歴代誌​第​一 28:1-21

28  ダビデはイスラエルのぜんこうかんをエルサレムにしょうしゅうした。かくぞくこうかんおうほうするかくくみちょう+せんにんちょうひゃくにんちょう+おうとそのたち+ぜんざいさんちくちょう+ていしんすべてのゆうかんゆうのうひとたちをあつめたのである+  ダビデおうがって,こうった。 わたしきょうだいたち,わたしたみいてください。わたしは,エホバのけいやくはこえるしょわたしたちのかみあしだいとなるいえてることをこころからねがっていました+。そしてけんせつじゅんをしました+  しかし,しんかみわたしに,『あなたがわたしのためにいえてることはない+。あなたはせんで,ひとながしてきたからである』といました+  イスラエルのかみエホバはちちいちぞくぜんたいからわたしえらんでおうにし,わたしがイスラエルをいつまでもおさめるようにしてくださいました+かみどうしゃとしてユダをえら+,ユダぞくなかからわたしちちいちぞくえら+わたしちちたちのなかからわたしのことをみとめてイスラエルぜんたいおうにしました+  そして,イスラエルをおさめるエホバのおうけんおうにつかせるため+,エホバがわたしさずけてくださったおおくの+なかからソロモンをえらばれました+  かみわたしいました。『あなたのソロモンこそがわたしいえにわつくる。わたしかれわたしとしてえらんだ。わたしかれちちとなる+  かれいまおなじように,わたしのおきてとほうかたまもるなら+わたしかれおうけんえいえんるがないようにする+』。  それで,エホバのかいしゅう,イスラエルぜんたいまえわたしたちのかみいているところで,みなさんにいます。エホバかみのおきてを調しらべてしっかりまもりなさい。そうすれば,このしょゆう+そうぞくとしてそんにずっとゆずわたしていけるでしょう。  そして,わがソロモン,あなたはちちかみり,こころくして+よろこびの*こころかみつかえなさい。エホバはすべてのこころさぐ+かんがえのけいこうすべきわめるかた+。あなたがかみさがもとめるなら,かみつけられるが+かみてるなら,かみからいつまでも退しりぞけられる+ 10  せいなるところとなるいえてるためエホバがあなたをえらんだのだから,さあ,ゆうして,かりなさい」。 11  ダビデは息子むすこソロモンに,げんかん+ちょぞうしつおくじょうおくつぐな*のためのおおいの*+せっけい+わたした。 12  ダビデは,かみせいなるちからによってけいされたすべてのせっけいわたした。エホバのいえにわ+しゅうすべてのしょくどうしんかみいえほうもつせいなるものとされた*ものほうもつ+せっけいである。 13  ダビデは,さい+とレビぞくくみ,エホバのいえでのほうかんするすべてのつとめ,エホバのいえでのほう使つかすべてのについてのわたした。 14  さらに,さまざまなほうようすべての使つかきんおもさ,さまざまなほうようすべてのぎんおもさをていした。 15  また,さまざまなきんのランプだい+とランプのおもさと,ようごとのさまざまなぎんのランプだいとランプのおもさをていし, 16  かくしょくたくかんしては,かさねのパン*しょくたく+使つかきんおもさとぎんしょくたく使つかぎんおもさをていした。 17  そして,じゅんきんにくしとはちみずしのおもさ,きんばち+それぞれのおもさとぎんばちそれぞれのおもさをていした。 18  こうさいだん+と,へいしゃしょうちょう+,すなわちエホバのけいやくはこおおいかぶさるようにつばさひろげるきんのケルブ+使つかせいれんされたきんおもさもらせた。 19  ダビデはった。「エホバがわたしみちびいて,せっけい+しょうさいすべてをしょめんにする+ためのどうさつあたえてくださった」。 20  ダビデは息子むすこソロモンにった。「ゆうし,つよくあって,かりなさい。おそれたりおびえたりしてはいけない。わたしかみ,エホバかみがあなたとともにいてくださる+かみはあなたをはなしたりてたりはせず+,エホバのいえのためのごとすべかんりょうするまでずっとあなたとともにいてくださる。 21  そして,ここにしんかみいえすべてのほうのためにくみけされたさい+とレビぞく+がいる。あなたのもとには,かくしゅほうすすんでおこなじゅくれんこう+や,すべじっこうするこうかん+たみがいる」。

脚注

または,「進んでする」。
または,「和解」。
または,「贖罪の部屋」。
または,「献じられた」。
供えのパンのこと。

注釈

メディア