歴代誌​第​二 20:1-37

20  その,モアブじん+とアンモンじん+が,アモニム*いちともに,エホシャファトとたたかおうとしてやってた。  エホシャファトにこうほうこくがあった。「うみ*ほうから,エドム+から,たいぐんがあなたをめにています。かれらはハザゾン・タマル,つまりエン・ゲディ+にいます」。  エホシャファトはおそれ,エホバにみちびきをもとめるとかためた*+。それでかれはユダぜんたいだんじきけた。  ユダのひとびとはエホバにたずねようとしてあつまった+。エホバにそうだんするため,ユダのすべてのまちからやってた。  エホシャファトはエホバのいえあたらしいにわまえで,ユダとエルサレムのかいしゅうなかち,  こうった。 わたしたちのかみエホバ,あなたはてんにおられるかみ+すべてのくにおさめておられるのではないでしょうか+。あなたのにはちからつよさがあり,だれもあなたにかえません+  わたしたちのかみよ,あなたはこのほうじゅうみんをごぶんたみイスラエルのまえからはらい,ここをあなたのともアブラハムのそんあたえ,ずっとそのそんのものとなるようにしてくださったのではないでしょうか+  かれらはここにみ,あなたのため,あなたののためにせいなるところてて+,こういました。  『あなたのがこのいえにあるので+わたしたちは,つるぎしょばつえきびょうきんといったさいなんこうむったとき,このいえまえ,あなたのまえち,なんからたすしてくださるようあなたにけます。あなたがいてすくってくださいますように+』。 10  いま,アンモン,モアブ,セイル+さんひとたちがいます。かれらのしんりゃくすることを,あなたは,エジプトからてきたイスラエルにおゆるしにはなりませんでした。イスラエルはかれらのところからり,ほろぼすことはしませんでした+ 11  それにもかかわらず,かれらはわたしたちをそうとして,あなたからわたしたちがさずかったあなたのはいり,おんをあだでかえそうとしています+ 12  わたしたちのかみ,あなたはかれらをしょばつしてくださらないのですか+かってくるこのたいぐんまえにして,わたしたちはりょくです。どうしたらよいかかりません+わたしたちはただあなたをつめます+」。 13  そのあいだ,ユダのひとみなつまどもちいさなも,エホバのまえっていた。 14  かいしゅうなかで,ヤハジエルがエホバのせいなるちからけた。かれは,アサフのそんであるレビぞくマタヌヤのエイエルのベナヤのゼカリヤのである。 15  かれった。「ユダのすべてのひと,エルサレムのじゅうみん,エホシャファトおうよ,よくいてください。エホバはみなさんにこうっています。『このたいぐんのことでおそれたりおびえたりしてはならない。これはあなたたちのたたかいではなくかみたたかいである+ 16  明日あすかれらにかっていきなさい。かれらはツィツのさんどうとおってやってる。あなたたちはエルエルのこうまえたに*はしかれらをつける。 17  あなたたちがたたかひつようはない。しっかりち,じっととどまって+,あなたたちのためのエホバのすく*なさい+。ユダとエルサレムよ,おそれたりおびえたりしてはならない+明日あすかれらにかっていきなさい。わたしエホバがあなたたちとともにいる+』」。 18  エホシャファトはすぐにひれした。ユダぜんたいとエルサレムのじゅうみんも,エホバのまえでひれしてエホバをすうはいした。 19  そして,レビぞくであるコハトぞく+とコラぞくそんたちががり,とてもおおきなこえでイスラエルのかみエホバをさんした+ 20  よくあさかれらははやきて,テコア+こうていった。かれらがていくとき,エホシャファトはがってった。「ユダとエルサレムのじゅうみんたち,きなさい。エホバかみしんじなさい。そうすればどうじないでいられ*ます。かみげんしゃたちをしんじなさい+。そうすればすべてうまくいきます」。 21  エホシャファトはたみそうだんしたあと,エホバにかってうたひとたちをにんめいした+せいなるよそおいをしてさんささげるひとたちである。かれらはそうしたひとたちのまえき,「エホバにかんしゃせよ。かみるぎないあいえいえんつづく」とった+ 22  そのひとたちがよろこびながらうたってさんはじめると,エホバはユダにしんにゅうしてきたアンモン,モアブ,セイルのさんひとたちのった。それでかれらはった+ 23  アンモンじんとモアブじんはセイル+さんじゅうみんほういてめ,ほろぼしくした。セイルのじゅうみんぜんめつさせると,こんたがいにった+ 24  ユダがこう+だい*ところて,ぐんぜいほうると,あたいちめんたいがあり+だれ一人ひとりのこっていなかった。 25  エホシャファトとたみせんひんあつめにそこにき,ぶっぴんふくやめぼしいしなをたくさんつけ,はこべるかぎりのものうばった+せんひんじょうおおく,すのに3かかった。 26  4にはベラカのたに*しゅうごうした。そこでエホバをさんするためだった。それで,そのしょはベラカ*たにけられ+いまいたっている。 27  ユダとエルサレムのひとたちはみな,エホシャファトをせんとうにして,よろこびながらエルサレムにかえった。エホバのおかげでてきしょうしたことをよろこんだのである+ 28  かれらはげんがっとたてごと+とラッパ+ってエルサレムにて,エホバのいえった+ 29  しゅうへんのどのおうこくも,エホバがイスラエルのてきたたかったことをき,かみからのきょうつつまれた+ 30  そのため,エホシャファトのおうこくにはそうらんがなく,かみつづしゅうてきからエホシャファトをまもってあんしんさせた+ 31  エホシャファトはユダをおさつづけた。かれは35さいおうになり,エルサレムで25ねんおさめた。かれはははアズバといい,シルヒのむすめだった+ 32  かれちちアサ+おなみちあゆつづけた。そのみちからそれず,エホバからただしいことをおこなった+ 33  しかしたかしょのぞかれなかった+たみぜんとして,たちのかみつかえようとこころととのえてはいなかった+ 34  エホシャファトについてのほかのろくは,さいしょからさいまで,イスラエルのおうしょせられているハナニ+エヒウ+ことなかしるされている。 35  やがてユダのエホシャファトおうは,じゃあくなことをしたイスラエルのアハジヤおうどうめいむすんだ+ 36  アハジヤとていけいして,タルシシュ+きのふねつくった。エツヨン・ゲベル+つくった。 37  ところが,マレシャのドダワフのエリエゼルがエホシャファトにかってげんし,「エホバはあなたのぎょうしっぱいさせます。あなたがアハジヤとどうめいむすんだからです+」とった。こうしてふねなん+,タルシシュにはけなかった。

脚注

もしかすると,「メウニ人」。
死海のことと考えられる。
直訳,「ようと顔を向けた」。
または,「ワジ」。
または,「エホバがあなたたちをどのように救うか」。
または,「耐えられ」,「生き延びられ」。
または,「物見の塔」。
または,「谷あいの平原」。
意味,「祝福」,「賛美」。

注釈

メディア