歴代誌​第​一 14:1-17

14  ティルスのヒラム+王がダビデのもとに使者たちを遣わし,ダビデの家*の建設のために杉材,石工*,大工を送ってきた+  ダビデはイスラエルでの王権をエホバが確立してくださったことを確信した+。神の民イスラエルのためにダビデの王権が大きく強化されていたのである+  ダビデはエルサレムでさらに妻たちを迎え+,息子や娘たちが生まれた+  エルサレムでダビデに生まれた子供の名前は次の通りである+。シャムア,ショバブ,ナタン+,ソロモン+  イブハル,エリシュア,エルペレト,  ノガハ,ネフェグ,ヤフィア,  エリシャマ,ベエルヤダ,エリフェレト。  フィリスティア人は,ダビデが油を注がれて*イスラエル全体の王になったことを聞き+,ダビデを捜しに上ってきた+。それを聞いたダビデは彼らに向かって出ていった。  フィリスティア人はやって来て,レファイムの谷*に侵入してきた+ 10  ダビデは神に尋ねた。「フィリスティア人を攻めるとよいでしょうか。あなたは私を勝たせてくださいますか」。エホバは言った。「行きなさい。私は必ずあなたを勝たせる+」。 11  そこでダビデはバアル・ペラツィム*+に行き,フィリスティア人を討った。ダビデは言った。「水が壁を決壊させるように,真の神が私の手で敵を壊滅させた」。それでその場所はバアル・ペラツィムと名付けられた。 12  フィリスティア人が神々をそこに残していったので,ダビデが命令を出し,それらは火で焼かれた+ 13  その後,フィリスティア人が再び谷*に侵入した+ 14  ダビデが再び尋ねると,真の神はこう言った。「真っすぐ向かっていってはいけない。彼らの後方に回り,バカの茂みの前で出撃しなさい+ 15  バカの茂みの上部から行進のような音が聞こえたら,攻撃を開始しなさい。その時,真の神が,フィリスティア軍を討つため,あなたの前を進んだのである+」。 16  そこでダビデは真の神に命じられた通りにし+,皆でギベオンからゲゼル+にかけてフィリスティア軍を討った。 17  こうしてダビデの名声はあらゆる国に広がり,エホバは全ての国がダビデを恐れるようにした+

脚注

または,「宮殿」。
または,「城壁の建築者」。
用語集の「油を注ぐ」参照。
または,「谷あいの平原」。
意味,「破壊の主人」。
または,「谷あいの平原」。

注釈

メディア