歴代誌​第​二 29:1-36

29  ヒゼキヤ+は25さいおうになり,エルサレムで29ねんおさめた。かれはははアビヤといい,ゼカリヤのむすめだった+  ヒゼキヤはダビデとおなじように+,エホバからただしいことをおこなつづけた+  かれせいだい1ねんだい1のつきに,エホバのいえとびらひらいてしゅうした+  それから,さいとレビぞくせ,ひがしひろあつめた。  そしてった。「レビぞくみなさん,いてください。いまぶんしんせいなものとし+みなさんのかみエホバのいえしんせいなものとし,せいなるしょからけがれたものをのぞきなさい+  わたしたちのちちたちはちゅうじつで,エホバかみからわるいことをおこないました+かみてて,エホバのまくからかおそむけ,かみけました+  かれらはしん殿でんげんかんとびら+じ,ランプをしました+こうをたくのをやめ+せいなるしょでイスラエルのかみぜんしょうせいささげるのもやめました+  それで,エホバはユダとエルサレムにいきどおってさいなんをもたらし+かれらについてきしたひときょういだき,おどろき,くちぶえ*ようにしました。みなさんがぶんているとおりです+  そのため,たちはつるぎによってたお+わたしたちの息子むすこむすめつまらえられました+ 10  わたしいまかみえるいかりをしずめていただくため,イスラエルのかみエホバとけいやくむすぶことをこころからねがっています+ 11  わたしきょうだいたち,いまつとめをおこた*ときではありません。エホバはみなさんを,ごぶんまえたせ,ほうしゃとしてつかえさせ+せいいてけむりにさせるためにえらんだのです+」。 12  そこで,レビぞくがった。コハトぞく+ではアマサイのマハトとアザリヤのヨエル,メラリぞく+からはアブディのキシュとエハレルエルのアザリヤ,ゲルションぞく+からはジマのヨアハとヨアハのエデン, 13  エリザパンのそんからはシムリとエウエル,アサフ+そんからはゼカリヤとマタヌヤ, 14  ヘマン+そんからはエヒエルとシムイ,エドトン+そんからはシェマヤとウジエルである。 15  かれらはぶんきょうだいたちをあつめ,ぶんたちをしんせいなものにし,エホバのこと沿ったおうめいれいとおり,エホバのいえきよめにった+ 16  さいたちはエホバのいえはいってそこをきよめ,エホバのしん殿でんにあったけがれたものをぜんし,エホバのいえにわ+っていった。レビぞくはそれをり,そとのキデロンのたに+はこんだ。 17  このようにして,かれらはしんせいなものとすることをだい1のつき1日ついたちはじめ,そのつきの8にエホバのげんかん+たっした。エホバのいえを8かんにわたってしんせいなものとし,だい1のつきの16にちかんりょうした。 18  そのかれらはヒゼキヤおうところはいってきてった。「エホバのいえぜんたいぜんしょうささものさいだん+とその+すべて,かさねのパン*+しょくたくとそのすべてをきよめました。 19  また,アハズおうせいちゅうちゅうじつにもてた+すべととのえて,しんせいなものとしました+。それらはエホバのさいだんまえにあります」。 20  ヒゼキヤおうはやきて,こうかんたちをあつめた。かれらはエホバのいえのぼっていった。 21  かれらはおうこくせいなるところとユダのためにつみささものとしてうし7とうひつじ7ひきおすひつじ7ひきヤギ7ひきれてきた+おうはそれらをエホバのさいだんささげるようさいであるアロンのそんめいじた。 22  それでうしがほふられ*+さいたちはそのってさいだんけた+。そのひつじをほふり,そのさいだんけた。また,おすひつじをほふり,そのさいだんけた。 23  それから,おうかいしゅうまえつみささものヤギをれてきて,そのうえいた。 24  さいたちはそれらをほふってつみささものとし,そのさいだんけて,イスラエルぜんたいのためにしょくざいおこなった。ぜんしょうささものつみささものをイスラエルぜんたいのためのものにするようにとおうったからである。 25  そのあいだにヒゼキヤは,ダビデ+おうかみからのまぼろしつたえるひとガド+げんしゃナタン+めいれいしたがって,レビぞくにシンバルとげんがっとたてごと+たせ,エホバのいえたせた。そのめいれいはエホバがげんしゃたちをとおしてあたえたものだった。 26  こうして,レビぞくはダビデのがっって,さいたちはラッパをってった+ 27  ヒゼキヤはぜんしょうせいさいだんささげるようにとめいじた+ぜんしょうささものささはじめられると,エホバへのうたはじまり,イスラエルのダビデおうがっわせてラッパもはじめた。 28  うたうたわれ,ラッパがひびなかかいしゅうぜんたいはひれしていた。すべては,ぜんしょうささものささわるまでつづいた。 29  ささものささわると,おうと,ともにいたひとたちはみなをかがめてひれした。 30  ヒゼキヤおうこうかんたちは,ダビデの+かみからのまぼろしつたえるひとアサフ+でエホバをさんするようにとレビぞくげた。それでかれらはじょうよろこびながらさんささげ,をかがめてひれした。 31  ヒゼキヤはった。「みなさんはエホバのためにけられました。エホバのいえせいかんしゃささものってきなさい」。それでかいしゅうせいかんしゃささものってきた。こころからすすんでおこなひとみなぜんしょうささものってきた+ 32  かいしゅうってきたぜんしょうささものかずは,うし70とうひつじ100ぴきおすひつじ200ぴきだった。これらはすべてエホバへのぜんしょうささものである+ 33  また,せいなるささものは,うし600とうひつじ3000びきだった。 34  しかしすべてのぜんしょうささものかわぐにはさいりなかったので,ほかのさいたちがぶんしんせいなものとするまで+きょうだいであるレビぞくつだ+ごとわらせた。レビぞくは,ぶんしんせいなものとすることにさいよりもたかしきっていたのである。 35  おおくのぜんしょうささものくわ+きょうしょくせいぼうぶん+ぜんしょうささもののためのものささものがあった+。こうしてエホバのいえでのほうさいかくりつされた* 36  ヒゼキヤとすべてのたみは,しんかみたみのためにかくりつしてくださったことがらよろこんだ+すべてがあっというおこなわれたからである。

脚注

または,「あざける」。
または,「今は休む」。
供えのパンのこと。
または,「殺され」。
または,「整えられた」。

注釈

メディア