歴代誌​第​二 33:1-25

33  マナセ+は12さいおうになり,エルサレムで55ねんおさめた+  マナセはエホバからわるいことをおこない,イスラエルのたみまえからエホバがはらったくにぐにまわしいおこないをまねた+  ちちヒゼキヤがこわしたたかしょふたたきず+,バアルのためにさいだんもうけ,せいぼくつくった。また,てんすべてのほし*すうはいしてひれした+  エホバがかつて「わたしえいえんにエルサレムにある」とった+そのエホバのいえなかにもさいだんつくった+  エホバのいえの2つのにわ+に,てんすべてのほし*のためにさいだんつくった。  ヒンノムのたに+ぶんたちを*+じゅつおこな+うらないをし,じゅじゅつおこない,れいばいうらなにんめいした+。エホバからわるいことをだいおこなって,かみいからせた。  マナセはちょうこくぞうつくり,しんかみいえなかいた+。かつてかみはそのいえについて,ダビデとそのソロモンにこうっていた。「わたしは,イスラエルのぜんぞくりょうからえらんだエルサレムとこのいえに,わたしをいつまでも+  イスラエルが,わたしめいじたすべてのこと,モーセをとおしてあたえたりっぽうすべて,ていほうちゅうぶかまもるなら,わたしは,たちにあたえたからイスラエルを退かせたりはしない」。  マナセはユダとエルサレムのじゅうみんまどわしつづけ,イスラエルじんまえからエホバがほろぼしくしたくにぐによりもわるいことをおこなわせた+ 10  エホバはマナセとたみかたつづけた。しかしかれらはちゅうはらわなかった+ 11  それでエホバはアッシリアのおうぐんたいちょうたちをかれらにけた。ぐんたいちょうたちはマナセをかぎでけて*らえ,どうあしかせ2つをはめてバビロンへれていった。 12  マナセはなんなか,エホバかみめぐみをもとめ,たちのかみまえでとてもけんそんになった。 13  かれかみいのつづけたので,かみはそのこんがんこころうごかされ,めぐみをもとめるねがいをき,かれをエルサレムでのおうふっさせた+。こうしてマナセはエホバこそしんかみであるとさとった+ 14  その,マナセは「ダビデのまち+」のため,たに*にあるギホン+西にしに,そとがわじょうへきを「さかなもん+」まできずいた。それをオフェル+までめぐらし,じょうたかくした。マナセはまた,ユダのぼうされたまちすべてにぐんたいちょうにんめいした。 15  エホバのいえからがいこくかみがみぐうぞうのぞ+,エホバのいえやまとエルサレムにつくったさいだんすべのぞいて+そとてた。 16  エホバのさいだん+ふっきゅうさせ,そこできょうしょくせい+かんしゃせい+ささはじめた。そしてイスラエルのかみエホバにつかえるようユダにめいじた。 17  たみは,エホバかみだけにせいささげたが,ぜんとしてたかしょでそうした。 18  マナセについてのほかのろくかみささげたいのり,かみからのまぼろしつたえるひとたちがイスラエルのかみエホバのによってマナセにかたったことは,イスラエルのおうれきしるされている。 19  かれいの+こんがんれられたこと,すべてのつみちゅうじつだったこと+かれけんそんになるまえたかしょきずいてせいぼくちょうぞうてたしょ+かれかみからのまぼろしつたえたひとたちがいたものしるされている。 20  マナセはやがてに,ぶんいえほうむられた。わりにマナセのアモンがおうになった+ 21  アモン+は22さいおうになり,エルサレムで2ねんおさめた+ 22  アモンは,エホバからわるいことをおこなつづけた。ちちマナセとおなじようなことをした+ちちマナセがつくったすべてのちょうぞうせいささ+すうはいつづけた。 23  アモンはちちマナセがけんそんになったのとはちが+,エホバのまえけんそんになることはなかった+。それどころか,ますますつみやしていった。 24  やがてアモンのらいたちがほんこし+おういえでアモンをさつがいした。 25  しかしくにたみは,アモンおうへのほんこしたひとすべころ+,アモンのヨシヤをわりにおうにした+

脚注

直訳,「天の全軍」。
直訳,「天の全軍」。
直訳,「に火の中を通らせ」。
もしかすると,「岩の裂け目で」。
または,「ワジ」。

注釈

メディア