歴代誌​第​二 26:1-23

26  ユダのたみみな,16さいだったウジヤ+えらび,ちちアマジヤのわりにおうにした+  アマジヤおうんだのち,ウジヤはエロト+さいけんしてユダにもどした+  ウジヤ+は16さいおうになり,エルサレムで52ねんおさめた。かれはははエコルヤといい,エルサレムのひとだった+  ウジヤはちちアマジヤとおなじように,エホバからただしいことをおこなつづけた+  ゼカリヤのだいには,しんかみおそれるようゼカリヤにおしえられ,ずっとかみつかえた。かれがエホバにつかえたあいだしんかみかれせいこうさせた+  ウジヤはていってフィリスティアじん+たたかい,ガト+じょうへき,ヤブネ+じょうへき,アシュドド+じょうへきかいした。それから,アシュドドのりょうとフィリスティアじんりょうまちきずいた。  しんかみつづかれたすけ,フィリスティアじん,グルバアルにむアラビアじん+,メウニムにかわせた。  アンモンじん+はウジヤにみつものおさめるようになった。かれめいせいはやがてエジプトにまでひろまった。かれじょうつよくなったからである。  さらに,ウジヤはエルサレムで「すみもん+」と「たにもん+」と「ひかかべ」のそばにとうてて+,それらにぼうほどこした。 10  また,かれこうとう+て,おおくのみずためをった*。たくさんのちくっていたからである。シェフェラやへいげん*にもおなじようにした。かれのうこうこのんだため,やまやまやカルメルにのうぎょうをするひとやブドウのさいばいにんたちをかかえていた。 11  ウジヤは,たたかいにそなえたぐんたいつようになった。ぐんたいぶんたいしきされてたたかいにけた。かれらは,しょかん+エイエルとやくにんマアセヤによってかぞえられてとうろくされ+おうつかえるこうかん1人ひとりハナニヤのかれた。 12  それらつよせんたちをまとめたぞくちょうそうすうは,2600にんだった。 13  かれらのには,たたかいにすぐにけるへいが30まん7500にんいた。てきかうおうえんするきょうりょくぐんたいである+ 14  ウジヤはぜんぐんのために,たてやり+,かぶと,よろい+ゆみいしいし+ようした。 15  さらに,じゅつしゃこうあんしたへいをエルサレムでつくった。おおきないしばせるへいで,とううえじょうへきすみうええられた+。こうしてかれめいせいとおくにまでひろまった。おおきなたすけをて,つよくなったからである。 16  ところが,ウジヤはつよくなるとすぐにこころごうまんになってほろぼした。エホバのしん殿でんはいってこうさいだんこうをたこうとし,エホバかみたいしてちゅうじつなことをしたのである+ 17  さいアザリヤとエホバのゆうかんさい80にんが,すぐさまウジヤのあとからはいっていった。 18  かれらはウジヤおうまえちはだかって,った。「ウジヤ,エホバにこうをたくのはあなたがしてよいことではありません+こうをたいてよいのはさいだけです。さいたちはアロンのそん+しんせいなものとされているからです。このせいなるところからていってください。あなたはちゅうじつなことをしました。そのため,あなたがエホバかみからえいこうあたえられることはありません」。 19  しかしウジヤは,こうをたくためのこうにしたまま,げきした+さいたちにいかりをぶつけていると,かれひたいおもびょう+あらわれた。エホバのいえなかにいたさいたちのまえこうさいだんのそばでのことだった。 20  さいちょうアザリヤとさいたちみなると,かれひたいおもびょうおかされていた。かれらはいそいでウジヤをそこからそうとし,ウジヤしんあわててていった。エホバがかれったのである。 21  ウジヤおうまでおもびょうわずらった。おもびょうのため,かくされたいえつづけた+。エホバのいえからされたのである。ウジヤのヨタムがおういえ*おさめ,たみさばいた+ 22  ウジヤについてのほかのろくは,さいしょからさいまで,アモツのであるげんしゃイザヤ+しるした。 23  ウジヤはやがてに,たちとともほうむられた。とはいえ,「おもびょうだ」とわれたので,おうたちのものだったはらほうむられた。わりにウジヤのヨタム+おうになった。

脚注

または,「台地」。
または,「切り出した」。岩から切り出したと思われる。
または,「宮殿」。

注釈

メディア