歴代誌​第​二 19:1-11

19  ユダのエホシャファト王は無事に+エルサレムの家*に帰った。  神からの幻を伝える人ハナニ+の子エヒウ+が会いにやって来て,エホシャファト王に言った。「あなたが助けるべきなのは,悪い人でしょうか+。愛するべきなのは,エホバを憎む人でしょうか+。今回のことで,エホバはあなたに憤っています。  それでも,あなたに良い点があります+。この国から聖木を取り除き,真の神に仕えようと心を整えた*からです+」。  エホシャファトは引き続きエルサレムに住んだ。そして,ベエル・シェバからエフライムの山地+まで,再び民の中を巡った。民を父祖たちの神エホバのもとに連れ戻すためだった+  エホシャファトはまた,国中に裁判人を任命した。ユダの防備された町全てに,各町に任命した+  それから裁判人たちに言った。「自分がすることをよく考えなさい。皆さんは人のためではなくエホバのために裁くからです。判決を下す時,神は皆さんと共にいてくださいます+  皆さんがエホバを畏れますように+。慎重に事を行いなさい。私たちの神エホバには不正や+不公平がなく+,賄賂を受け取ることもないからです+」。  エホシャファトは,エルサレムにもレビ族や祭司やイスラエルの氏族長の何人かを任命し,エホバのために裁判人として奉仕させ,エルサレムの住民の訴訟を扱わせた+  こう命じた。「エホバを畏れつつ,忠実に,心を尽くして,次のことを行いなさい。 10  各町に住む皆さんの兄弟が,流血が関わっている案件+や,律法やおきてや規定や法規に関する質問を持ってくる時,皆さんは,その人がエホバの前で罪を犯すことがないよう,警告を与えなければなりません。さもないと,神は皆さんとその人に憤るでしょう。罪を負わないよう,警告を与えるべきです。 11  エホバに関する件では,祭司長アマルヤが皆さんの監督です+。王に関する件では,イシュマエルの子ゼバドヤがユダ族の指導者です。レビ族の人たちが皆さんのために役人として奉仕します。勇気を出し,しっかり取り組んでください。エホバが,正しいことをする人*と共にいてくださいますように+」。

脚注

または,「宮殿」。
または,「決めた」。
または,「正しいこと」。

注釈

メディア