歴代誌​第​二 31:1-21

31  こうしたことがわると,そこにいたイスラエルじんみなユダのまちまちていった。ユダとベニヤミンのぜん,またエフライムとマナセで+せいちゅうくだ+せいぼくたお+たかしょ+さいだんこわした+。それらをかんぜんかいし,その,イスラエルじんみなぶんまちぶんしょゆうかえった。  ヒゼキヤはさい+とレビぞく+をそれぞれくみけし,ほうたらせた+かれらはぜんしょうささものきょうしょくせいささげ,エホバのにわもんほうし,かんしゃさんささげた+  おうざいさんいちぜんしょうささもののためにされた+。エホバのりっぽうかれているあさゆうがたささもの+あんそく+しんげつ+まつりの+ぜんしょうささもののためにである。  さらにヒゼキヤはエルサレムにたみに,さいとレビぞくぶんおさめるようめいじた+。エホバのりっぽうかたまもれる*ようにするためだった。  めいれいされるとすぐに,イスラエルじんこくもつあたらしいぶどうしゅあぶら+みつはつもののあらゆるさんぶつはつもの+たいりょうおさめた。すべてのものの10ぶんの1をふんだんにってきたのである+  ユダのまちまちむイスラエルのたみとユダのたみも,うしひつじの10ぶんの1,エホバかみのためにしんせいなものとされたせいなるものの10ぶんの1をってきた+。それらをってきて,げていくつものやまにした。  しんぶつだい3のつき+はじめ,だい7のつき+かんりょうした。  ヒゼキヤとこうかんたちはやってて,まれたやまると,エホバをさんし,かみたみイスラエルのためにしゅくふくねがもとめた。  ヒゼキヤはまれたやまについてさいとレビぞくたずねた。 10  すると,ザドクのけいさいちょうアザリヤがった。「しんぶつがエホバのいえってこられるようになってから+たみまんぞくするまでべており,しかもたくさんのものあまっています。エホバがたみしゅくふくしてくださったのです。のこっているものはこんなにおおくあります+」。 11  ヒゼキヤはエホバのいえちょぞうしつ*ととのえるようにとった+。それでそこはととのえられた。 12  しんぶつと10ぶんの1+せいなるものがちゅうじつはこまれていった。かんとくとしてレビぞくのコナヌヤがこうしたことがらぜんたいち,きょうだいのシムイがだった。 13  ヒゼキヤおうめいれいにより,エヒエル,アザズヤ,ナハト,アサエル,エリモト,ヨザバド,エリエル,イスマクヤ,マハト,ベナヤがかんとして,コナヌヤときょうだいのシムイのもとはたらいた。アザリヤはしんかみいえかんとくだった。 14  レビぞくのイムナのコレはひがしがわもんばん+しんかみへのはつてきささもの+ち,エホバへのしんぶつ+きわめてせいなるもの+ぶんぱいした。 15  コレのには,エデン,ミヌヤミン,エシュア,シェマヤ,アマルヤ,シェカヌヤがいて,さいまちまち+せきにんあるしょくき,かくくみきょうだいたち+ねんれいかかわりなくひとしくぶんぱいした。 16  これは,まいにちエホバのいえつかえ,ぶんくみでのつとめをたすひとたち,けいろくせられている3さいじょうだんせいへのぶんぱいとはべつになされるものだった。 17  さいぞくごとにけいろくせられた+。20さいじょうのレビぞく+かくくみつとめごとに+けいろくせられた。 18  けいろくには,かれらのつま息子むすこむすめおさなどもかいしゅうぜんたいふくまれた。かれらはせきにんあるしょくいていて,せいなることのためにぶんをいつもしんせいなものとしていたからである。 19  けいろくには,さいまちまちまわ*さい,アロンのそんふくまれた+。どのまちでも,めいされたひとたちが,さいぞくだんせいぜんいんと,レビぞくけいろくせられたひとぜんいんぶんぱいをした。 20  ヒゼキヤはこうしたことをユダぜんじっし,エホバかみまえで,くて,ただしく,ちゅうじつなことをおこなつづけた。 21  しんかみいえでのほう+かんしてであれ,りっぽうやおきてにかんしてであれ,かみへのすうはいのためにかったすべてのごとこころくしておこない,せいこうおさめた。

脚注

または,「に専念できる」。
または,「食堂」。
直訳,「周りの牧草地の野原」。

注釈

メディア