歴代誌​第​二 25:1-28

25  アマジヤは25歳で王になり,エルサレムで29年治めた。彼の母はエホアダンといい,エルサレムの人だった+  アマジヤは,心を尽くしてはいなかったものの,エホバから見て正しいことを行い続けた。  アマジヤは王国を権力下に置くとすぐに,王だった父親を殺した家来たち+を殺した。  とはいえ,その家来たちの子は殺さなかった。律法すなわちモーセの書に記されている通りにしたのである。その中でエホバはこう命じている。「父親は子供のゆえに死ぬべきではなく,子供も父親のゆえに死ぬべきではない。人はそれぞれ自分の罪のゆえに死ぬべきである+」。  アマジヤはユダを集め,氏族ごとに,千人長や百人長たちのもとに立たせた+。ユダとベニヤミン全体についてそうした。20歳以上の人たちを登録すると+,小やりや大盾を扱えて兵役に就ける訓練された戦士が30万人いた。  アマジヤはまた,イスラエルから10万人の強い戦士を3.4トンの銀で雇った。  しかし,真の神に仕える人がやって来て,こう言った。「王よ,イスラエルの軍隊を連れていってはいけません。エホバはイスラエルとは共におられません+。エフライム族の誰とも共におられません。  自分だけで行って,勇敢に戦いなさい。さもないと,真の神はあなたを敵の前で敗北させるでしょう。神には,助ける力+も敗北させる力もあるのです」。  アマジヤは真の神に仕える人に言った。「ですが,私がイスラエルの部隊に渡した3.4トンの銀はどうしましょうか」。真の神に仕える人は答えた。「エホバはそれ以上のものをあなたに与えることができます+」。 10  それでアマジヤは,エフライムから来ていた部隊を解散させ,帰らせた。彼らはユダに対して非常な怒りを抱き,怒りに燃えながら自分たちの所に戻った。 11  アマジヤは勇気を奮い起こし,自分の部隊を率いて塩の谷+に行き,セイルの人たち1万人を討った+ 12  また,ユダの人たちは1万人を生け捕りにし,崖のてっぺんに連れていって,そこから突き落とした。彼らは皆,体がばらばらになった。 13  アマジヤが戦いに連れていかずに送り返した部隊の隊員たちは+,サマリア+からベト・ホロン+までの,ユダの町々を襲撃し,3000人を討って多くの物を奪った。 14  アマジヤはエドム人を討って帰ってきた後,持ち帰ったセイルの人たちの神々を自分の神々として立て+,その前でひれ伏し,犠牲の煙を立ち上らせるようになった。 15  それでエホバはアマジヤに対して非常に怒り,預言者を遣わした。預言者はアマジヤに言った。「自分の民をあなたの手から救えなかった神々に,あなたはなぜ従うのですか+」。 16  預言者が王に話していると,王は言った。「私たちはあなたを王の顧問官にでもしたのか+。もうやめなさい+! これ以上話すなら,処刑する」。そこで預言者はやめたが,最後にこう言った。「神はあなたに破滅をもたらすことをお決めになったことが私には分かります。あなたがこのようなことをし,私の助言を聞かなかったからです+」。 17  アマジヤは顧問官たちに相談した後,イスラエルの王エヒウの子エホアハズの子エホアシュに人を遣わして,「来い。戦いを交え*ようではないか」と伝えた+ 18  イスラエルのエホアシュ王は人を遣わして,ユダのアマジヤ王にこう伝えた。「レバノンのとげ草がレバノンの杉に,『娘さんを息子の妻として下さい』と伝えた。しかしレバノンの野獣が通り掛かってとげ草を踏みつけた。 19  あなたは『エドムを討った+』と言って思い上がり,たたえられることを願っている。だが,自分の家*にいなさい。どうして災難を招いて,ユダと共に倒れるようなことをするのか」。 20  しかしアマジヤは聞き入れなかった+。これは真の神から出たことだった。神はアマジヤと民を敵の手に渡そうとしていたのである+。アマジヤと民がエドムの神々に従ったからである+ 21  それでイスラエルのエホアシュ王はやって来た。エホアシュ王とユダのアマジヤ王は,ユダのベト・シェメシュ+で戦いを交えた。 22  ユダはイスラエルに打ち破られ,それぞれ自分の家に逃げ帰った。 23  イスラエルのエホアシュ王は,エホアハズ*の子エホアシュの子であるユダのアマジヤ王をベト・シェメシュで捕まえてエルサレムに連れていった。エホアシュは,エルサレムの城壁を「エフライムの門+」から「隅の門+」まで180メートルにわたって破壊した。 24  そして,真の神の家でオベデ・エドムの管理下にあった金銀や器物類全てと王の家*の宝物庫にあった物を奪い+,人質を取り,サマリアに帰った。 25  ユダの王エホアシュの子アマジヤ+は,イスラエルの王エホアハズの子エホアシュ+の死後,15年生きた+ 26  アマジヤについてのほかの記録は,最初から最後まで,ユダとイスラエルの王の書に記されている。 27  アマジヤがエホバに従うのをやめた時から,エルサレムでアマジヤへの謀反が企てられた+。アマジヤはラキシュに逃げたが,ラキシュに送られた追っ手たちにより殺された。 28  遺体は馬で運んでこられ,父祖たちと共にユダの都市に葬られた。

脚注

または,「顔を合わせ」。
または,「宮殿」。
アハジヤとも呼ばれる。
または,「宮殿」。

注釈

メディア