歴代誌​第​二 16:1-14

16  アサのせいだい36ねん,イスラエルのバアシャ+おうはユダをめ,ラマ+きず*はじめた。ユダのアサおうりょうだれりできないようにするためだった+  そこでアサはエホバのいえおういえ*ほうもつからぎんきんして+,ダマスカスにむシリアのベン・ハダドおうおく+,こうった。  「わたしとあなたのあいだわたしちちとあなたのちちうえあいだにはじょうやく*があります。ぎんきんをおおくりします。どうか,イスラエルのバアシャおうとのじょうやく*し,バアシャがわたしのもとからてっ退たいするようにしてください」。  ベン・ハダドはアサおううことをれ,ぐんたいちょうたちをイスラエルのまちまちけた。かれらは,イヨン+,ダン+,アベル・マイム,ナフタリのまちまちぜんちょぞうしょせんりょうした+  バアシャはそのことをいてただちにラマをきず*のをやめ,こうちゅうした。  アサおうはユダのすべてのひとあつめ,バアシャがけんせつ使つかっていた+ラマ+せきざいもくざいはこばせた。そして,それを使つかってゲバ+とミツパ+きずいた*  そのときけんしゃハナニ+がユダのアサおうのもとにて,こうった。「あなたがシリアのおうたより,エホバかみたよらなかったので,シリアのおうぐんぜいはあなたのからのがれてしまいました+  あのエチオピアじんとリビアじんは,おおくのへいしゃしゅつ,じょうおおきなぐんたいではなかったでしょうか。それでも,あなたがエホバにたよったので,かみはあなたをたせました+  エホバは,こころすべてがごぶんいているひとちから*になろうとして+かいじゅうとどかせています+こんかいけんであなたはおろかなことをしました。これからあなたにたいするせんそうがあります+」。 10  すると,アサはおこってけんしゃろう*れた。けんしゃわれたことにげきしたのである。おなころ,アサはたみのほかのひとたちにひどいちをしはじめた。 11  アサについてのろくは,さいしょからさいまで,ユダとイスラエルのおうしょしるされている+ 12  アサはせいだい39ねんあしみ,ひどくくるしんだ。ところが,かれびょうになってもエホバにたすけをもとめず,りょうたよった。 13  アサはやがてんだ+せいだい41ねんのことだった。 14  かれは,「ダビデのまち+」にぶんのためにってあったおおきなはかほうむられた。よこたえられただいには,バルサムやさまざまなざいりょうぜたとくせいこう+がいっぱいはいっていた。かれいたんでせいだいがたかれた*

脚注

または,「の防備を固め」,「再建し」。
または,「宮殿」。
または,「契約」。
または,「契約」。
または,「の防備を固める」,「再建する」。
または,「の防備を固めた」,「再建した」。
または,「支え」。
直訳,「足かせ台の家」。
アサを火葬したわけではなく,香料がたかれたと考えられる。

注釈

メディア