格言​の​書 9:1-18

9  しんいえてた。7ほんはしらした。   にくをしっかりようし,ぶどうしゅこうりょうぜ,しょくたくととのえた。   使つかいのじょせいたちをつかわした。まちたかだいからけるためである+   「けいけんのないひとだれでもこちらになさい」と。は,ふんべつのない*ひとう。   「て,わたしのパンをべ,わたしこうりょうぜたぶどうしゅみなさい。   じゅくさをてて*きなさい+かいみちぜんしんしなさい+」。   あざけるひとただすなら,はじをかき+あくにんいましめるなら,けがをする。   あざけるひといましめるな。さもないと,そのひとはあなたをにく+かしこひといましめよ。そうすれば,そのひとはあなたをあいする+   かしこひとつたえよ。そのひとはさらにかしこくなる+ただしいひとおしえよ。そのひとはさらにしきる。 10  はエホバへのおそれからはじまる+もっとせいなるかたについてのしき+かいあたえる。 11  によって,あなたのおおくなり+あなたはながきられる。 12  あなたがかしこくなるなら,それはぶんしんのためである。あざけるひとになるなら,ぶん一人ひとりせきにんう。 13  おろかなじょせいさわがしい+あさはかで,なにひとらない。 14  ぶんいえぐちに,まちたかところにあるせきすわ+ 15  とおっていくひとたちに,みちっすぐすすんでいくひとたちにける。 16  「けいけんのないひとだれでもこちらになさい」と。そして,ふんべつのない*ひとたち+う。 17  「ぬすんだみずあまく,こっそりべるものはおいしい+」。 18  かれらは,んだりょくひとたちがそこにおり,かのじょきゃくはか*そこにいることをらない+

脚注

直訳,「心が欠けている」。
または,「経験のない人たちを後に残して」。
直訳,「心が欠けている」。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。

注釈

メディア