歴代誌​第​二 2:1-18

2  ソロモンは,エホバの名のための家+と自分の王国のための家*+建てるようにという命令を出した。  ソロモンは一般の労働者*7万人,山で石を切り出す人8万人+,監督3600人をそろえた+  また,ティルスの王ヒラム+に次の知らせを送った。「あなたは私の父ダビデに,住む家*を建てるための杉材を送ってくださいました+。父にしたのと同じように,私にもしていただけないでしょうか。  今,私は私の神エホバの名のために家を建てて,それを神聖なものとして神に捧げようとしています。神の前で香り高い香をたき+,重ねのパン*をいつも置き+,全焼の捧げ物を朝と夕方に+,また安息日+や新月+やエホバ神の祭りの時期+に捧げるためです。これはイスラエルがずっと行うべきことです。  私が建てようとしている家は壮大なものです。私たちの神はほかのどんな神よりも偉大だからです。  いったい誰がこの方のために家を建てられるでしょうか。天も,天の天も,神には狭く,十分ではありません+。神のために家を建てるなど,私はいったい何者なのでしょう。私にできるのは,ただ神の前で犠牲を焼いて煙にする場所を建てることだけです。  それで,私のもとに職人を派遣してください。金,銀,銅+,鉄,紫の羊毛,紅の糸,青糸を使う仕事に熟練し,彫刻の技術を持つ人です。ユダとエルサレムで,父ダビデが用意したこちらの熟練した職人たち+が,一緒に働くようにします。  また,レバノンから,杉,ネズ+,アルグム+の木材を送ってください。あなたの家来たちがレバノン+の木を切り倒すのに熟達していることを私はよく知っています。私の家来たちもあなたの家来たちと共に働きます+  そのようにして,大量の木材を準備したいと思います。私が建てようとしている家は,非常に大きいからです。 10  あなたの家来たち,木を切る人たちに,食料として,小麦440万リットル,大麦440万リットル,ぶどう酒44万リットル,油44万リットルを提供します+」。 11  ティルスの王ヒラムは次の書面をソロモンに送った。「エホバはご自分の民を愛したので,あなたを民の王としました」。 12  ヒラムは続けてこう書いた。「天と地を造った,イスラエルの神エホバが賛美されますように。思慮深さと理解力を備えた+賢い子をダビデ王にお授けになり+,その子がエホバのための家と自分の王国のための家を建てるからです。 13  今,理解力を備えた熟練した職人ヒラム・アビ+を派遣します。 14  ダン族の女性の子で,父親はティルスの人です。金,銀,銅,鉄,石,材木,紫の羊毛,青糸,上等の織物,紅の糸+を使う仕事に熟達しています。あらゆる種類の彫刻ができ,どんなものも設計できます+。あなたの熟練した職人たちや,あなたの父上ダビデの熟練した職人たちと共に働けます。 15  あなたが約束してくださった小麦,大麦,油,ぶどう酒を送っていただけますように+ 16  私たちはレバノンでお望みの量の木を切り+,それらを組んでいかだにし,ヨッパ+まで海路であなたのもとに届けます。そこからエルサレムに運んでいってください+」。 17  ソロモンは,父ダビデが人口調査を行ったように+,イスラエルにいる外国人居住者たち全員を数えた+。15万3600人だった。 18  ソロモンはそのうち7万人を一般の労働者*に,8万人を山で石を切り出す人+に,3600人を人々を働かせるための監督にした+

脚注

または,「宮殿」。
または,「荷物運搬人」。
または,「宮殿」。
供えのパンのこと。
または,「荷物運搬人」。

注釈

メディア