歴代誌​第​二 1:1-17

1  ダビデの子ソロモンの王権はますます強くなっていった。エホバ神が彼と共にいて,彼を極めて偉大な者とした+  ソロモンはイスラエル全体,すなわち千人長や百人長,裁判人,イスラエル全体の全ての長,氏族長たちに呼び掛けた。  そして,ソロモンと会衆*全体はギベオン+にある高い場所に行った。そこには,エホバに仕えたモーセが荒野で造った,真の神の会見の天幕*があったからである。  ただ,真の神の箱は,ダビデがエルサレムに天幕を張って用意した場所にあった+。ダビデがキルヤト・エアリムからそこに運んだのだった+  フルの子ウリの子ベザレル+が作った銅の祭壇+は,エホバの幕屋の前に置かれていて,ソロモンと会衆はその前で祈って*いた。  ソロモンはそこ,エホバの前で捧げ物をした。会見の天幕の銅の祭壇で1000匹の全焼の捧げ物を捧げたのである+  その夜,神はソロモンに現れ,こう言った。「何を与えてほしいか,言いなさい+」。  ソロモンは神に言った。「あなたは私の父ダビデに大きくて揺るぎない愛を示し+,父の代わりに私を王にしてくださいました+  エホバ神,父ダビデとのあなたの約束がその通りになりますように+。あなたは私を,大地の砂のように多い民+の王にしたからです。 10  この民を導けるよう,今,私に知恵と知識+をお与えください。そうでないと,あなたのこの大勢の民を裁くことなどできません+」。 11  神はソロモンに言った。「あなたは心からそう願い,富も財産も栄誉も,あなたを憎む者たちの死も,長寿も求めなかった。あなたは,私があなたに治めさせる民を裁くための知恵と知識を求めたので+ 12  知恵と知識があなたに与えられる。そして,あなたより前の王にも後の王にもないほどの富と財産と栄誉も,あなたに与えよう+」。 13  ソロモンは,会見の天幕があったギベオン+の高い場所を出て,エルサレムに帰り,イスラエルを治めた。 14  ソロモンは兵車と馬*を増やしていった。1400両の兵車と1万2000頭の馬*を持ち+,兵車の町+とエルサレムの王のそばに配置した+ 15  ソロモン王のおかげで,エルサレムで銀と金は石のように多くなり+,杉材はシェフェラにあるエジプトイチジクの木のように多くなった+ 16  ソロモンの馬はエジプトから輸入されたもので+,王の商人団が代価を払い,群れ単位で入手した*+ 17  エジプトから輸入した兵車は1両が銀600枚で,馬は1頭が150枚だった。それらは彼らによってヘト人の全ての王やシリアの王たちにも輸出されていた。

脚注

用語集参照。
用語集参照。
または,「そこで神に尋ねて」。
または,「騎手」。
または,「1万2000人の騎手」。
もしかすると,「ソロモンの馬はエジプトとクエから輸入されたものだった。王の商人たちが代価を払ってクエから買った」。クエとはキリキアのことかもしれない。

注釈

メディア