歴代誌​第​二 28:1-27

28  アハズ+は20歳で王になり,エルサレムで16年治めた。彼はエホバから見て正しいことを行わず,父祖ダビデのようではなかった+  イスラエルの王たちと同じ道を歩み+,バアルの金属像*を作ることさえした+  その上,イスラエル人の前からエホバが追い払った国々の忌まわしい行いをまねて+,ヒンノムの子の谷*で犠牲の煙を立ち上らせ,自分の子を火で焼いた+  また,高い場所や丘の上,全ての生い茂った木の下で+犠牲を捧げたり,犠牲の煙を立ち上らせたりし続けた+  それで,エホバ神はアハズをシリアの王の手に渡した+。そのためアハズは打ち破られ,多くの捕虜がダマスカスに連れていかれた+。アハズはイスラエルの王の手にも渡され,大勢の人が討たれた。  勇敢な者12万人がユダで1日のうちにレマルヤの子ペカハ+に殺されたのである。ユダが父祖たちの神エホバを捨てたからだった+  さらに,王の子マアセヤ,宮殿を任されていたアズリカム,王に次ぐ地位にいたエルカナが,エフライム族の戦士ジクリに殺された。  イスラエル人は同胞の中から女性や息子や娘たち20万人を捕らえて連れていき,たくさんの物を奪ってサマリア+に持っていった。  サマリアにはオデドというエホバの預言者がいた。オデドは戻ってきた軍隊の前に出ていき,こう言った。「あなたたちの父祖の神エホバがユダをあなたたちの手に渡したのは,神がユダに対して怒ったからです+。それなのに,あなたたちは激しい怒りを抱いて彼らを殺しました。その怒りは天に届きました。 10  今あなたたちは,ユダとエルサレムの男女を召し使いにしようと考えています+。それでも,あなたたちにはエホバ神の前で罪がないのですか。 11  私の言うことを聞き,同胞の中から連れてきた捕虜を帰しなさい。エホバはあなたたちに対して怒りを燃やしています」。 12  そこで,エフライム族の何人かの長,エホハナンの子アザリヤ,メシレモトの子ベレクヤ,シャルムの子エヒズキヤ,ハドライの子アマサが,戦いから帰ってきた人たちに向かって立ち, 13  言った。「捕虜を連れてきてはなりません。連れてくるなら,私たちはエホバの前で罪を負うことになります。あなたたちがしようとしているのは,私たちの罪と過ちを増やすことです。私たちの過ちはすでに多く,神はイスラエルに対して怒りを燃やしているのです」。 14  それで,武装した兵士たちは捕虜と略奪品を+高官たちと会衆全体に渡した。 15  そして,指名された人たちが立ち上がって,捕虜を引き取り,裸の人には戦利品から衣服を取って与えた。衣服を着せ,サンダル,食べ物や飲み物,肌に塗る油も渡した。さらに,弱っていた人たちをロバに乗せてやり,捕虜全員をヤシの木の町エリコの兄弟たちの所に連れていった。そうした後,サマリアに帰った。 16  その頃,アハズ王はアッシリアの王たちに助けを求めた+ 17  また,エドム人が再び侵入してきてユダを攻撃し,捕虜を連れ去った。 18  さらに,フィリスティア人+がユダのシェフェラ+とネゲブの町々を襲撃し,ベト・シェメシュ+,アヤロン+,ゲデロト,ソコと周辺の町,ティムナ+と周辺の町,ギムゾと周辺の町を攻め取って,そこに住んだ。 19  イスラエルのアハズ王のことで,エホバがユダを卑しめたのだった。アハズがユダを野放しにし,エホバに対して極めて不忠実にならせたからである。 20  やがてアッシリアのティルガト・ピルネセル+王がやって来たが,アハズを助けるのではなく,かえって苦しめた+ 21  アハズはエホバの家と王の家*と高官たちの家から物を取って+,アッシリアの王に贈り物をしたが,それは何の助けにもならなかった。 22  アハズ王は苦しいさなか,ますますエホバに不忠実なことを行った。 23  彼は,「シリアの王たちの神々は王たちを助けているから,私もその神々に犠牲を捧げよう。きっと助けてくれるだろう+」と言って,自分を打ち破ったダマスカスの神々に犠牲を捧げるようになった+。しかし,彼にとってもイスラエル全体にとっても,その神々は没落の原因となった。 24  アハズはその上,真の神の家の器具を集めた。そしてそれらの器具を打ち砕き+,エホバの家の扉を閉じ+,自分のためにエルサレムの全ての街角に祭壇を作った。 25  ユダの全ての町に,ほかの神々のために犠牲の煙を立ち上らせる高い場所を造り+,父祖たちの神エホバを怒らせた。 26  アハズについてのほかの記録,さまざまな行いは,最初から最後まで,ユダとイスラエルの王の書に記されている+ 27  アハズはやがて死に,エルサレムの町に葬られた。イスラエルの王たちの墓地には葬られなかった+。代わりにアハズの子ヒゼキヤが王になった。

脚注

または,「鋳造された像」。
用語集の「ゲヘナ」参照。
または,「宮殿」。

注釈

メディア