歴代誌​第​二 21:1-20

21  エホシャファトはやがてに,「ダビデのまち」にたちとともほうむられた。わりにエホシャファトのエホラムがおうになった+  エホラムのきょうだいたち,つまりエホシャファトのたちは,アザリヤ,エヒエル,ゼカリヤ,アザリヤ,ミカエル,シェファトヤ。これらのひとみなイスラエルのエホシャファトおうである。  エホシャファトは息子むすこたちにぎんきんちょうしなじななどのおおくのおくものや,ユダのぼうされたまちまちあたえたが+おうこくはエホラムにあたえた+かれちょうなんだったからである。  エホラムはちちおうこくおさはじめると,おとうとたちぜんいんとイスラエルのこうかんなんにんかをつるぎころし,けんりょくつよめた+  エホラムは32さいおうになり,エルサレムで8ねんおさめた+  かれは,アハブひとたちのように,イスラエルのおうたちとおなみちあゆんだ+。アハブのむすめつまにしたからだった+。エホラムはエホバからわるいことをおこなつづけた。  それでもエホバは,ダビデとむすんだけいやくのために,ダビデのけいめつぼうさせることはのぞまなかった+。ダビデとそのたちにいつまでもかり*あたえるとやくそくしていたからである+  エホラムのだいに,エドムがユダにはんこう+ぶんたちでおうてた+  それでエホラムとたいちょうたちはぜんへいしゃひきいてかった。そしてしゅうけ,しゅうのエドムじんへいしゃたいちょうたちをやぶった。 10  しかし,エドムはいまいたるまでユダにはんこうつづけている。おなころ,リブナ+はんこうした。エホラムがたちのかみエホバをったからである+ 11  またエホラムは,ユダのさんたかしょつくって+エルサレムのじゅうみんかみちゅうじつにならせ*,ユダをまどわした。 12  やがて,かれのもとにげんしゃエリヤ+からつぎしょめんとどいた。「あなたのダビデのかみエホバはこうっています。『あなたはちちエホシャファト+みちも,ユダのアサ+おうみちあゆまなかった。 13  イスラエルのおうたちのみちあゆ+,アハブちゅうじつおこな*+おなおこないをユダとエルサレムのじゅうみんにさせた+。またあなたのちちであなたよりすぐれたおとうとたちをさえころした+ 14  それで,わたしエホバはあなたのたみ息子むすこつますべてのしょゆうぶつだいげきくわえようとしている。 15  また,あなたはちょうびょうなどおおくのびょうくるしむ。それがあっし,ちょうてくるまでになる』」。 16  エホバは,エチオピアじんちかくにいたフィリスティアじん+とアラブじん+がエホラムにたいしててきいだくようにした+ 17  それでかれらはやりユダをしんりゃくし,おういえ*なかつけたすべてのざいさんうば+,エホラムの息子むすこつまたちをった。エホラムのもとにはいちばんした息子むすこエホアハズ*+だけがのこった。 18  こうしたことののち,エホバはエホラムがなおらないちょうびょうくるしむようにした+ 19  そのまる2ねんがたったころ,エホラムのちょうびょうのせいでてきた。かれびょうにひどくくるしみながらんだ。たちのときにはがたかれた*が,たみかれのためにをたくことをしなかった+ 20  エホラムは32さいおうになり,エルサレムで8ねんおさめた。かれいたひとだれもいなかった。かれは「ダビデのまち」にほうむられたが+おうたちのにはほうむられなかった+

脚注

子孫のこと。
または,「住民に他の神と売春をさせ」。
または,「がした他の神との売春」。
アハジヤとも呼ばれる。
または,「宮殿」。
火葬したわけではなく,香料がたかれたと考えられる。

注釈

メディア