歴代誌​第​一 27:1-34

27  イスラエル人の数は,各組が2万4000人だった。各組には,氏族長,千人長や百人長+,役人がいた。役人は,1年を通して月ごとに交代する*組のことで王に奉仕した+  第1の月担当の第1の組をまとめたのは,ザブディエルの子ヤショブアム+。2万4000人がその組にいた。  彼はペレツ+の子の1人で,第1の月に任務に就いたグループの全ての長の長だった。  第2の月の組をまとめたのは,アホアハの子孫+ドダイ+。ミクロトが指揮官だった。2万4000人がその組にいた。  第3の月に任務に就いた第3のグループの長は,祭司長エホヤダ+の子ベナヤ+。2万4000人がその組にいた。  このベナヤは30人の勇士の1人で,30人を率いていた。組をまとめたのはベナヤの子アミザバドだった。  第4の月担当の第4の長は,ヨアブの兄弟+アサエル+で,その子ゼバドヤが後を継いだ。2万4000人がその組にいた。  第5の月担当の第5の長は,イズラハ人シャムフト。2万4000人がその組にいた。  第6の月担当の第6の長は,テコアの人+イケシュの子イラ+。2万4000人がその組にいた。 10  第7の月担当の第7の長は,エフライム族のペロン人ヘレツ+。2万4000人がその組にいた。 11  第8の月担当の第8の長は,フシャ人でゼラハ氏族+のシベカイ+。2万4000人がその組にいた。 12  第9の月担当の第9の長は,アナトテの人+でベニヤミン族のアビ・エゼル+。2万4000人がその組にいた。 13  第10の月担当の第10の長は,ネトファの人でゼラハ氏族+のマハライ+。2万4000人がその組にいた。 14  第11の月担当の第11の長は,ピルアトンの人でエフライムの子孫のベナヤ+。2万4000人がその組にいた。 15  第12の月担当の第12の長は,ネトファの人でオテニエルの子孫のヘルダイ。2万4000人がその組にいた。 16  イスラエルの各部族の指揮官は次の通りである。ルベン族は,ジクリの子エリエゼルが指揮官だった。シメオン族はマアカの子シェファトヤ。 17  レビ族はケムエルの子ハシャブヤ。アロンの子孫はザドク。 18  ユダ族はダビデの兄弟エリフ+。イッサカル族はミカエルの子オムリ。 19  ゼブルン族はオバデヤの子イシュマヤ。ナフタリ族はアズリエルの子エリモト。 20  エフライム族はアザズヤの子ホシェア。マナセ族の半分はペダヤの子ヨエル。 21  ギレアデにいる,マナセ族の半分は,ゼカリヤの子イド。ベニヤミン族はアブネル+の子ヤアシエル。 22  ダン族はエロハムの子アザルエル。これらの人がイスラエルの各部族の高官だった。 23  ダビデは20歳以下の人は数えなかった。エホバがイスラエルを天の星のように多くすると約束していたからである+ 24  ツェルヤの子ヨアブは数え始めたが,数え終えなかった。神の怒りがイスラエルに向けられたので+,その数はダビデ王の時代の歴史記録には載らなかった。 25  王の宝物庫+を担当したのは,アディエルの子アズマベト。野原や町や村や塔にある倉庫*を担当したのは,ウジヤの子ヨナタン。 26  畑で土を耕す人たちを担当したのは,ケルブの子エズリ。 27  ブドウ園を担当したのは,ラマの人シムイ。採れたブドウで造ったぶどう酒の貯蔵所を担当したのは,シフム人ザブディ。 28  シェフェラ+にあるオリーブ畑とエジプトイチジクの木+を担当したのは,ゲデル人バアル・ハナン。油の貯蔵所を担当したのは,ヨアシュ。 29  シャロン+で草をはむ牛の群れを担当したのは,シャロンの人シトライ。谷あいの平原の牛の群れを担当したのは,アドライの子シャファト。 30  ラクダを担当したのは,イシュマエル人オビル。ロバを担当したのは,メロノトの人エフデヤ。 31  羊の群れを担当したのは,ハグル人ヤジズ。これらの人は皆,ダビデ王の財産を担当する長だった。 32  ダビデのおいヨナタン+は顧問官で,理解力のある人で,秘書官だった。ハクモニの子エヒエルは王の子たち+を世話した。 33  アヒトフェル+は王の顧問官,アルキ人フシャイ+は王の友人*だった。 34  アヒトフェルを継いだのはベナヤ+の子エホヤダとアビヤタル+だった。ヨアブ+は王の軍隊の長だった。

脚注

直訳,「入ったり出たりする」。
または,「宝物庫」。
または,「信頼できる友人」。

注釈

メディア