の所に持ち帰った。 29  それでヨシヤ王は知らせを送り,ユダとエルサレムの長老全員を呼び集めた+ 30  その後,王はエホバの家に上った。ユダの人たち全て,エルサレムの住民,祭司とレビ族,年取った人から若い人まで民の皆が一緒だった。王は,エホバの家で見つかった契約の書の言葉全てを皆に聞こえる所で読んだ+ 31  王は自分の場所に立ち,エホバと契約を結んだ*+。エホバに従い,その書物に記されている契約の言葉を実行し,心を尽くし自分の全てを尽くして+,神のおきてと教え*と規定を守るという契約である+ 32  王はエルサレムとベニヤミンにいる人たち皆に,契約に同意するよう求めた。エルサレムの住民は,父祖たちの神の契約に従って行動した+ 33  ヨシヤはイスラエル人の全ての土地から忌まわしいもの*を全部取り除き+,イスラエルにいる全ての人をエホバ神に仕えさせた。ヨシヤの生涯中ずっと,彼らは父祖たちの神エホバに従い,背かなかった。

脚注

または,「荷物運搬人」。
または,「再び結んだ」。
または,「思い出させるもの」。
または,「偶像」。

注釈

メディア