歴代誌​第​一 2:1-55

2  イスラエル+の子は次の通りである。ルベン+,シメオン+,レビ+,ユダ+,イッサカル+,ゼブルン+  ダン+,ヨセフ+,ベニヤミン+,ナフタリ+,ガド+,アシェル+  ユダの子は,エル,オナン,シェラ。この3人の母はカナン人で,シュアの娘である+。ユダの長男エルはエホバにとって不快なことをしていたため,神はエルを死に至らせた+  ユダの息子の妻タマル+とユダの間に,ペレツ+とゼラハが生まれた。ユダの子は全部で5人である。  ペレツの子は,ヘツロン,ハムル+  ゼラハの子は,ジムリ,エタン,ヘマン,カルコル,ダラ。全部で5人である。  カルミの子はアカル*で,イスラエルに災難*をもたらし+,滅ぼし尽くされるべきものに関して不忠実だった+  エタンの子はアザリヤ。  ヘツロンの子は,エラフメエル+,ラム+,ケルバイ* 10  ラムの子はアミナダブ+。アミナダブの子は,ユダの子孫の長ナフション+ 11  ナフションの子はサルマ+。サルマの子はボアズ+ 12  ボアズの子はオベデ。オベデの子はエッサイ+ 13  エッサイの子は,長男エリアブ,次男アビナダブ+,三男シムア+ 14  四男ネタヌエル,五男ラダイ, 15  六男オツェム,七男ダビデ+ 16  そして娘のツェルヤとアビガイル+。ツェルヤの子は,アビシャイ+,ヨアブ+,アサエル+の3人。 17  アビガイルはアマサ+を産んだ。アマサの父はイシュマエル人エテルである。 18  ヘツロンの子カレブ*と妻アズバとの間,またエリオトとの間に,エシェル,ショバブ,アルドンが生まれた。 19  アズバが死ぬと,カレブはエフラト+と結婚した。彼女との間にフル+が生まれた。 20  フルの子はウリ。ウリの子はベザレル+ 21  その後,ヘツロンはギレアデ+の父マキル+の娘と関係を持った。ヘツロンが彼女と結婚したのは60歳の時で,彼女との間にセグブが生まれた。 22  セグブの子はヤイル+で,ヤイルはギレアデ地方に23の町を所有した+ 23  (やがて,ゲシュル+とシリア+が,ケナト+と周辺の*町と共にハボト・ヤイル+など60の町を取った。)これらの人は皆,ギレアデの父マキルの子孫である。 24  ヘツロン+がカレブ・エフラタで死んだ後,ヘツロンの妻アビヤは彼の子アシュフル+を産んだ。アシュフルはテコア+の父*である。 25  ヘツロンの長男エラフメエルの子は,長男ラム,ブナ,オレン,オツェム,アヒヤ。 26  エラフメエルには,アタラというもう1人の妻がいた。彼女の子はオナムである。 27  エラフメエルの長男ラムの子は,マアツ,ヤミン,エケル。 28  オナムの子は,シャマイ,ヤダ。シャマイの子は,ナダブ,アビシュル。 29  アビシュルの妻はアビハイルといい,アフバンとモリドを産んだ。 30  ナダブの子は,セレド,アパイム。セレドは子がないまま死んだ。 31  アパイムの子はイシュイ。イシュイの子はシェシャン。シェシャンの子はアフライ。 32  シャマイの兄弟ヤダの子は,エテル,ヨナタン。エテルは子がないまま死んだ。 33  ヨナタンの子は,ペレト,ザザ。これらの人がエラフメエルの子孫である。 34  シェシャンには息子がおらず,娘たちがいた。彼にはヤルハというエジプト人の召し使いがいた。 35  シェシャンは召し使いヤルハに娘を妻として与えた。彼女はアタイを産んだ。 36  アタイの子はナタン。ナタンの子はザバド。 37  ザバドの子はエフラル。エフラルの子はオベデ。 38  オベデの子はエヒウ。エヒウの子はアザリヤ。 39  アザリヤの子はヘレツ。ヘレツの子はエルアサ。 40  エルアサの子はシスマイ。シスマイの子はシャルム。 41  シャルムの子はエカムヤ。エカムヤの子はエリシャマ。 42  エラフメエルの兄弟カレブ*+の子は,ジフの父となった長男メシャ,ヘブロンの父マレシャの子たち。 43  ヘブロンの子は,コラ,タプアハ,レケム,シェマ。 44  シェマの子はラハム。ラハムの子はヨルケアム。レケムの子はシャマイ。 45  シャマイの子はマオン。マオンの子はベト・ツル+ 46  カレブのそばめエファは,ハラン,モツァ,ガゼズを産んだ。ハランの子はガゼズ。 47  ヤフダイの子は,レゲム,ヨタム,ゲシャン,ペレト,エファ,シャアフ。 48  カレブのそばめマアカは,シェベル,ティルハナを産んだ。 49  やがてマアカは,シャアフ,シェワを産んだ。シャアフはマドマナ+の父,シェワはマクベナとギブア+の父である。カレブ+の娘はアクサ+ 50  これらの人がカレブの子孫である。 エフラタ+の長男フル+の子は,キルヤト・エアリム+の父ショバル, 51  ベツレヘム+の父サルマ,ベト・ガデルの父ハレフ。 52  キルヤト・エアリムの父ショバルの子は,ハロエ,メヌホトの人々の半分。 53  キルヤト・エアリムの氏族は,イトル氏族+,プテ氏族,シュマ氏族,ミシュラ氏族。これらの氏族から,ツォルア人+とエシュタオルの人々+が出た。 54  サルマの子は,ベツレヘム+の人々,ネトファの人々,アトロト・ベト・ヨアブの人々,マナハト人の半分,ツォルイ人。 55  ヤベツに住んでいた書記の氏族は,ティルア氏族,シムアト氏族,スカト氏族。これらの人たちは,レカブ+の氏族の父ハムマトから出たケニ人+である。

脚注

意味,「災難をもたらす者」,「追放をもたらす者」。ヨシ 7:1でアカンとも呼ばれている。
または,「悩み」,「追放」。
18,19,42節でカレブとも呼ばれている。
9節でケルバイとも呼ばれている。
または,「それに依存する」。
歴代誌第一で列挙されている名前は,人名ではなく地名のこともある。地名の場合,「父」は「創建者」という意味かもしれない。
9節でケルバイとも呼ばれている。

注釈

メディア