歴代誌​第​一 24:1-31

24  アロンのそんくみつぎとおりである。アロンのは,ナダブ,アビフ+,エレアザル,イタマル+  ナダブとアビフはがないまま,ちちよりもさきんだ+。エレアザル+とイタマルはつづさいとしてつかえた。  ダビデは,エレアザルのけいのザドク+とイタマルのけいのアヒメレクとともに,アロンのそんたちをほうしょくのためにくみけた。  エレアザルのそんほうがイタマルのそんよりもちょうたちがおおかったので,それにおうじてけた。エレアザルのそんにはぞくちょうが16にん,イタマルのそんにはぞくちょうが8にんだった。  どちらのひとたちもくじ+によってられた。エレアザルのそんとイタマルのそんりょうほうに,せいなるしょちょうたちとしんかみつかえるちょうたちがいたからである。  レビぞくしょかんである,ネタヌエルのシェマヤは,おうこうかんたち,さいザドク+とアビヤタル+アヒメレク+さいとレビぞくぞくちょうたちのまえで,かれらのまえろくした。エレアザルからぞくが1つえらばれると,イタマルからも1つがえらばれた。  だい1のくじはエホヤリブにたった。だい2はエダヤに,  だい3はハリムに,だい4はセオリムに,  だい5はマルキヤに,だい6はミヤミンに, 10  だい7はハコツに,だい8はアビヤ+に, 11  だい9はエシュアに,だい10はシェカヌヤに, 12  だい11はエルヤシブに,だい12はヤキムに, 13  だい13はフパに,だい14はエシェブアブに, 14  だい15はビルガに,だい16はイメルに, 15  だい17はヘジルに,だい18はハピツェツに, 16  だい19はペタフヤに,だい20はエヘズケルに, 17  だい21はヤキンに,だい22はガムルに, 18  だい23はデラヤに,だい24はマアズヤにたった。 19  じょうが,ほうしょくのためのめだった+。イスラエルのかみエホバにめいじられたとおりにアロンがさだめたじゅんしたがって,エホバのいえはいときほうしょくである。 20  のこりのレビぞくつぎとおりである。アムラム+ではシュバエル+。シュバエルのではエフデヤ。 21  レハブヤ+では,ちょうであるイシヤ。 22  イツハルぞくではシェロモト+。シェロモトのではヤハト。 23  ヘブロンのでは,ちょうであるエリヤ+つぎのアマルヤ,3ばんのヤハジエル,4ばんのエカムアム。 24  ウジエルのではミカ。ミカのではシャミル。 25  ミカのきょうだいはイシヤ。イシヤのではゼカリヤ。 26  メラリ+は,マフリ,ムシ。ヤアジヤのではベノ。 27  メラリのそんとおりである。ヤアジヤからは,ベノ,ショハム,ザクル,イブリ。 28  マフリからはエレアザルで,エレアザルには息子むすこがいなかった+ 29  キシュのではエラフメエル。 30  ムシのは,マフリ,エデル,エリモト。 これらのひとは,ぞくごとのレビのそんである。 31  かれらも,きょうだいであるアロンのそんたちがしたのとおなじように,ダビデおうとザドクとアヒメレク,さいとレビぞくぞくちょうたちのまえでくじをいた+ねんちょうぞくちょうわかぞくちょうおなじようにあつかわれた。

脚注

注釈

メディア