歴代誌​第​一 20:1-8

20  年の初め*,王たちが戦いに出掛ける頃,ヨアブ+が軍隊を率いて,アンモン人の土地を荒廃させた。ヨアブはラバ+に行って,そこを包囲した。一方,ダビデはエルサレムにとどまっていた+。ヨアブはラバを攻撃して,破壊した+  ダビデはマルカムの頭から冠を取った。それは34キロの金でできた冠で,宝石で飾られており,ダビデの頭に置かれた。ダビデは都市から非常に多くの物を奪った+  また,都市にいた民を連れ出して,石切りや,鉄の刃物やおのを使う仕事を行わせた+。アンモン人の全ての町に対してそのようにした。やがてダビデと兵士たち皆はエルサレムに帰った。  その後,ゲゼルでフィリスティア人との戦いが起き,フシャ人シベカイ+がレファイム人+の子孫シパイを討った。こうしてフィリスティア人は制圧された。  またもフィリスティア人との戦いがあり,ヤイルの子エルハナンがガトの人ゴリアテ+の兄弟ラフミを討った。ラフミのやりの柄は,機織りが使う巻き棒のように太かった+  ガト+でまたしても戦いが起きた。そこには,手と足にそれぞれ指が6本あり,合わせて24本の指がある巨人+がいた。その人もレファイム人の子孫+だった。  彼はイスラエルをあざけっていたので+,ダビデの兄弟シムア+の子ヨナタンが彼を討った。  以上はガト+のレファイム人+の子孫で,ダビデと家来たちの手によって倒された。

脚注

春のこと。

注釈

メディア