歴代誌​第​二 13:1-22

13  アビヤがユダのおうになったのは+,ヤラベアムおうせいだい18ねんのことだった。  アビヤはエルサレムで3ねんおさめた。かれはははミカヤ+といい,ギベア+のウリエルのむすめだった。アビヤとヤラベアムのあいだたたかいがあった+  アビヤは,40まんにんくんれんされたつよせん+ひきいてたたかいにった。ヤラベアムも,80まんにんくんれんされたつよせんひきいてせんとうたいけいんだ。  アビヤは,エフライムのさんにあるツェマライムさんってった。「ヤラベアムとイスラエルのひとたち,きなさい。  あなたたちはらないのですか。イスラエルのかみエホバはしおけいやく*+より,ダビデとそのたちが+イスラエルのおうこくえいえんおさめるようにしました+  それなのに,ダビデのソロモンのらい,ネバトのヤラベアム+がってしゅじんそむきました+  そして,たいなどうしようもないものたちがそのもとにあつまっていきました。かれらはソロモンのレハベアムよりゆうせいになり,レハベアムはわかくてよわだったので,ちこたえられませんでした。  あなたたちはいま,ダビデのたちのにあるエホバのおうこくえるとかんがえています。あなたたちはたいぐんとなり,ヤラベアムがあなたたちのためにかみとしてつくったきんうしもあるからでしょう+  あなたたちはアロンのそんであるエホバのさいとレビぞく+くにひとびとおなじようにどくさいにんめいしました+。そうではないですか。わかうし1とうひつじ7ひき*ってきたひとだれでもさいになっています。かみではないものにつかえるさいにです。 10  わたしたちのあい,エホバがわたしたちのかみ+わたしたちはこのかたてていません。アロンのそんであるさいがエホバにほうし,レビぞくごとしています。 11  かれらはあさゆうがたにいつも+かおたかこう+ともにエホバへのぜんしょうささものいてけむりにしています。かさねのパン*+じゅんきんしょくたくき,きんのランプだい+のランプをゆうがたにいつもともしています+わたしたちはエホバかみへのせきおもんじているのです。でも,あなたたちはこのかたてました。 12  しんかみわたしたちとともにいてみちびき,さいたちがあなたたちにかってたたかいのあいのラッパをらそうとしています。イスラエルのひとたち,あなたたちのかみエホバとたたかってはなりません。けっしてせいこうしないからです+」。 13  それでも,ヤラベアムはふくへいまわしてはいからちかづかせようとした。ユダのまえぐんぜいがいて,うしろにふくへいがいるようにしたのである。 14  ユダのひとたちがくと,こうげきまえからもうしろからもせまっていた。それでかれらはエホバにかってさけびだし+,そのあいださいたちはラッパをおおきくらしていた。 15  ユダのひとたちはときのこえげた。そのときしんかみはアビヤとユダのまえでヤラベアムとイスラエルぜんたいやぶった。 16  イスラエルじんはユダのまえからり,かみはイスラエルじんをユダのわたした。 17  アビヤとたみおおぜいころした。イスラエルのくんれんされたひと50まんにんつぎつぎころされてたおれていったのである。 18  こうしてイスラエルのひとたちはいやしめられ,ユダのひとたちはたちのかみエホバにたよったのでしょうおさめた+ 19  アビヤはヤラベアムのあとい,ベテル+しゅうへん*まち,エシャナとしゅうへんまち,エフライン+しゅうへんまちなど,いくつかのまちうばった。 20  ヤラベアムがアビヤのだいせいりょくもどすことはなかった。エホバがかれったので,かれんだ+ 21  いっぽう,アビヤはちからつよめていった。14にんつま+,22にん息子むすこと16にんむすめまれた。 22  アビヤについてのほかのろくおこなったことやかたったことは,げんしゃイド+しょもつ*しるされている。

脚注

つまり,永続する不変の契約。
直訳,「手を満たすため,若い雄牛1頭と雄羊7匹」。
供えのパンのこと。
または,「それに依存する」。
または,「注釈書」,「注解書」。

注釈

メディア