歴代誌​第​一 17:1-27

17  ダビデは自分の家*に住むとすぐ,預言者ナタン+に言った。「私は杉の家に住んでいるのに+,エホバの契約の箱は天幕の下にあります+」。  ナタンはダビデに言った。「何でも心にあることを行いなさい。真の神があなたと共にいます」。  その夜,神はナタンに言った。  「私に仕えるダビデにこう言いに行きなさい。『エホバはこう言っている。「私が住む家を建てるのはあなたではない+  イスラエルを連れ出した日から今日まで,私は家に住んだことはなく,天幕から天幕へ,幕屋から幕屋へ*とずっと移ってきた+  私がイスラエル全体と共に進んだ間,私の民を世話させるために任命したイスラエルの裁き人の誰かに,『どうして私のために杉の家を建てなかったのか』と言ったことが一度でもあっただろうか」』。  私に仕えるダビデにこう言いなさい。『大軍を率いるエホバはこう言っている。「羊の群れを追っていたあなたを,私は牧草地から取って,私の民イスラエルの指導者にした+  あなたがどこに行くとしても,私はあなたと共にいる+。あなたの前から敵を全て滅ぼす+。あなたの名を,地上の偉人たちの名のようにしよう+  私は,私の民イスラエルのために場所を定めて,そこに定住させる。彼らはそこに住み,煩わされることはもうなくなる。昔のように悪人たちに虐げられることはもうない+ 10  イスラエルの民のために私が裁き人を任命した頃のようなことはもうない+。私はあなたの全ての敵を制圧する+。そして,『エホバはあなたのために王朝*を築く』と,あなたに言う。 11  あなたの最期の日が来て,あなたが死ぬ時,私はあなたの子孫*,あなたの子の1人を立て+,その人の王権を確立する+ 12  その人こそが私のために家を建てる+。私は彼の王座が永遠に揺るがないようにする+ 13  私は彼の父となり,彼は私の子となる+。あなたより前の人への私の愛はなくなったが+,彼への私の愛は揺るがず,なくならない+ 14  私は,私の王朝*と王国の中に彼を永遠に立たせる+。彼の王座は永続する+」』」。 15  ナタンは,この言葉全てとこの幻全体をダビデに話した。 16  ダビデ王はエホバの前に座って言った。「エホバ神,私は何者なのでしょう。私の一族がどれほどのものだというので,あなたは私にここまでしてくださるのですか+ 17  神よ,あなたはそれでも足りないかのように,私の家系について遠い将来のことまで話してくださいます+。エホバ神,あなたは私のことをいっそう重んじるべき*人のように見なしてくださいました。 18  私に与えられる栄誉について,私ダビデがこれ以上あなたに何を申し上げることができましょう。あなたはこの私をよくご存じです+ 19  エホバ,あなたは私のために,またご自分の望まれる通りに,さまざまな偉大なことを行い,あなたの偉大さを知らせてくださいました+ 20  エホバ,あなたのような方はほかにおらず+,あなた以外に神はいません+。私たちが耳にしたどんなことからしても,それは確かです。 21  地上に,あなたの民イスラエルのような国民がほかにいるでしょうか+。真の神は来て,彼らをご自分の民にするために救い出し*てくださいました+。偉大で驚異的なことを行い+,エジプトから救い出し*たご自分の民の前から国々を追い払い+,名を上げられました。 22  あなたはイスラエルの民がいつまでもご自分の民となるようにしました+。エホバ,あなたは彼らの神となりました+ 23  エホバ,私と私の家系について約束なさったことをずっと守ってくださいますように。どうか約束通りにしてくださいますように+ 24  あなたの名が永遠に確かなものとされて,たたえられ+,『大軍を率いるエホバ,イスラエルの神は,イスラエルのための神』と人々が言いますように。私ダビデの家系があなたの前で揺るがないものとなりますように+ 25  私の神,あなたは,私のために王朝を築くということを知らせてくださいました。それで私は確信を持ってこの祈りを捧げています。 26  エホバ,あなたは真の神です。あなたは私について良いことを約束してくださいました。 27  あなたが私の家系を喜んで祝福して,あなたの前で永遠に続くようにしてくださいますように。エホバ,あなたが祝福してくださったので,私の家系は永遠に祝福されます」。

脚注

または,「宮殿」。
意味はもしかすると,「天幕を張ったある場所から別の場所へ,住んだある場所から別の場所へ」。
直訳,「家」。
直訳,「種」。
直訳,「家」。
または,「身分の高い」。
直訳,「買い戻し」。
直訳,「買い戻し」。

注釈

メディア