歴代誌​第​二 30:1-27

30  ヒゼキヤはイスラエル全体+とユダに知らせを送り,エフライムとマナセにも+手紙を書き,エルサレムにあるエホバの家に来てイスラエルの神エホバのために過ぎ越しを執り行うように勧めた+  とはいえ,王と高官たちとエルサレムの会衆全体は,過ぎ越しを第2の月に執り行うことにした+  自分を神聖なものとした祭司の数が十分ではなく+,民もエルサレムに集まっていなかったため,通常の時に執り行うことができなかったのである+  この決定は,王にとっても会衆全体にとっても,正しいと思えるものだった。  それで彼らは,ベエル・シェバからダン+まで,イスラエル中に知らせを出すことにした。エルサレムに来てイスラエルの神エホバのために過ぎ越しを執り行うようにとの知らせだった。律法通りに集団として執り行うことがなされていなかったからである+  急使*たちが王と高官たちからの手紙を持って,イスラエル全体とユダの至る所に行き,王に命じられた通り,こう言った。「イスラエルの人たち,アブラハムとイサクとイスラエルの神エホバのもとに戻ってください。そうすれば,アッシリアの王たちから逃れて残った皆さんのもとに神は戻ってきてくださるでしょう+  皆さんの父祖や兄弟たちのようになってはいけません。彼らは父祖たちの神エホバに不忠実なことをしました。そのため,神は災難をもたらし,彼らについて見聞きした人たちが恐怖を抱くようにしました。皆さんも見ている通りです+  父祖たちのように強情になってはいけません+。エホバに従い,神が永遠に神聖なものとされた聖なる所に来て+,エホバ神に仕えてください。そうすれば,神は燃える怒りを静めてくださるでしょう+  皆さんがエホバのもとに戻るなら,捕らわれている兄弟や子たちは,敵たちから憐れみを示され+,この国に帰るのを許されます+。エホバ神は思いやり*があって憐れみ深い方です+。皆さんが神のもとに戻るなら,神は皆さんから顔を背けたりはされません+」。 10  急使*たちはエフライムとマナセの土地を町から町へと巡り+,ゼブルンにまで行ったが,人々から笑いものにされ,あざけられた+ 11  しかし,アシェルとマナセとゼブルンのある人たちは謙遜になり,エルサレムに来た+ 12  真の神の手はユダにも及んで人々を一つにし,エホバの言葉に沿った王と高官たちの命令を実行するよう助けた。 13  第2の月+,無酵母パンの祭り+を行おうとして,大勢の民がエルサレムに集まった。非常に大きな会衆になった。 14  彼らは立ち上がって,エルサレムにあった祭壇を取り除いた+。香の祭壇も全て取り除き+,キデロンの谷に投げ捨てた。 15  それから,第2の月の14日に過ぎ越しの犠牲をほふった。祭司とレビ族は恥ずかしく思い,自分を神聖なものとして,全焼の捧げ物をエホバの家に持ってきた。 16  そして,真の神に仕えたモーセの律法に従って通例の位置に就いた。祭司たちはレビ族の手から受け取った血を振り掛けた+ 17  会衆の中には,自分を神聖なものとしていなかった人が多くいた。レビ族は清くない人全てのために過ぎ越しの犠牲をほふる役目をし+,その人たちをエホバのために神聖なものとした。 18  民の多くは,特にエフライムとマナセ+とイッサカルとゼブルンから来た人たちは自分を清めていなかった。それでも彼らは,記されていることに反して,過ぎ越しの物を食べた。だが,ヒゼキヤは彼らのためにこう祈った。「善い方であるエホバ+,お許しくださいますように。 19  彼らは神聖さにかなうように自分を清めてはいませんが+,皆,真の神,父祖たちの神エホバに仕えようと心を整えています+」。 20  エホバはヒゼキヤの願いを聞き入れ,民を許した。 21  こうして,エルサレムにいたイスラエル人は非常に喜びながら+無酵母パンの祭り+を7日間行った。レビ族と祭司たちはエホバに向かって楽器を大きく響かせ,毎日エホバを賛美した+ 22  ヒゼキヤは,エホバに思慮深く仕えていたレビ族の皆に語り掛け,励ました。民は共食の犠牲を捧げ+,父祖たちの神エホバに感謝しながら,祭りの7日間にわたって食べた+ 23  会衆全体は祭りをもう7日間行うことに決めた。それで喜びながらもう7日間行った+ 24  ユダのヒゼキヤ王は会衆のために雄牛1000頭と羊7000匹を寄進し,高官たちも会衆のために雄牛1000頭と羊1万匹を寄進した+。多くの祭司が自分を神聖なものとした+ 25  ユダの会衆全体,祭司,レビ族,イスラエルから来た会衆全体+,イスラエルの土地から来た外国人居住者+,ユダに住んでいる外国人居住者は喜び続けた。 26  エルサレムは大きな喜びに包まれた。イスラエルの王ダビデの子ソロモンの時代以降,エルサレムでこのようなことは行われていなかったからである+ 27  レビ族の祭司たちは立ち上がって,民のために祝福を願い求めた+。神はその声を聞き,その祈りは神の聖なる住まいである天に届いた。

脚注

直訳,「走者」。
または,「慈しみ」。
直訳,「走者」。

注釈

メディア